人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

タグ:大学教育 ( 203 ) タグの人気記事

癒し系科目、外国書研究@関西大学、今期もまったり穏やかに終了しました。

春学期は、こういう感じの教室が多いです。黒板に向かって座るタイプ。

PCと映写の用意は、授業をサポートしてくれるセンターのアルバイト学生さんが、授業開始前に設置してくださっています。回収もしていただけるので助かります。このサポートは本当にありがたいです。



b0066960_23425559.jpg

これまでもそうでしたが、英文記事を一緒に読んだあと、その記事の内容に関連のあることを各自の視点で調べてもらうと、見事に取り上げることがばらけます。

それらをうまく並べると、まるでみんなで相談して分担したかのように、大きなストーリーが現れます。同じ記事を読んで、こんなに多岐にわたる調べものができるのかと学生も面白がってくれます。

私も参考になる文献を新たに知ることが多く、たいへん勉強になっています。

今学期は、小レポート提出と発表をパワーポイントでするよう指定しました(これまではワードでもパワポでも好きな方で出してもらっていた)。これは大成功でした。調べてきたことを披露するには、やはり見やすい形で提示する方がよく伝わります。構成をより意識しますし、画像などを添えることで明らかに効果を上げていました。


今期のテーマは、チェルノブイリ原発の今ダークツーリズムホロコースト反ユダヤ主義でした。英文のニュースやEUの報告書など、8種類ほどの英文を読み、4回小レポートを出して発表してもらいました。

かつては、毎回毎回、小さな調べものを発表してもらっていたのですが、小ネタになりすぎたり、ネタが尽きたりするデメリットがあったので、最近では、英文記事の内容把握が一段落したら発表大会という流れにしています。

英語の文献を読むという科目ですが、「英語科目」ではなく、3~4回生対象の専門科目という位置づけなので、文献を探して読んで、それを共有することを重視しています。

お互いの発表を聞くのは好評なので、今後も、マイナーチェンジはしてもやめることなく続けるつもりです。

最終回のアンケートで、「ディスカッションなどがあっても良かったかも」という意見があって、ああ、確かに、それは今期はしなかったなあ!と反省。

わりと発表が充実していて、時間もだいぶ使ったので、直接学生同士が話す機会を設けることはしませんでした。でも、受講生からも望む声が出たことですし、秋学期には復活させようと思います。



by chekosan | 2019-07-20 00:08 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
5年目の「ロシア・東欧地域研究」、今年はこれまで以上に受講生の関心から授業内容を組み立てる形にしています。

これまでも、小レポートを任意で発表する時間を取り入れてきましたが、今年はそれを強化しています。

「ロシア・東欧」かつ「地域研究」などという広大な範囲をまんべんなく扱うことなど不可能なので、それならば、学生が関心を持ったテーマを重点的に取り上げようと開き直りました。

ーーー

方針の強化に伴って変更したのは、発表までのプロセスと発表方法、発表の位置づけです。

昨年度までは紙で打ってきたものを出してもらって、それを口頭で発表してもらっていたのですが、今年は小レポートをすべてオンライン(LMS)上に、パワーポイントで提出してもらっています。

耳で聞くだけだと学生たちにはよくわからなかったり、集中が切れたりしているように見受けられたからです。

小レポートは3種類。提出は必須(義務)ではないですが、出さなければその分の点数は取れません。じっくり取り組んでもらうために、また就活でカツカツの学生も救済できるように、提出の期間は長くとってあります。

発表は完全に任意です。提出時に、発表を希望する/してもいいかなといった意思を表明した学生に優先的に発表してもらっています。

話の流れにぴったりなので、発表しませんかと私から声をかけてやってもらうこともあります。

私もコメントや補足説明できるようにかなり準備しておきます。

というのは、一年目に、ごく少数ではあるものの、学生の発表を聞かされるのが嫌だというような不満を匿名のアンケートやネット上に書く学生もいたからです。

そこで、学生が発表してブチっと終わりにするのではなく、そのテーマをより深く見ていくとこうなりますというような感じで、たっぷり解説をしています。「補足説明」が、時間的にも内容的にも、むしろ主たる部分=「本論」的になるようにしている感じです。

ーーー

発表は提出したパワーポイントを映写しながら、マイクを使って話してもらっています。画像やリンク、映像やアニメーションを仕込んでくれているものも多く、変化に富んだ発表が多いです。

ただし、画面に凝るのは歓迎するが、パワポ作成能力で評価するわけではないので、ごくごくシンプルでも気にしなくてよいと言ってあります。


b0066960_21263082.jpg

今週で11回授業が終わりましたが、発表を取り入れてから、毎週2名くらいずつ発表してくれています。さすがに尽きるかなと思ったら、やりますという学生が現れてくれて、ずっと切れずに続いています。

はじめに名乗りを上げてくれた学生たちがいい発表をしてくれたおかげで、その後も質の良い発表が続いています。驚くくらいプレゼンテーション能力に優れた学生もいて、同輩たちの刺激になっています。

90名ほどが常時出席している授業で、たいしたものだなあといつも感心しています。

ーーー

この方式の欠点を挙げるとすれば、「あんな立派な発表はできない」と臆してしまう学生もいることでしょうか。

論文や書籍や映画や展覧会や見学や旅行など、多様な学びの成果を発表してもらえるように、小レポートのお題は3種類、設けているのですが、外国や展覧会に行ったという報告を聞くと、本や映画では…と少々気後れする学生もいるようです。全然かまわないのですが。

とはいえ、発表を聞いて、自分も観た、読んだ、行ってきたと、すぐさま行動に移してくれる学生も多数出てくるのが、またまたすごいところです。

ーーー

これまでに、現地に行ってきた系の発表では、ロシア、アウシュヴィッツ、ウズベキスタン見聞録がありました。学生の間に、すでにそんなところに行っているとは!と私もびっくりです。

こうした見聞記系はいつも大人気で、「想像よりも行きやすそう」「きれいで感動した、行ってみたい」「夏の旅行の候補地になりました」といった感想が続出しています。

過去の事例から、おそらく本当に現地に行く子が何人も出てくると思います。

ーーー

どこまで続くかな、ダレないかなと様子を見ながら、でもできるとこまでとことんやってみようと進めてきましたが、早くも残り4回となりました。すでに、2回分×2~3人ずつくらい予定が決まっているので、最後まで発表者は絶えることがなさそうです。





by chekosan | 2019-06-28 23:01 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)
広島修道大学のテキストとして編まれた本です。

1巻は2005年、2巻は2013年に、いずれも法律文化社から発行されました。

タイトルどおり、映画を通して国際関係学、歴史や社会に関心を持つことを促す本です。

同大学の数人の教員が、それぞれの専攻分野に関係する作品を取り上げて解説をしています。そのため、扱う作品のラインナップが幅広いのが魅力です。(1巻と2巻で傾向が違いますが)

あらすじはもちろん、時代背景や考察ポイントや参考文献が見開き2枚(4ページ)程度にまとめられているので、どこかの国の歴史や、世界史の大きな転換点を知るのに、まずはとっつきやすい映画から入ってみようというときに便利です。

映画を読んでから、さらに作品理解を深めるために時代背景を知る、その国や時代の専門家の見方や分析の仕方を知るという使い方も。

読書メーターやAmazonのレビューは極端に少ないので惜しく思います。Amazonでは、なか見!検索で目次が見れるので、どのような作品が取り上げられているかをチェックできます。

東欧やロシア、ホロコーストものも多数あって、まだ見ていないものも半分くらいあるので、残らず見ようと思っています。

それ以外でも参考になる作品ばかりなので、手元に持っておこうと思いましたが、手に入りにくくなっているようです。

Amazonマーケットプレイスには複数冊出ていて、そちらで2冊とも買うことができました(2019年6月現在)。新品レベルの状態のものが届いて大満足。

D大図書館にも所蔵しているのですが、目次に書き込みがけっこうあって… 借りた人が、自分が観た作品をチェックしていったんでしょうね。目次をコピーしてやりなさい!って話です。

ということで、もう現物が手元にあるのですが、検索できるように、中・東欧、ロシア、ドイツあたりに関係するタイトルを挙げておくとします。

b0066960_18015519.jpg

『映画で学ぶ国際関係』

・戦艦ポチョムキン ー第一次ロシア革命と日露戦争
・西部戦線異状なし -限りなく命が軽い戦争の中で
・チャップリンの独裁者 ーヒトラーに対する<挑戦状>
・生きるべきか死すべきか ーナチス・ドイツのポーランド侵攻
・戦場のピアニスト ーゲットーと抵抗のワルシャワを見たユダヤ人
・この素晴らしき世界 -戦時占領下という日々の非日常
・存在の耐えられない軽さ -人間の顔をした社会主義の顛末
・グッバイ・レーニン! -国が必要とした「壁」と母に捧げる「壁」
・名もなきアフリカの地で -ナチス期におけるユーラフリカとユダヤ人
・コーリャ 愛のプラハ -黄昏ゆく社会主義体制を生きた仮の父子
・黒猫・白猫 -ロマの国境に縛られない生き方
・サウンド・オブ・ミュージック -実話をもとにした難民の物語
・ホワイト・ナイツ:白夜 -今なお発生する亡命 ※バリシニコフ主演
・シンドラーのリスト -ユダヤ人問題とホロコーストを考える
・スペシャリスト 自覚なき殺戮者 -ホロコーストと個人の責任、そして自律
・博士の異常な愛情 -冷戦と核軍備競争

『映画で学ぶ国際関係Ⅱ』
・ヒトラーの贋札 -生き抜くことと悪魔への荷担との葛藤
・厳重に監視された列車 -ありふれた個人史と激戦の時代の間に
・善き人のためのソナタ -旧東ドイツ、監視国家体制下における個々の人生と良心
・サラエボの花 -戦乱後に遺る傷跡を見つめるまなざし
・オーケストラ! -国際政治に翻弄された音楽家たち




by chekosan | 2019-06-15 18:21 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
だいぶ日が経ってしまいましたが。

2018年度の一年生ゼミ(流通科学大)では、最終課題としてスタディツアー企画に取り組みました。




大学からの助成金で行ってもらう計画だったので、私のゼミだけでなく、ほかの科目やほかのゼミなどにも呼びかけたのですが、提案は出ず。

そこで、私のゼミで一番真剣に実現を目指して取り組んでいたベトナムからの留学生の天橋立・伊根ツアーを採用しました。

ゼミでは2人で立案していたのですが、一人は辞退したため、別のクラスに所属する留学生2人との3人組で行ってもらいました。教員の同行はやめて、予算いっぱいまで学生たちに使ってもらいました。

ツアー後ほどなく、行程や感想、気が付いたことと写真を添えて、2000字余りのレポートを出してくれました。

日本語表現の点では間違いもありますが、記述が具体的で、よく感じとり、よく観察していたことがわかる報告でした。

日本人学生に同じように報告を課したとして、果たしてこれだけ書けたかどうか。

旅行中、小さな失敗もあったようですが、実り多く楽しいツアーにできて、自信をつけてくれたようです。

彼女の企画を採用して正解でした。



以下は、彼女たちが現地で撮った写真です。



b0066960_21402543.png




b0066960_21404770.png



ーーー

流通科学大では、複数の種類の学内助成に何度も採用していただきました。

それを存分に活用して、何人もの学生を遠方に連れていくことができました。私個人でも、国内外に、数えきれないくらい調査や勉強に行かせていただきました。

自ら手を挙げてプロジェクトを遂行することに対する支援が手厚かったのはとてもありがたかったです。学生たちに貴重な経験をさせてあげられ、私も経験させていただきました。

私自身が遠方に行って見聞したことは論文や授業に反映させてきましたが、2018年度はいろいろとトライしすぎて、文章でのアウトプットが追いついていない分もあります。また何らかの形にしていきたいと思います。





by chekosan | 2019-05-07 22:07 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)

横浜スタディツアー3日目は山下公園エリアへ。


9万人ものお客さんを運んだ氷川丸にみんな大興奮。

午後はニュースパーク(日本新聞博物館)を見学しました。

こうして、3日間の図書館総合展とスタディツアー、よいお天気のなか、無事終えることができました。


すばらしい景色!


b0066960_20543326.jpg


b0066960_20532552.jpg


b0066960_20563320.jpg



b0066960_20555784.jpg


託児ルームがかわいらしい!


b0066960_21000430.jpg


照明も素敵です。


b0066960_21004577.jpg


階段も優美です。


b0066960_21010278.jpg


食堂。


b0066960_21012904.jpg

デッキ。


b0066960_21032606.jpg



エンジン室なども見ることができて、一同大興奮!


b0066960_21044131.jpg


予想以上に良かったと全員で大満足しました。いったい何枚写真を撮ったことでしょう。


午後は、日本新聞博物館へ。展示を見たり、オリジナルの新聞を作ったり、たいへん充実した見学ができました。



b0066960_21174720.jpg


ここでは、横浜のまちの発展を学ぶことができ、同じ港町神戸との比較もできました。


めいっぱい歩き回り、見て回り、学んだ3日間でした。


今回の横浜スタディツアーと図書館総合展に参加した学生たちは、学園祭で活動報告を展示発表し、さらには一年生のゼミでも報告をして手本となってくれました


大学の支援を受けて、3年にわたって、のべ23人の学生が横浜に足を延ばして学ぶことができました。参加者にとって、大学生活で取り組んだ大きな活動の一つになったと思います。



b0066960_21203770.jpg



by chekosan | 2019-05-04 21:30 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
図書館総合展&横浜スタディツアー2日目。

ツアー組2日目午前は、馬車道の宿から、港・横浜らしい建物巡り、景観巡り。そして、横浜美術館でじっくり美術鑑賞をしました。「街のつくりかた」「見せ方」を存分に感じとった数時間でした。


b0066960_17132973.jpg




前日に行く予定だったのを変更して、朝一番に訪れた横浜美術館。その規模と質に横浜の豊かさを感じました。

b0066960_17141220.jpg



b0066960_17153597.jpg


b0066960_17180491.jpg


エントランスからして規模が大きい。さりげなくダリなどを置いていたりします。


b0066960_17161808.jpg



横浜美術館コレクション展は撮影OKでした。ここは森村泰昌の部屋。

b0066960_17164588.jpg



イサム・ノグチの作品もいくつかありました。

b0066960_17171832.jpg


特別展示「駒井哲郎」展は、作風をどんどん変化させていったさまがよくわかり、これだけでもお腹いっぱい、頭いっぱいになりました。

なかなか来ることができないところなので、常設展示もていねいに見て回ったので、午前中いっぱいかかりました。

館内で食事をとりながら、クールダウンしつつ、感想をおしゃべり。普段は頻繁に美術館に行かないということで、じっくりと鑑賞し、たっぷり吸収してくれたようでした。

b0066960_17274849.jpg



午後、学生たちは「学生のためのブースツアー」に参加。これは、図書館総合展内に出展されている企業さんのブースを案内していただくものです。



b0066960_17301091.jpg


そして、図書館サークル「Libro」が「全国学生協働サミット」で活動報告をしました。今回は、ポスターの内容やレイアウトなどは相当指導しましたが、プレゼンテーションはポスター完成後から準備にとりかかったようで、教員はタッチせず。

本番は過去2年にはない緊張ぶりでした。(;^ω^) 

b0066960_17390728.jpg


その後は、全国から参加した学生同士の交流会が予定されていたので、教員はそっと退出。学生たちは自分たちだけで、ぞんぶんに他大学の学生さんと交流をはかれたようです。

かなり危なっかしかったですが手を離していくことも大事ですねと教員同士ねぎらいつつ、恒例の赤レンガで横浜最後の夜を過ごしました(2泊のうちの2泊目でしかないですが)。

b0066960_17404698.jpg




b0066960_17425812.jpg



b0066960_17432274.jpg



大学公式HPでの紹介ページ:




by chekosan | 2019-05-03 18:02 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
滋賀大学教育学部の「社会科授業研究」という科目で、今年も新聞を使ったゲスト講義をすることになりました。

今年は、学生同士の仲間づくりも兼ねて早い時期にやりたいとのリクエストをいただいたので、過去の授業よりもシンプルに、ベーシックな「まわしよみ新聞」を計画、いそいそと準備を進めていました。

ところが、直前に風邪をひいてしまい、当日朝には高熱が… 

変則的な演習科目のため、日を改めることができません。

ホスト教官のB先生とは、これまでの3度の新聞を使った授業も見ていただき、今回も綿密に相談をしてきたので、当日の進行をお願いすることにしました。

資料を作成し、進行の注意事項等を細かく伝え、物品一式を託して、よろしくお願いしまーす!

授業後、順調に進んだご報告をいただきましたので、ご紹介します。


以下、写真はB先生ご提供(加工あり)、文責はわたくしにあります。

ーーー

今回は、滋賀大図書館から、一年前(2018年3月)の新聞4紙を譲り受けました。

「まわしよみ新聞」を授業として行うにあたってネックになるのが新聞の確保です。必要な数が多いので、新聞社の後援や特別な予算があれば別ですが、部数を揃えるのにこれまでいろいろ苦労・工夫をしてきました。

いまどき新聞を定期購読している家庭は少ないですし、学生にお金を出させて買って来させるのもなかなか難しい面があります。買うのを忘れる学生がいたら数が揃わないというリスクも。

そこで、思いついたのが、廃棄予定の新聞を譲ってもらうという策です。現物保存期間が終わった新聞は廃棄するだけなので、あらかじめお願いしておけば快く譲ってくださると思います。私が試みたときはいつもそうでした。




b0066960_16131414.jpg

廃棄する新聞を譲り受けての「まわしよみ新聞」、お金がかからない以外にも、メリットがたくさんあります。

大学図書館であれば、たいてい複数の新聞を取っているので、それらをそれぞれひと月分くらいもらえれば、少々学生が多くても十分行き渡ります。いろいろな新聞の特徴を知ることもできますし、記事がかぶりません

速報性が新聞のウリではありますが、一年前のニュースを紙面で見ると、現在進行形のニュースを知るときとは違う感覚が味わえます。

そういえばそんなことがあった、その後どうなっただろう、これまだ続いてるなあ、あれから一年か~、などといった時間の経過に伴う視点が加わるのです。これはこれで、なかなか面白い体験です。


b0066960_16525390.jpg


紙面づくりにおいては、私が授業で行うときにはオリジナルの新聞紙名をつけることを推奨しています。自分たちの選んだ記事に共通点があったりなかったり、何を工夫したのか、何で盛り上がったのかといったことをお互いに振り返ったりすることができるからです。

そして、短くてよいので、クラス全体に披露する時間もとるようにしています。自分たちの活動をわかりやすく人に伝える訓練を学生のうちに何度も経験しておくことはとても大事。他グループの作品を見て、発表を聞くことで得るものも大きいからです。

教育学部の学生さんたちは先生になろうという人たちなので指導しなくても上手ですが、発表が苦手だという学生は実に多いのです。そうであればよけいに場数を踏む必要があります。そして、場数を踏めば苦手意識は薄れていきます。


b0066960_16553574.jpg

b0066960_17070337.jpg

今回の遠隔指導(?)による「まわしよみ新聞」、授業の感想を読んでみると、他の人の関心を知ることができた」「自分がスルーした記事を他の人が選んでいて、その理由を聞いてなるほどと思った」というように、ねらいどおり、仲間のことを知る機会になったようです。

また、先生になって実際に使うことを意識してくれていたことがわかる感想も出ていました。科目の趣旨を理解してくれているということですね。なによりでした!

ーーー

陸奥賢さん著『まわしよみ新聞をつくろう!』の書評はこちら↓






by chekosan | 2019-04-27 18:00 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)

新年度が始まりました。これまでの自分を振り返って、将来について考えることも多い季節です。

今月の関西ウーマン「信子先生のおすすめの一冊」は、そうした思いを巡らせるときに手助けとなるかもしれません。


中世ヨーロッパ史の大家で『ハーメルンの笛吹き男』で有名な阿部謹也氏(1935-2006)が、中高生向けに、一生のテーマを探すこと、自分のなかに歴史をよむことなどについて、自身の経験を交えてわかりやすく語った本です。


それなしに生きることはできないと思えることを追求すること、そうしながらも自分と、自分が追っている対象を客観視すること。こうした姿勢は、学問に限らず当てはまることではないかと思います。




b0066960_10221909.png


by chekosan | 2019-04-13 10:28 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
有志学生たちとの恒例となった秋の図書館総合展参加に、今年は横浜の歴史、まちづくりを知るスタディツアーも組み合わせました(2018年10月30日~11月1日)。

スタディツアー枠で参加した学生たちは、一日目、図書館総合展ポスターセッションの設営と説明をしたあと、総合展内で開かれていたシンポジウムを聴講しました。

そのあと総合展会場であるパシフィコ横浜至近の施設を訪問しようと計画しました。教員2名は学生たちがシンポジウムに出ている間、近辺を探索。

ずっと気になっていた日本丸の内部を見学しました。


b0066960_17544543.jpg


ボランティアガイドさんがていねいに説明してくださって、自分たちだけではわからなかった船のつくりを知ることができました。ただ見るだけでももちろん得るものはありますが、やはり説明を聞くと違いますね。

特に、私たちに付いてくださったガイドさんは、実際に日本丸に乗船していた方だったので、そうした経験も聞くことができました。



b0066960_17552005.jpg


b0066960_17554125.jpg


b0066960_17560525.jpg


シンポジウム聴講を終えた学生たちも合流して、日本丸の隣にある横浜みなと博物館をじっくりと見学しました。たくさんの船の模型を見ながら、仕入れ立ての知識をさっそく学生たちに披露しました!



b0066960_17590318.jpg



横浜の成り立ちや、海と船をイメージした絵本展、柳原良平さんの作品など、見るものがいっぱいでした。工夫が凝らされていて、洗練された展示でした。

お約束の顔出しも特大サイズ。やらずにいられない(笑)



b0066960_18023975.jpg


b0066960_18004393.jpg


b0066960_18001560.jpg


それにしても絵になりますね、帆船って。


b0066960_18120049.jpg


つづく



by chekosan | 2019-04-11 18:12 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
2016年から流通科学大学の初年次科目「文章表現Ⅱ」の読書推進課外活動として参加していた図書館総合展(於パシフィコ横浜)、2018年も学生たちと参加してきました(2018年10月30日~11月1日)。

2018年度は、これまでの課外活動の参加学生が中心となって図書館サークルを結成したので、教員の支援や指導から自立する移行期と位置づけました。

図書館サークルは大学図書館からの支援を受けて参加、課外活動としては教員が得た大学からの教育実践支援費で参加しました。参加者は、2団体で学生9名、教員2名、図書館担当職員1名でした。

とは言っても、課外活動枠で参加する学生たちは図書館サークルのメンバーでもあったので、彼らはサークルの方のポスターづくりや発表も分担しました。

ーーー

総合展開会日、学生たちは兵庫を早朝に出立して、開場までにポスターを貼ってスタンバイしました。1年目はまるっきり先生に連れられて不安と期待でドキドキしながら行ったという感じでしたが、年々、学生だけで動けるようになっていきました。

ポスター前での説明も学生だけでちゃんとシフトを組んで、「学生協働サミット」という大きな会場でのプレゼンテーション&交流会以外の時間は、ポスター前が空にならないようにしていたようです。

今回は、総合展の期間中、教員は横浜スタディツアーの方に重点を置いて、ポスターセッションや「学生協働サミット」にはできるだけコミットしないようにしました。

学生たちは、近くの出展団体の方たちや「学生協働サミット」で他大学の参加者と情報交換をして一緒に食事に行くなど、これまでより積極的に交流をはかったようです。


ポスター前で活動紹介をする学生たち。


b0066960_21001267.jpg

「文章表現Ⅱ」の活動報告ポスター。


b0066960_21184775.jpg


2連確保したので、間の壁には学生が作ったPOPや、来場者からいただいた励ましのメッセージを貼りました。



b0066960_21193208.jpg


図書館サークル「Libro」の活動紹介ポスター。


b0066960_21190998.jpg


「全国学生協働サミット」に出した団体紹介ミニポスター。


b0066960_20393054.png

図書館サークルの「学生協働サミット」用ミニポスター。


b0066960_20395057.png





b0066960_21144280.png


b0066960_21150811.png


つづく。




by chekosan | 2019-04-10 21:31 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)