人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

タグ:ドイツ ( 50 ) タグの人気記事

映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」を観ました。よかったです。

1956年の「ハンガリー動乱」で亡くなった若者への哀悼と連帯を示した東ドイツの高校生たちと家族をめぐる話です。


b0066960_21222508.jpg


ベルリンの壁がまだ建設されていない頃の話です。ベルリンのアメリカ占領地区とソ連占領地区は、検問はあるものの、行き来はできていました。

市議会議長の息子は祖父の墓参りを口実に、親友と西ベルリンに行って映画を観ます。そこでハンガリーの若者たちが、ソ連支配に抗議するデモをし始めたことを知ります。

デモがどうなるのか気になる主人公たちは、クラスメイトの伯父さんの家に行って、禁止されているアメリカ占領軍のラジオ放送を聴き、デモへの弾圧で犠牲者が出たことを知ります。

翌日、主人公の提案にクラスメイトの多数が賛同し、授業開始時に2分間の黙とうをします。授業が始まっているのに声を発しようとしない生徒たちに、教師は激怒します。

校長は、自分たちの指導力不足と査定されるかもしれないからと説いて、内々で済ませようとしたのですが、教師はすでに別の教員(職員?)に話してしまっていました。そこから当局に「事件」が伝わります。

教育担当部局の職員によって、刑事犯を追い詰めるような調査が始まります。

生徒たちも家族も動揺し、仲たがいも起こります。

ほんの2分ほどの行動によって、「国家の敵」として追求を受け、高校卒業資格を取り消され、大学進学が絶望的になるかもしれないという状況に追い込まれ、首謀者ひとりに罪を着せるのか、連帯責任を貫くのか、生徒たちは決断を迫られます。

映画の主人公がのちに書いた本『沈黙の教室』を原作としています。つまり、実話をもとにしています。

ーーー

ある程度、時代背景を知らないと、生徒たちの行動や迷い、親たちの態度や、関係者の対応にピンとこないかもしれません。

私も、へえ~!?という場面がいくつもありました。

例えば、男子だけですが、射撃の授業があるのです。それも実弾を使って。

あるいは、労働者だった自分が校長に抜擢されるようなチャンスをくれる体制は素晴らしいと、校長が保護者に話すシーンがあります。この校長は、教育畑の人ではなかったのです。

パンフレットの解説によれば、戦後の非ナチ化によって、多くの教員が教職から追放されたため、1949年の東独では、およそ7割の教員が新任だったそうで、労働者が教員になるということもあったとのこと。

また、生徒たちが間近に控えていた卒業試験(大学入学資格となる)は、試験を受けることで与えられるもので、逆にいえば、在籍している高校を出なくても試験に受かれば取れることとか。大検みたいな感じなんですね。


ーーー

生徒たち自身の煩悶、葛藤だけでなく、親世代の背負う過去がからんでくるのが話に重みと深みを増しています。

信仰、宗旨、性的指向、政治的信条、戦争とのかかわりなどの問題も、うまく登場人物に割り振ってあります。

友情や恋愛も主題のひとつですが、しつこくなくて程よかったと思います。


ーーー

と、とても興味深く、夢中で鑑賞したのですが、「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」の監督なのですね! こちらもとても面白かったので、この監督さんの作品とは相性が良いようです。

ーーー

なお、上記のパンフレットの解説は、柳原伸洋氏によるもので、東ドイツの歴史をもっと知るための参考文献が3冊挙がっていました。

こちらの3冊です↓
b0066960_22093455.jpg


左の『教養のドイツ現代史』はたくさんのドイツの専門家によって編まれています。ドイツの現代史を知るのによい映画や小説、漫画などがたくさん紹介されています。ドイツは研究者の層が厚いなあとつくづく思います。

帯を取るとこんな装丁です。


b0066960_22140059.jpg


右下のホーネッカーとブレジネフの壁画は、ベルリンに行ったときに見たいなあと思いつつ、見逃しました。

こんな映画を観たら、またベルリンにも行きたくなりました。特に、東ベルリンだったところをもっと見て回りたいです。







by chekosan | 2019-05-20 22:25 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
うむ、胸糞悪いという言葉がぴったり。

映画「ちいさな独裁者」を観ました。

テーマ的には観ておきたいけど、心身が元気なときに行かないと無理かもという予感がして、カラー版の公開時期には結局行かず。今回モノクロ版が公開されて、今なら大丈夫そうと思えたので行ってきました。

若い、いかにもドイツ的な顔立ちの脱走兵が、たまたま空軍大尉の制服を手に入れたことで大尉になりすまし、脱走兵たちを「部下」にして「特別任務隊」を結成し、どんどんやることがエスカレートしていくという話。

戦闘中でもなく、必要に駆られてでもないのに殺しまくる。それもドイツ人がドイツ人を… 秩序を保つという大義名分で、脱走兵などを大量に殺すのです。権限を捏造して。

しかもこれが実際にあったことなのだそうです。

b0066960_20533444.jpg



More
by chekosan | 2019-05-06 21:59 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
こちら、雨続きの連休です。そのせいか、先週からの風邪がなかなか治りません。今日も鼻と咳が怪しかったのですが、映画「ヒトラーvs.ピカソ」を観てきました。


b0066960_15322513.jpg


面白かったです。

あまりに関心にピッタリすぎて、知りたいことがギュッと詰まっているので、目を見開いて根を詰めて見てしまって、知恵熱でも出たのかフラフラになって帰ってきました。

つくづく、私は資料として映画を観ているのだなと確認しました。

今回の映画は、歴史家や美術史家、弁護士やジャーナリスト、関係者の証言と、記録映像などから構成されているドキュメンタリーです。

ナチがいかにして美術品を収奪、強奪、安く買いたたいたか、取り上げられた人々―占領地の美術館、教会などもありますが、多くはユダヤ人の収集家や画商ーはどんな目に遭ったのか、戦後、彼らと美術品はどうなったのかを追っていきます。

美術史や美術品、芸術と国家、芸術と政治といったテーマに関心がある人には、かなり面白いのではないかと思います。





More
by chekosan | 2019-05-01 16:23 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
旧東ドイツの巨大スーパーマーケットを舞台にした映画「希望の灯り」を観てきました。

主人公はほとんどセリフを口にしない無口な青年。なんだか顔色が悪くて表情も乏しくて、大丈夫かいな、そんなんでスーパーで働けるの?と思わせる始まりです。

夜間の在庫管理担当で、お客さんとそんなに頻繁にやりとりするわけではないようですが、それにしてもしゃべらないなあ~。

でも礼儀知らずというわけではなく、最低限の会釈や返事はするし、休憩ばかりしているベテランのおじさんたちよりも真面目そう?(^_^;)

周りの従業員も、仕事やサボり方を伝授しながら、やわらかく見守ってくれています。



b0066960_10321280.jpg


物語としては、この青年が、一目ぼれした人妻との関係が進むようで進まないようで悶々としながら日々を過ごし、それを諫めるでも焚きつけるでもなく優しく応援してくれている周囲の人たちとのかかわりで少しずつ自分の人生を意味のあるものにしていく、というようなくらいなものです。

仕事の合間や前後のちょっとした会話から、旧東ドイツの人たちの現状や心情がちらちらと見えますが、大きな動きはほぼありません。ほぼ、ですが。

映画にドラマティックな展開を期待する人、人生が今も先も光に満ち満ちているように感じている人には面白く感じられないかもしれないです。

でも、人生って、生活って、こういうものよね、というしみじみ感。

この映画は、ベルリンの壁崩壊、ドイツ再統一の躍動と高揚のあとの反動と陰の部分、ごく普通の日常を生きる人々のパッとしないけど小さな楽しみもある人生を淡々と映したものですが、80年代末からの日本も、享楽の時代から沈滞の時代へと移っていき、現在も浮かれた日常と陰の日常が同時に存在しているのを感じながら生活していくような時代が続いています。そういう大きな流れでは共通するものがあることを感じました。

ーーー

ということで、大きな感動とか衝撃というのはなかったのですが、原作があるとわかったので、映画鑑賞のあとすぐに図書館に行って借りてきました。

クレメンス・マイヤーの短編集『夜と灯りと』(新潮社 2010年)所収の「通路にて」です。「通路にて」は、ごくごく短いお話です。あっというまに読めてしまいます。

私が映画を先に観たからということを抜きにしても、原作よりも映画の方が断然いいと思います。

映画の脚本も原作者マイヤーが手掛けているということなので、原作者の意図を変えているわけでもないですし、短編から映画にするにあたって、より深み、厚みが増して、よい作品に発展したという感じがしました。

マイヤーさん、短編書くよりも、脚本の方がいいんじゃないかしら。

同じ本の他の作品もいくつか読みましたが、なんかわからん話やなあ~というものが多くて。新しいスタイルを作り出そうと実験的に書いているのでしょうけど、失敗?途中で終わってる?という感じが… 

登場人物も、映画の方が人間としての現実味、魅力が出ていたと思います。

ーーー

そういえば、映画の主演男優さん、先日観た映画「未来を乗り換えた男」の主演もしていたんですね。パンフレット見るまでまったく気が付きませんでした。こちらの方が、演技のうまさを感じました。(というか「未来を乗り換えた男」は、断然、原作「トランジット」の方が良いです。映画の脚本、ひどいと思う…)

うまいんだけど、、2本とも、なんというか死んだ人みたいな雰囲気で、あまり魅力的なキャラクターではなくて。

でも、そういうキャラクター(なり俳優)を主役に据えるヨーロッパの映画のチャラくなさ、華やぎのなさが好きです(笑)

周りの俳優さんたちも、そこらの普通のおっちゃん、おばちゃんぼさが良かったです。












by chekosan | 2019-04-30 11:55 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)

新年度が始まりました。これまでの自分を振り返って、将来について考えることも多い季節です。

今月の関西ウーマン「信子先生のおすすめの一冊」は、そうした思いを巡らせるときに手助けとなるかもしれません。


中世ヨーロッパ史の大家で『ハーメルンの笛吹き男』で有名な阿部謹也氏(1935-2006)が、中高生向けに、一生のテーマを探すこと、自分のなかに歴史をよむことなどについて、自身の経験を交えてわかりやすく語った本です。


それなしに生きることはできないと思えることを追求すること、そうしながらも自分と、自分が追っている対象を客観視すること。こうした姿勢は、学問に限らず当てはまることではないかと思います。




b0066960_10221909.png


by chekosan | 2019-04-13 10:28 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
2018年度の同志社の輪読ゼミでは、各自のおすすめも紹介してもらいました。

そのなかの一つに、映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」(2006) がありました。

ゾフィーは兄とともにドイツ本国の学生たちによるナチへの抵抗運動「白バラ」の主要メンバーでした。ショル兄妹は活動発覚後、逮捕されて処刑されています。

映画もまた見るつもりですが、先日、図書館で見つけた児童書を読んでみました。

b0066960_09504537.jpg



薄くて平易な文章なので、読みやすくわかりやすい本です。

写真が多くて、しかも、よく撮れたものを使っているので、実際にあったことなのだなと一気に臨場感が湧いてきます。

ショル兄妹や仲間のものもあれば、彼らがビラを撒いて捕まった大学の建物、そしてヒトラーがパリを手中に収めてポーズを取っているものなどなど。

そこ?という感想ですが、同じ時期の東欧のものよりも、写真のレベルが格段に高いように思えます。(大学の写真は最近のものかもしれません)

ショル兄妹や仲間たちは見せしめとして処刑されてしまいますが、そのことはむしろ国民の反発を招き、以降も白バラを標榜するビラが撒かれ続けたそうです。

ショル兄妹が逮捕されたミュンヘンの大学の建物は今も残っていて、彼らを記念するモニュメントや銅像、広場、資料館もあるそうです。ぜひ現場に行ってみたいと思いました。


by chekosan | 2019-03-23 09:50 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)
ベルンハルト・シュリンクの小説『朗読者』を原作とする映画「愛を読むひと」を観ました。

原作は以前に読んでいました。


全編を読み通すといろいろと考えさせられる小説なのですが、前半は官能小説みたいな印象が強かったので、映画になったらますますそういう方面が強調されるんじゃないかなあと勝手に想像して後回しにしていました。(^-^;

Amazonプライムで無料なので、それならと視聴したところ、映画は映画でよく出来ていると思いました。原作をぎゅっと凝縮させて、少し改変もありますが、エッセンスは逃さず、わかりやすくまとめているように思います。





感心したのが、主演女優の老けっぷりです。ピチピチ少年の主人公とは21歳差の36歳から話がスタートするんですが、少年からすればきれいな女性に見えるけれど、客観的に見れば年齢相応(かそれよりも全体的に疲れて下垂した感じ…)にしてあるのが現実味を出しています。

この女性は訳ありで、若干クセのある人物なのですが、それをとても上手に演出していると思いました。

ーーーー

で、設定の変更部分も含めて、映画は映画として、あまり違和感なく、異議なく観ることができたのですが、鑑賞後、他の方の感想をあれこれ読んでいると、気になる記述が散見されました。

問題の女性の出自を特定している感想が少なからず見つかるのです。そのほとんどは映画だけを観た人です。どうやら著名な人物がこうではないかと推測したのをそのまま引いているようでした。

そんな表現や記述が映画や原作にあっただろうかと思い、原作を読み直してみましたが、うーん、、、そう、、かなあ、、、

その著名な人物の推理も一つの解釈としてあってもよいかもしれません。ただし、その方は細かいところで覚え違いもされています。きちんと検証して活字にした論稿ではなく、ワーッとお話されているなかでのことなので、仕方ないかと思います。

が、その発言が、孫引きのそのまた孫引きみたいに広がっていくうち、「実はこうなのだそうだ」というように断じられてしまっているのはいかがなものかと思います。

ーーーー
上記の著名人物以外にも、実にたくさんの方が、さまざまな解釈を書かれています。この作品って、女性の行動に謎の部分や理解できない部分が多いので、「謎解き」したくなるんですね。

でも、原作にしろ映画にしろ、あくまでフィクションであるということは押さえておくべきかなと思います。


ということで、解釈どころか、解説もなしの単なる絵面の感想でした。( ´∀` )







by chekosan | 2019-03-04 19:11 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
2014年の映画「さよなら、アドルフ」は、ナチ高官の子どもたちが、敗戦直後、親と離れて900キロ離れた祖母の家まで行く道中を描いた物語です。

「戦犯の家族」を取り上げた作品ということですが、そこはあまり深みがなく、思春期の少女が苦難のなかで成長する側面の方が強く出ているように感じました。

以下、ネタバレあります。

b0066960_17025260.jpg

女性監督だからということもあるのか、女性の描き方がリアルといえばリアルかなと思いました。

主人公の母は、主人公を頭に5人の母で、多分きれいな部類だったのでしょうが、年相応に老けてきていて、体は薄くて、さほど魅力的に見えません。でも気位は非常に高くて、ナチの高官である夫にも、子どもたちにも偉そうです。

主人公である娘は、やはり体が薄くてお肌も不安定な感じ、すくすく伸びているけど色気はまだありません。はじめはおさげにつりスカートだった少女が、苦難の逃避行のあとには心身ともに大人の女性に「ならざるをえなかった」感じがよく出ていました。

その2人がどちらも性的な対象として見られたり扱われたりするあたりは生々しさを感じさせます。

母はおそらく食料を得るため銀食器を持っていった先で屈辱的な目に遭ったと思われます。だからこそか、その直後に、目の覚めるようなブルーのスーツと帽子をビシッと身に着けて、主人公である長女に妹弟を託して、自ら連合軍に出頭してきます。

子どもだけでの道中、荒れ果てた農家で発見した女性の遺体も強姦されて亡くなった様子。

主人公も、いかにもな子ども服を着た薄っぺらい体の子どもなのに、そういう対象に見られます。主人公自身も、だんだんとそういう現実に気がついていきます。

そういう、不自由のない生活と、逃避行中の厳しい状況、落ち着いた先での回復と複雑な心境を対照的に表す手段として、入浴(水浴び)シーン、髪をとかすシーン、足のアップがやたらと多く挿入されます。これは、印象的ではあるのですが、そのために、性に関する葛藤とか現実という側面が勝ってしまっていたかなという感じもしました。

ーーー

リアルなのだか、リアルじゃないのか、う~ん…なのは、主人公たちと道中を共にし、助けてくれる謎の青年です。

収容所から出てきたユダヤ人と名乗っていたけれども、実は別人の証明書を手に入れてなりすましていたということがわかりますが、では誰かというのはわかりません。そういうことはよくあったでしょうから、わからないままでもありかなと思います。ただ、似てなさすぎる人の証明書をそのまま使うのはちょっと無理があるような? (^-^;


無理があるといえば、赤ちゃんが丸々太ったままなのも嘘っぽいかな。子役を使った映画は難しいですね。役作りのために痩せさせるわけにはいかないですから。

でもこの子がまあ、とってもかわいい。ずっと泣いてばかりだったこの赤ちゃんが生きのびて、おばあちゃんのお家で次女によちよちあんよしてもらっているシーンは救いと希望を感じる、いい場面ではあります。


ということで、いろいろあと少し!という感じが残るお話でしたが、子役たちは頑張ってました! 






by chekosan | 2019-02-24 17:57 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
お出かけをやめた分、お出かけした以上の実を得ようと、「手紙は憶えている」に続いて、映画「検事フリッツ・バウアー」を観ました。

「手紙は憶えている」はフィクションで、復讐、私刑、個人の記憶を扱った後味の悪いお話だったので、2本目は法による裁きを扱った、実話に基づくお話にしました。

フリッツ・バウアー氏は実在した人物で、フランクフルトの検事総長でした。元ナチの高官などを訴追し、アイヒマン逮捕に関わったり、アウシュヴィッツ裁判を率いた人です。

今回もAmazonプライムで無料配信されていました。ありがたや。プライムビデオで見られる映画は、突然見れなくなることがあると聞いたので、どんどん見なくては。


b0066960_11160075.jpg

バウアー氏が登場する、またはアイヒマン裁判を扱った映画は何本か観ました。

顔のないヒトラーたち」(2014年)、「アイヒマンを追え!」(2015年)、「アイヒマン・ショー」(2015年)、「ハンナ・アーレント」(2012年)。

こう見ると制作年がいずれも近いですね。なぜこう似たようなテーマが同じころに集中してつくられたのかしら。なにか分析したものはあるかしらと調べて、ただいま取り寄せ中です。

本作も含め上記の映画では、アイヒマンの居場所を突き止めてイスラエルの諜報機関に情報を流して逮捕を導いたところが印象に残りますが、以下の論文を読んで、彼が主導したアウシュヴィッツ裁判の方が気になってきました。

☞ イルムトゥルード・ヴォヤーク「フリッツ・バウアーと1945年以降のナチ犯罪の克服」 

アウシュヴィッツはポーランドにあり、戦後は東側陣営だったので、そこでの行為をドイツの司法当局が裁くにはさまざまな困難があったのですが、バウアーはポーランドの司法省やアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館との協力関係を構築し、捜査を進めることに成功するのです。

こちらの方ももっと知りたいので、バウアーの評伝を読もうと思います。

この論文ですが、バウアーの経歴や業績、法思想を端的にまとめていて、興味深く読みました。

ドイツの「過去の克服」の論文や書籍はいろいろとありますが、司法の面から論じたものには、ベルンハルト・シュリンクのものがあります。そのシュリンクは小説『朗読者』『逃げてゆく愛』の作者でもあります。

ということで、次は、『朗読者』を原作とする映画「愛を読む人」を観ようかな。この映画には、今回観た「検事フリッツ・バウアー」で若手検事を演じた俳優が、主人公の若い頃を演じていることでもありますし。


ところで、こういう実在の人物を扱う場合、本人に似せるんですね。インテリアも実際のものを再現するようです。バウアーの執務室や自宅、カッコイイんですよね~。

b0066960_11203141.jpg




by chekosan | 2019-02-22 11:50 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
輪読ゼミ@同志社で、それぞれのおすすめ本や映画などを紹介する「持ち寄り企画」をしたときに教えてもらった映画です。


b0066960_10404445.jpeg


アメリカのある高校で独裁制を理解するための実習授業をした結果、おそろしい現象が生じたという実話に基づいたお話です。舞台をドイツに移し、結末は実際とはかなり変えてあります。

面白そうなのでDVDを入手して家で家族で観ました。衝撃の展開。これはいろいろなところで紹介したい! ということで、学生にも紹介しています。観た学生たちは絶句。。。「最高に興味深かった」という感想をもらいました。

集団行動による陶酔感、一体感、その裏返しの排除。。。







私はこの映画、受講生に教えてもらうまで作品は知らなかったのですが、同じようなことをしている先生の実践報告を見たぞと思い、確認しました。こちらです。






集団への過度の一体感は、責任感の欠如や集団の規範への無批判な依存を生じさせます。
こちらの先生も引用されていますが、それを再現したミルグラム実験や監獄実験を扱った映画も観ようと思います。

いやそれにしても、この映画、怖いわ… おすすめです。







by chekosan | 2018-12-16 10:35 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)