中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

タグ:ポーランド ( 47 ) タグの人気記事

先日、「サウルの息子」を観てきました。

アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所で、
同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊に属した男性が
息子(と彼が言い張る少年)をユダヤ教式に弔おうと奔走する2日間を描いています。
b0066960_10404066.jpg

別の映画を鑑賞した際に予告編を観て衝撃を受け、強く惹かれつつも、
アウシュビッツの死体処理部隊…全編見通せるだろうかと迷っていたのですが、
藤原帰一氏の映画評や、朝日小学生新聞の記事(写真)に背中を押され、
映画館に足を運びました。

※朝日小学生新聞の記事は、こちらの中高生新聞サイトで読めます
b0066960_10392058.jpg

以下、少しだけネタバレありです
まだご覧になっていなくても大丈夫な程度かと思います。

◇◇◇

映画は、いきなりにじんだような、ピンボケな画面から始まります。

森の中に笛(だったか?)の合図が響き、動き出す男性たち。
だんだんと一人の男性に焦点が絞られていきます。
それが主人公のサウルです。

そのあとも画面はサウルのごくごく狭い周囲だけを映します。
半径1mから先はぼやけている感じです。
各紙の映画評で「予習」してはいたものの、この演出には非常に戸惑います。


サウルたちは、到着した列車から人々を収容所の脱衣室に移動させます。

シャワーが終わればお茶が出されると騙されて、
老若男女問わず全裸にされ、「シャワー室」に押し込められる人々。

アウシュビッツでは、労働力になるかならないかを
ナチス・ドイツの医師が判定していたと言われますが、
この映画(1944年10月のある日)では
既にそのような「選別」さえ行われず、
列車から直接、ガス室へと連れて行かれています。
そうでないと「処理」が追いつかないからです。

人びとの誘導、脱衣室の衣服や持ち物の回収、
「部品」と呼ばれる無数の死体処理、「シャワー室」の清掃を、
「ゾンダ―コマンド」と呼ばれるユダヤ人たちが、
日に何回と流れ作業のように行います。

ゾンダーコマンドもずっとその職に就いていられるわけではなく、
数か月程度で入れ替えさせられます。
つまり自らもいつ殺されるかわからない状況です。

誰をその対象にするかを決めさせられるのもコマンドの長、
つまりユダヤ人です。

そんな状況でまともな神経でいられるわけがない。
体を動かしてはいるけれど、なにか現実でないような、
ずっと悪夢の中にいるような異常な精神状態を、
周囲をぼやかせるという撮影手法が表現しているようです。


しかし、視覚的な演出に比して、音は非常にリアルです。

ぎゅう詰めの「シャワー室」の扉が閉じられたあと、
サウルや鑑賞者に伝わるのは音だけです。

次第に高まっていく悲鳴や壁を叩く音、阿鼻叫喚。
音だけであるがゆえに、余計に恐ろしいのです。

出だしの、この場面だけで音を上げそうになりました。


サウルは、清掃の作業中、「息子」の死体を見つけて、
なんとかユダヤ教の儀式で弔おうと危ない橋を渡るのですが、
これも本当に息子なのかは最後まではっきりしません。

少年を弔うという一点に、異常な環境で生きる意味を見出そうとした、
サウルの幻想、思い込みなのかもしれません。


ゾンダーコマンドたちは、同報を死に至らしめる役割を背負わされ、
自分たちもいつ殺されるかわからない状況にあるわけですが、
なんとかこの状況を記録に残そう、打破しようとします。

没収品のカメラで写真を撮ったり、メモを書いたり、
現地ポーランドの抵抗勢力から武器を仕入れて蜂起を企てたりします。

映画でもその決死の行動が盛り込まれていて、
鑑賞者はそこに一抹の希望を持つのですが…

◇◇◇

このような虐殺・圧制に対して、人道的、感情的に、
酷い、悲しい、憤るというのは当然の大前提として…

本作を観ながら感じたのは、
非常に危ない表現ではありますが、
なんという無駄なこと、非生産的なことをしたのかということです。
殺すために殺すという行為と、そのためのシステムの維持のことです。

そして、同時期に、そして今も、世界各地で形は違えど、
このような蛮行がくりかえされるのはなぜか。
なぜシステムが構築される前、されていく中で、こうも抗えないのか。

これだけの狂気のシステムを構築して運営するエネルギーを、
健全で建設的なことに注げられないものなのか。


◇◇◇

ネーメシュ・ラースロー監督はハンガリーの38歳。
デビュー作の本作品で、いきなりカンヌ国際映画祭グランプリ、
アカデミー賞の外国語映画賞など多数の賞を受けました。
[PR]
by chekosan | 2016-03-01 12:04 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ポーランド出身の巨匠ポランスキ監督の入魂の作品です。

ナチスドイツに占領されたポーランドの首都ワルシャワを生き抜いた、
ユダヤ人ピアニストの実体験をもとにした映画です。

ポランスキ監督自身、子どもの頃に家族と生き別れ、
自らはクラクフ・ゲットーを脱出して農村にかくまわれて生き延びた経験があります。

監督は、当時を扱った映画は撮れないでいたそうですが、
シュピルマンという実在のピアニストの回顧録を読み、
自身の鮮明な記憶を盛り込んで、この時代を忠実に再現する決意をしたのだそうです。
b0066960_18334012.jpg

公開10周年を記念して発売されたDVDには、
メイキングやインタビュー集がたくさん収められています。
そちらが映画本編と同じくらい強烈でした。

ワルシャワはドイツ軍が破壊しつくしてしまったので、
当時の町の様子は、川の対岸のなんとか残った地区を使ったり、
欧州中まわってロケ地を見つけたりして撮影したそうです。

ワルシャワ・ゲットーは蜂起で廃墟になり、主人公はそこで生き延びるのですが、
その廃墟もCGや作り物ではありません。

旧東ドイツに残っていた元ソ連軍兵舎跡を見つけ出し、所有者に掛け合って、
残っていたボロボロの建物を取り壊して廃墟を造り出して撮影したそうです。

b0066960_18374022.jpg


映画本編は、ワルシャワのユダヤ人がたどった、
非常に過酷な状況が容赦なく映し出されます。

思わず声を上げてしまう場面がいくつも出てきます。
人は立場や状況が変われば、こんなにも残虐になれるのかと思います。

しかし、監督は、この映画に映し出されたことはすべて本当のことだった、
とインタビューで何度も強調します。

それはナチスが撮っていた記録映像や写真、資料でも明らかです。
メイキングに出てくる写真や映像は映画以上に衝撃的です。

決して心地よい映画ではないです。

でも、ある人種や民族がみな善人であったり悪人であったりはしない、
自分たちの命を危うくしてでも助けようとする人もいたというのも事実で、
そこに救いを見出すことができます。

でもだからといって、やっぱり起こってはいけないことでした。
絶対に起こしてはいけないこと、繰り返してはいけないこと、
正当化できないことはあるのです。

10周年記念DVDには、付録としてシュピルマン氏の演奏も収録されています。
とても美しいショパン、ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作)です。
[PR]
by chekosan | 2015-10-20 19:47 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ポーランドの巨匠ワイダ監督の「カティンの森」、
DVDを購入していたものの、
なかなか思い切りがつかなかったのですが、ようやく観ました。

b0066960_17345646.jpg

1939年、ドイツとソ連に占領されたポーランドで、
1万5千人にのぼるポーランド人将校が捕虜となり、
ソ連領のカティンの森で虐殺されました。

これはソ連によるものなのですが、ソ連はドイツ軍の仕業だとします。
戦後、この事件は長くタブーとされ、
真相が明らかにされたのは1990年のことでした。

映画は捕虜となった将校たちを待つ妻や母、妹に焦点を当てています。
特に、ドイツ軍やソ連からの圧力に毅然として屈しない大将夫人が印象深いです。


私が一番印象に残ったのは、クリスマスの夜、収容所で、
捕虜となった将校や兵士たちに大将が話す場面です。

大将は、徴兵された兵士に向けて「生き延びてほしい」と語り掛けます。

このとき捕らえられていた兵士の多くは職業軍人ではなく、
学者、技師、弁護士、画家といった知識人たちでした。

大将は、彼らなしにはポーランドの再建はない、
兵士たちと自分が無事に帰還し、
家族と再会を果たすことを祈ると言い、讃美歌を歌い始めます。
将校や兵士たちは帽子を取り、共に歌います。

この大将夫妻が、ポーランド人の気高さを体現しているように思います。
主人公のアンナとその夫アンジェイ大尉以上に記憶に残る人物像でした。


そして、もう一つ印象に残る場面はやはりラスト。
公開時にも話題になりました。

こういう終わり方をするか…
しかし、確かにそれしかないか…と思わせるものです。


派手な戦闘シーンがあるわけではなく、感動の涙を流すという話でもありません。

説明は最低限しか示されませんので、
登場人物たちの関係性や、歴史的な状況を把握するのが難しいです。

史実を「予習」してからの方が、より本作品を理解できると思います。

それでもできれば観てほしいと思う作品です。


(123分)
[PR]
by chekosan | 2015-10-18 22:53 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ナチス・ドイツ占領下のポーランドが舞台の映画です。

8歳で家族と生き別れ、孤児になったユダヤ人少年が、
ユダヤ人狩りから逃れるため、森や農村を移り歩きながら
なんとか生きのびたという実話を基にしています。

原作は、国際アンデルセン賞も受賞している
ウーリー・オルレブの『走れ、走って逃げろ』。
映画化を機に、岩波少年文庫から刊行されています。

原作者のオルレブもポーランド生まれのユダヤ人。
隠れ家生活や強制収容所を体験しています。
b0066960_17294472.jpg

主人公の少年は、名前を変え、「過去」を創作し、カトリック教徒を装います。
そうして食事や仕事を求めて農家を訪ね歩きます。

決して余裕はないのに少年を保護し、愛情を注いでくれる人たちもいますが、
そこにもゲシュタポはやってきます。

10歳に満たない少年には過酷すぎる逃亡生活が続きます。

終盤、ソ連軍がやってきてドイツ軍を撃退するのを少年は歓迎するのですが、
終戦を迎えて村の人たちが喜ぶ場面で、
ある男性が「ドイツもソ連も一緒だ」と冷めた言葉を放ちます。
この人物もユダヤ系なのでしょうか。
その後のポーランドや東欧の歴史の展開を的確に表しています。


主演の少年はポーランドの双子だそう。
どの場面が、どちらの子役かわかりません。

少年らしく泣きじゃくる場面、
SS(ナチス親衛隊)の将校に毅然と対峙する場面、
難しいシーンばかりだと思うのですが、
2人はとても達者な演技を見せてくれます。

賢くて愛らしくて勇気があって、
でもやっぱり子どもらしくて、愛おしくなります。

ポーランドの森や平原の美しさも特筆ものです。

おすすめです。
[PR]
by chekosan | 2015-09-14 18:29 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ポーランド映画「幸せのありか」を観てきました。

脳性マヒの障害をもつ主人公マテウシュは
思うように体を動かすことができません。

彼は幼い頃、医師に「植物と同じだ」と診断されますが、
知能には問題はなく、豊かな感情も持っています。
しかし、それを伝えるすべがないのです。

単に生命を維持しているだけではない、
意思や感情をもち、思考することができることを伝えたい、
そのマテウシュの心の叫びが、
CHCE SIĘ ŻYĆ 「僕は生きたい」という原題に表されています。

でも、重苦しい映画ではありません。
むしろ明るくユーモアを交えて障害者の生と性を描いています。

悲劇的な状況になっても、マテウシュは
早くに亡くなった、優しくて頼もしかったお父さんの口癖、
「大丈夫」で乗り切ります。

えっ、この状況で!?という場面も、
「大丈夫」で、コミカルにサラッと進んでいきます。

ラストも決して万々歳のハッピーエンドではありません。
考えるべきことはたくさん残ります。
それでも温かさや希望が勝る映画になっています。

誰が見ても得るもののある、心打たれる作品だと思いますが、
医療関係者、介護や福祉などに携わる人には特におすすめです。
 

ところで、
この映画は実話に基づいているのですが、
モデルとなった青年と主演男優がエンディングでツーショットで映ります。

そのときに、わかってはいたけど今までのは本当に演技だったのだ、
とあらためて衝撃を受けます。

それくらい、マテウシュ役の男優の演技力、役作りはすごい。
マテウシュの少年時代を演じた子役もです。すばらしい。
俳優はやはり演技。見た目だけではダメなのです。

映画評の紹介を1月6日に載せています
b0066960_23582174.jpg


以下は個人的趣味に走りますが…

主人公家族が住むアパートのインテリアや外観、
お母さんの作る洋服のデザインや薄いプリント生地、
お父さんのいかにも当時の労働者的なつなぎやヒゲなどなど、
89年以前の場面が、ああ東欧という感じでたまらない。

映画のテーマは違うのですが、
「スイート・スイート・ビレッジ」(チェコスロバキア 1985年)や
「グッバイ、レーニン!」(独 2003年)を連想しました。

ポーランド語の発声や響きも心地よかったです。
チェコ語やポーランド語って、
私にはちょっとほわん、と甘く聞こえるのです。

特に人を呼ぶときの感じがなんとなくかわいらしいというか。
もっと聞いていたいと思いました。

やっぱりスラブ系の言語や文化や風景、風物、好きだなあ…
と再認識しました。*^ー^*
[PR]
by chekosan | 2015-01-20 00:07 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ポーランド映画「幸せのありか」が公開されています。

民主化に揺れ動く1980年代のポーランドが舞台。
実話をもとにしているそうです。

知能は正常だが脳性まひがあるために知的障害者と思われてきた主人公は、
両親の愛情を受けて成長しますが、父の死後、施設に入れられます。
なんとか意思を伝えようとする主人公…

本当に知的障害者に見えるという主演俳優の演技が絶賛されています。

全文公開されている映画評はこちら。
「幸せのありか:怒れる男子は拳で机をたたけ! 父の教えにジーンとするポーランド映画」(キョーコ/フリーライター) 毎日新聞2014年12月12日

「今週末見るべき映画「幸せのありか」」(二井康雄)エキサイト. ism 2014年12月12日


1月6日現在、以下で公開中。(Movie Walkerより)
岩波ホール(東京)、ジョイランドシネマ沼津(静岡)、名演小劇場(名古屋・栄)、
シネ・リーブル梅田(大阪)、京都シネマ(京都)、
KBCシネマ(福岡・天神)、桜坂劇場(沖縄・那覇)


題 CHCE SIĘ ŻYĆ
製作年 2013年
製作国 ポーランド
配給 アルシネテラン
上映時間 107分

モントリオール世界映画祭グランプリ、観客賞、エキュメニカル審査員賞。
文部科学省特別選定 (青年向き、成人向き)、文部科学省選定 (家庭向き)、
厚生労働省社会保障審議会〈推薦〉。
[PR]
by chekosan | 2015-01-06 14:38 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)

「ピアノの詩人」、フレデリック・ショパンの遺志により
死後、祖国ポーランドの教会に安置されていた心臓が約70年ぶりに取り出され、
専門家による調査が行われたそうです。

保存状態は良好で、死因の解明も進んだとのこと。

詳しくは朝日デジタルの記事で。

*全文を読むには登録(無料)が必要です。

b0066960_13573573.png

[PR]
by chekosan | 2014-12-20 13:58 | 中欧 | Trackback | Comments(0)