中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan
2018年8月は、上旬に何年ぶりかで家族揃って杉原千畝の足跡を辿る旅・岐阜編、
下旬は高2息子とバルト3国10泊12日の旅、合間に仕事やちょっといろいろ。
目一杯みっちりでした。

ということで読んだ本は旅ものや、
9月中旬に予定している学生たちとの広島スタディツアーの準備がメイン。



8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2169
ナイス数:146

まわしよみ新聞をつくろう!まわしよみ新聞をつくろう!感想
みんなで新聞を回し読み、気に入った記事を3本ずつ切り抜いて、その記事をネタにして順におしゃべり。最後に切り抜きを1枚の紙に貼り付けて壁新聞をつくるという「新聞遊び」。子らが小6、小1のときに「親子まわしよみ新聞」に参加して、これは面白い!と教員仲間にも紹介。自分の授業にも取り入れています。でもやっぱりやる側の方が楽しいです☆ 定期的に小さな集まりでやれたら理想! 「関西ウーマン」書評コーナーで取り上げました。https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201378
読了日:08月04日 著者:陸奥 賢





広島の木に会いにいく広島の木に会いにいく感想
原爆の爆心地から半径2キロ圏内で生き残った被爆樹木と、樹木を調査し、守り、伝える人々をドキュメンタリー映画監督が訪ねる。その場を動けないにもかかわらず熱線や爆風に耐えて生きのびた植物の強さに感銘を受ける。生きているだけに、挿し木をして子孫を残すにも非常に繊細に扱わなくてはいけない。また、木の内部を研究するのは現在の科学ではなかなか難しいとのこと。学生と広島スタディツアーに行くので、ぜひとも一緒に何本か見てきたい。小学高学年から読めるようルビつき。イラストもいい。年齢を問わずおすすめ。
読了日:08月10日 著者:石田 優子


被爆樹巡礼被爆樹巡礼感想
広島の原爆で傷つきながら生き残った被爆樹木をていねいに紹介する本。被爆樹木を守った人々の証言も掲載。被爆樹をめぐるモデルコースも。被爆者が高齢化し、被爆体験の伝承はあとの世代に引き継がれようとしているが、人間や建物等よりも寿命の長い樹木は、「現場」に残る「現物」として悲劇と復興を伝えてくれる存在になる。それにしても植物の生命力はすごい。児童書の『広島の木に会いに行く』とともにおすすめ。学生と広島スタディツアーに行くときには、2冊を参考に、被爆樹にも会いに行きたい。
読了日:08月12日 著者:杉原 梨江子


はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)感想
同じ著者の『断片的なものの社会学』を読んだあと、著者が作家デビューされたと報道で読んで納得。『断片~』を読んだときも感じたのだが、本書はさらに全編にわたって「わたし」が溢れ出る。自分を対象(本書の場合は沖縄)にめりこませ、なのに一体化できていないという意識を持ち、自分と対象との関係性に過敏になり、どうふるまうか、どう思考すべきかに悩んで、その逡巡までも不特定多数の読者に開陳する。沖縄に対峙するということを思考する本だが、それ以上に著者本人が発露している本という印象。シンクロする人はシンクロするだろうな。
読了日:08月15日 著者:岸政彦


「超」旅行法 (新潮文庫)「超」旅行法 (新潮文庫)感想
お出かけの行き帰りの電車で読むのに図書館で急いで借りた本。そのため飛ばし読み。ちょっと年月が経って古びている感じもあるが、そこは仕方ない。準備をするために旅をする=旅は準備こそが楽しい、というのはまったくそう。いろいろ調べてスケジュールを組んで、グッズを用意して。でもあまりに慌ただしい日々だと、ロクに準備できてないのに前日、なんてことになる(;´Д`A ``` いままさにそれ。って、こんなこと書いてないで、準備しなくちゃ! 明日は早いぞ!!(汗)
読了日:08月19日 著者:野口 悠紀雄


十五の夏 上十五の夏 上感想
いやすごい。彼は詳細な記録を残しているのだろうか、あるいは体験をつぶさに記憶しているのだろうか、あるいはどちらもか? 自由旅行ができなかった1975年に高校一年生が一人でソ連・東欧をひと夏かけて旅行するとは。上巻は東欧編。国ごとの違いが興味深い。書評連載で取り上げました。https://www.kansai-woman.net/Review_s.php?id=201394
読了日:08月20日 著者:佐藤 優


十五の夏 下十五の夏 下感想
下巻はソ連編。彼が十五にしてソ連・東欧に旅したいきさつにも紙幅を割いている。北方領土に言及する場面では元外交官の顔が出てきて若干異質。それにしてもこの時代にこの歳で、この知識、能力、好奇心、コミュニケーション能力。やはり異能とか知の怪物とか言われる人は少年時代から違う。しかも繊細で礼儀正しくかわいらしいんだから。当時の写真も興味深い。書評連載で取り上げました。https://www.kansai-woman.net/Review_s.php?id=201394
読了日:08月21日 著者:佐藤 優






ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)感想
著者たちが強調するように、学術的に証拠立てて論じた本ではなく、ショッピングモール「から」いろんなことを読み取ってあれこれ対談した本。ほほうと思うところ多々あり。それでもやっぱりあの空間には愛着は持てないと思ったり、だけどどこに行っても本能的に?「わかってしまう」空間構成になっている点に普遍性を感じたり。古い街並みの残るバルト3国への旅行中に読んでいたので、旅先でもあえてモールにも入って観察した。そして日本も欧州も香港もほぼ同じだなあと確認した。本書のとおり、吹き抜けには個性、内装の妙ありか。詳しい記録は別記事で。
読了日:08月31日 著者:東 浩紀,大山 顕




読書メーター

[PR]
by chekosan | 2018-09-08 20:31 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)

夏は旅ものを取り上げたくなります。

関西ウーマンの書評連載、今月は佐藤優氏の旅行記です。


1975年に高校一年生の優少年は夏休みいっぱい、ソ連・東欧をたった一人で旅しました。


社会主義真っ只中、自由に旅行できなかった時代です。

トラブルもあれば、心温まる出会いもあり。

優少年の英語力、知識、コミュニケーション能力、好奇心、記憶力に舌を巻きます。



当時のソ連・東欧の様子も興味深いですよ!

大部の2巻本ですが、少年目線の旅行記なので、どんどん読めます。


本文はこちら。


b0066960_20263834.png


[PR]
by chekosan | 2018-09-08 20:27 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
いや~、これ、面白かったです♪

タイトルだけ見るといかにも戦争モノという感じですが、つくりとしてはコメディタッチの映画です。上映中、何度もくすくす笑いが起こっていました。



バルカンのどこかの国、内戦が停戦合意に達したものの、まだまだ危険がいっぱいの山岳地帯が舞台。

ある日、住民の水源である貴重な井戸に死体が投げ込まれます。

国際援助活動団体が、24時間以内に死体を引き上げて水の汚染を食い止めようとするのですが、頼みのロープがちぎれてしまいます。

ロープ1本を求めて活動家たちは車を飛ばすのですが、途中、地雷や地元の武装集団による通行止めや、その他いろいろな困難が行く手を阻みます。

果たして井戸の汚染は食い止められるのか!


b0066960_22264642.jpg

ごくごく普通のロープ1本が、なぜ手に入らないのか。

ロープが売っていないわけではない。存在しないわけでもない。目の前にあるんです。売ってくれれば、貸してくれれば、井戸は汚染を免れる。多くの人が安全な水を手に入れられるんですが、売ってくれない、貸してもらえません。それぞれに切羽詰まった理由や内戦が落とす影があるのです。

国連に要請しても動いてくれません。国連にも、国連のルールや理屈や、優先順位があるのです。

戦闘や流血や死体などは、ほぼ出てきませんが、戦争(内戦、紛争)の現実を伝えてくれる映画です。



バルカンの山岳地帯を鳥瞰するショットも見どころです。ごつごつした緑のない岩山は、日本にはない風景です。こんなところで紛争が起きたら、確かにそう簡単に平定できないだろう、長期化もするだろうと思わせられました。

でも、そうしたなかでも人々は生きていくのですね。地雷原で牛を飼うお婆さんのたくましさと知恵に感嘆する場面が一番印象的でした。

キャラクターもそれぞれ個性が違い、とても味があると思いました。あまり知名度は高くないような気がしますが、おすすめの一作です。




b0066960_22301775.jpg

[PR]
by chekosan | 2018-06-30 23:02 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
NHKスペシャル「映像の世紀 第5集 世界は地獄を見た」(1995年放送のデジタルリマスター版)と、「新・映像の世紀 第3集 時代は独裁者を求めた」(2015~16年放送)は、どちらも第二次世界大戦前後を取り上げています。

かなりの部分、同じ映像を使っていますが、「新・映像の世紀」の方が番組としてまとまっているように思いました。

そのなかで、中・東欧に関する印象的な個所を以下に。



「新・映像の世紀」で強調されていて印象に残るのは、アメリカの大企業(フォード社)や著名人(大西洋横断単独飛行を成功させたリンドバーグ)が、ヒトラーのドイツを支持していたことです。

フォードはドイツに支社をつくり利益を上げました。フォードの経営者は反ユダヤ主義者であり、自社の新聞に反ユダヤ主義の記事を掲載したり、親ナチ団体をつくったりします。

クーデターに失敗して刑務所にいたヒトラーに資金援助をしたといわれているという説明もあります。ヒトラーの方は、フォードにインスピレーションを受けたとも。



政権を握ったナチは、失業者対策でアウトバーン(高速道路)を建設し、国民車(フォルクスワーゲン)を生産し、週休二日、週40時間労働によるワークシェアリング、社員食堂や福利厚生施設などの導入に着手します。ドイツ経済は立ち直り、国民の圧倒的支持を得ます。

ユダヤ人迫害、再軍備を進め、オーストリア併合、チェコスロヴァキア支配、そしてポーランドへの侵攻によって第二次世界大戦開戦が勃発します。



チャップリンは、そのような状況を批判して映画「独裁者」を制作します。そういえば、チャップリンは、この映画の前にも、「モダンタイムス」(1936年)で、人間性を無視した流れ作業に従事する労働者を描いて、フォードが導入したような大量生産態勢を批判していますね。

その「独裁者」のメイキング映像も紹介されています。名場面といわれるラストシーンは、もっと明るいハッピーエンドだったものを撮り直し、憎み合うのをやめて、民主主義、自由を守るためにこそ闘うべきだという真正面からの演説に変えたそうです。

「独裁者」についてはまた別に…



最後に、連合軍がナチスのつくった強制収容所を解放した直後の映像が最後に流れます。「骨と皮だけになった」とはよく目にする表現ですが、まさしくそのような人々の死体の山が映されます。

将来、ありもしないでっちあげだという人が現れたときのために、見ておかなくてはいけない、というアイゼンハワーの言葉、連合軍がドイツ人に収容所内を見学させている様子も流れます。

「女性は気を失い、男性は目を背け、知らなかったんだと言った。それに対して収容者たちが、いや、あなたたちは知っていたと言った」という言葉、

そして、生き残っていた収容者が裸であるく後ろ姿の映像は、死体以上に、写真以上に衝撃的です。



b0066960_00241909.png




[PR]
by chekosan | 2018-05-27 00:26 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
先週、年内最後の同志社の輪読ゼミで、
アゴタ・クリストフの『悪童日記』を読みました。

かなり強烈な場面満載なので、授業ではどうかなと思ったのですが、
すでに読んだことのある学生もいたこと、
受講生のこれまでの読書や映画鑑賞の経験が非常に豊富なことから、
まあトラウマになることもなかろうと判断しました。😅

DVDも買ってあったのですが、機器や時間の問題で見れず。
冬休みに入ったことだし、居ずまいを正して、いざ視聴。

以下、原作と映画のネタバレあります。


b0066960_18154370.jpeg

まず、映像ならではの利点としては、
自然環境、農家の敷地の広がり、当時のお風呂など、
現代日本の我々には想像し難いところが補えたこと。
原作と若干設定が違うように思いますが、雰囲気はよくわかりました。

残念なのは、、、
なによりも、原作を世界的に有名にならしめたと思われる、
えげつないシーンが根こそぎなかったこと。

あの作品のエログロさは時代と戦争が生んだ産物なので、
さらっとスルーしてしまうわけにはいかないと思うのです。

また、双子とおばあちゃんが、
虐げられた人々に共感を抱いたエピソードは
もっとも大事な場面の一つなので、
そこは抜かずに入れて欲しかった!

そのあたりを省いてダイジェストにしてあるため、
第2作を読まずにいられなくなる謎の要素や、
双子が日々を書き留めたノートの重要性も
感じ取れなくなってしまっていました。

と、原作におおいなる衝撃を受けた者としては、
ちょっと不満が残りましたが、
暗くて(暗すぎて何やってるか全然わからないシーンも多いけど)
重くて、陰鬱で、風景や情景が魅力的で、
好きなタイプの映画ではありました。











[PR]
by chekosan | 2017-12-26 18:59 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
いやなかなか硬派で、密度の濃い作品です。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエヴォの「ホテル・ヨーロッパ」を舞台としたお話です。

第一次世界大戦勃発のきっかけとなった「サラエヴォ事件」から100年の記念式典が開かれるまさにその日、ホテル・ヨーロッパの従業員たちはストライキを計画します。冬季オリンピックのときにつくられ、多くの著名人をもてなしてきた格式高いホテルなのですが、実は2か月も従業員に給料を払えていないのです。

支配人は、EUからのVIPが多数揃う重要な催しを成功させ、その支払いで銀行への返済をはかりたい。2日待ってくれれば給料を払うからとストライキをやめさせようとします。従業員たちは、内外の注目が集まるその日にこそストライキに打って出て給料を支払わせたい。フロントの若き有能な女性スタッフは両者の板挟みになります。

屋上では、サラエヴォ事件100年特別番組の収録中。女性ジャーナリストが識者にインタビューをしています。3人目のインタビューの相手は、サラエヴォ事件の犯人とまったく同じ名前の男性です。何やら不穏な雰囲気。何者かよくわかりません。歴史認識をめぐって、ジャーナリストと激論になります。

ホテルのVIPルームにチェックインしたフランス人は、部屋にこもって、サラエヴォ事件やユーゴスラヴィア内戦を防げなかった欧州の責任を追及する演説の練習を続けます。

この大きく3つの話が同時進行していきます。フランス人VIPがホテルにチェックインしてから85分間の出来事を85分の映画にしたという形になっています。3つの話が一つになるときがクライマックスです。


b0066960_22362269.jpg



屋上でのインタビュー部分が長くてつまらないという感想も見ましたが、私はここが面白かったです。ボスニア・ヘルツェゴヴィナの過去と、いまも続く民族間の対立の根の深さ、深刻さの一端を知ることができる面白い構造になっていると思いました。

またフランス人VIPの演説は、実際のサラエヴォ事件100年の日に上演された一人芝居「ホテル・ヨーロッパ」を再現したものであるとのこと。この戯曲を原案として本作は作られたそうですが、もともとのお芝居も見てみたいと思いました。

スリルとサスペンスな要素も盛り込みつつ、こういう社会派な作品を作れる監督がいるのだなあ~、と思ったら、気になっていた「鉄くず拾いの物語」や「汚れたミルク あるセールスマンの告発」を撮った監督さんでした。どっちも観れてないのですが。

フランス人VIP役のフランス人俳優以外は、地元ボスニア・ヘルツェゴヴィナの俳優たちで、国際的には著名というわけではないそうですが、とても良かったように思います。

フランス人の場面以外はセルビア・クロアチア語です。この言葉もスラブ語の仲間なので、ほかのスラブ語と語彙や構文(というのか)が似ています。字幕があるからですが、うっすらとわかって嬉しかったです。そして、やっぱりスラブ系の言葉って、なんか音がかわいいです♡


 


[PR]
by chekosan | 2017-07-15 23:16 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)

2015年、アフガンやシリアからの難民が欧州に大挙して押し寄せた。
その大移動に新聞記者である著者が同行し、同時進行で発信するルポルタージュである。

難民や移民には、欧州各国が自国にとどまられないようにと移動手段を用意したため、
予想外に短期間で難民の波はギリシャからオーストリア、ドイツへと動く。

難民ではない記者は難民用の移動手段は使うことができず、
取材対象者であるアフガンからの難民、アリさん一家とはぐれたり待ちぼうけを食わされたりする。
同行取材とは言いながら、3週間の取材期間中、かなりの日数アリさんたちとは別行動となる。

シェンゲン協定により域内の移動は自由であるはずのEUで国境を目の前に右往左往したり、
難民の人たちと接触できなかったりして疲弊する記者の率直な吐露は同時進行ルポならではだろう。

ただ、はぐれていた間の難民一家の移動や生活の様子がわかりづらいため、
「同行記者おおいに苦労する」的な部分の方が印象に残ってしまうのは惜しい。


b0066960_21323314.jpg

取材対象であるアリさん一家がドイツにいったん落ち着いたところで、
話は、アウシュヴィッツに収容され、戦後はオーストリアのサッカー界の発展に尽力したユダヤ人、
ロッパーさんの生涯の紹介となる。

これは、ドイツが難民を受け入れる背景に、
第二次世界大戦中のドイツのユダヤ人迫害という事実があったことを説明するためなのだが、
章題が「贖罪のドイツ」であること、
オーストリアがナチスドイツに一方的に支配された被害国として描かれているのには違和感がある。


そして、ドイツに着いて数か月経ったアリさん一家の様子に話が戻るのだが、
ドイツの手厚い難民保護に感謝するアリさんの話を聞いて、
(記者の支局のあるオーストリアでは)欧州の若者が職を得るのに大変な状況なのに、
そんなに税金を使って難民を保護するようでは、極右政党が勢力を伸長するのもわからなくない、
というような記述が出てくる。

いやしかし、、、彼らは着の身着のまま命がけで異国の地へ逃れてきて、
正式に難民として承認されるかどうかもわからない不安定な身の上である。
豪邸で遊び暮らしているわけではない。

バーバラ・エーレンライクの『ニッケル・アンド・ダイムド』だったか、
低賃金で不安定な職に就いてみるという体験ルポがあった。
そうした生活をしていると、持ち物や「いざというとき頼れる命綱」がないために、
かえって健康的な食生活を送れず、健全な節約もできないという。

ドイツで家族3人、食費含めて生活費10万円では余裕などないだろう。
それとも弱者は徹底して貧しくあらねば、苦難を耐え忍ばなければいけないだろうか。

それよりも、ドイツはどうやって住居を確保し、支援金を捻出しているのか、
難民認定された人々の就職支援や、地域に入っていく手助けはどのようなものか、
外国人向けドイツ語講座はどのようなものか、
それらにどれくらいの人員を割いているのかといったところを知りたいと思った。









[PR]
by chekosan | 2017-03-11 00:51 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)

これから観たい映画の上映予定リスト、第2弾です。
まったくもって私の趣味と実益、都合に合わせたピックアップです。

※2月27日追加しました


「ホームレス ニューヨークと寝た男」

大阪 シネ・リーブル梅田 2月4日(土)~
京都 京都シネマ     2月4日(土)~
兵庫 元町映画館     順次公開

「エリザのために」  ルーマニアが舞台の映画

2月18日~ シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、京都シネマ
2月25日~  シネ・リーブル神戸


「フランス組曲」
アウシュビッツで亡くなったユダヤ人作家の未完小説が原作。
フランス人女性とドイツ人将校の悲恋。

→ 観ました。感想はこちらに

京都シネマ 2月25日ー3月3日



「手紙は憶えている」  70年前に家族を殺したナチスを探すストーリー。

京都シネマ 3/11(土)~3/17(金)


「Tomorrow パーマネントライフを探して」

公開中 シネ・リーブル梅田
2月11日(土)~ シネ・リーブル神戸
2月18日(土)~ 京都シネマ



「FAKE」  佐村河内守氏のドキュメンタリー映画

3月18日(土)~3月24日(金) 19日休英 京都シネマ 10:10~


「キャロル」

3月25日(土)~3月31日(金) 京都シネマ 10:10~








[PR]
by chekosan | 2017-01-29 14:47 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
月一回の書評連載@関西ウーマン、今月はハンガリー出身の女性作家、
アゴタ・クリストフの自伝的エッセイ集です。

あっという間に読めてしまう本です。そして読み終えるのが惜しく感じる珠玉の一冊です。

本文はこちら→ 
アゴタ・クリストフ『文盲』(白水社 2014)
信子先生のおすすめの一冊@関西ウーマン 2016年11月



b0066960_140109.png

[PR]
by chekosan | 2016-11-12 14:01 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
同志社のロシア・東欧地域研究、第二期の授業が終わりました。

今年度は、もう一つ同志社でロシア東欧関係の科目を担当することになったので、
本科目は入門編的な位置づけにして、春学期に移しました。

多人数を避けようと土曜1限にしたところ、
前学期112名登録だったのが、今学期は16名! 
初回から一度も来なかった学生も数名いて、最終的には10名に落ち着きました。

極端に人数が違うので、しばらくは進度も反応も手探りでしたが、
さすがに土曜1限に来る学生たち、少数精鋭でした。
受講者が多かった前学期以上に、多様性に富んだレポートや発表が相次ぎました。

法学、政治学、経済学系に加え、歴史、文学や美術、民俗学、宗教など、
幅広い話題が提供されて、私も大変刺激をもらいました。

期末レポートは、3回の小レポートで取りあげたテーマをさらに充実させた人、
あえて小レポートとは別のテーマに挑戦した人がいましたが、
それぞれが確実にレベルアップを果たしているのがわかる濃い内容でした。

b0066960_136475.jpg


実は、前学期の授業評価アンケートで、1,2名ではありますが、
授業中に受講生に発表してもらったり、毎回カードをやりとりしたり、
ていねいなレポート指導をしたりしたことに対して、
非常に強い否定の言葉を書いてきた学生がいて、今後どうしたものかとだいぶ悩みました。

が、大多数の受講生は一方通行でない授業スタイルを歓迎していましたし、
その声に沿わないのは、今学期の受講生の不利益になると思い直し、
前学期以上に発表の機会を増やす方向で進めました。

最終授業を終えて、記名ではありますが感想を読んで、やはりこの路線でいこうと思った次第です。

以下、抜粋です。

 「他の人のレポートを聴き、大変参考になった。… レポートの書き方も大変勉強になった」

 「レポートのお題の自由度が高かったので、みんなの興味関心から
  個性あふれるお話がたくさん聞けて勉強になりました」

 「発表を聞いて、自分が調べていない分野に強い興味を持ちました。…… 色々な面から
  ロシア・東欧について知れて、この授業に出てとても良かったと思いました」

 「みなさん非常に分析が深いレポートを作っていたので驚きました!」

 「レポートを書く機会が多くあり、自分で調べ物をして勉強することもでき良かったです」

 「講義の中で何人もの人が調べてきた発表を聞きましたが、この講義をとっている方は、
  自分がロシア・東欧の何に興味があるのかはっきりわかっていて、
  すごいと感心していました。… 」

 「レポートで好き勝手に好きなことを取り上げてしまってすいません … 」
 
  →全然OKですよ! 興味深い話題を提供してくれてよかったですよ!


秋学期は、迷いなく、完全にゼミ方式です。
ロシア・東欧に関する本を次々読んで、あれこれ語り合いたいと思います。
毎回、ざっくばらんな座談会のようになればいいなあ。
意欲的な学生さんのお越しをお待ちしております。^0^
[PR]
by chekosan | 2016-07-24 01:30 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)