中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

タグ:ドイツ ( 37 ) タグの人気記事

お盆真っ盛りの京都で映画を観てきました。

邦題はなんだかもったりしていますが、面白い映画でした。

1941年から45年にかけて、ドイツの本国からユダヤ人は東へ「移送」され、まったくいなくなったと宣言されました。ところが、実は移送をすり抜けて潜伏していたユダヤ人が7000人ほどいました。そのうち戦後まで生き残ったのは1500人ほどだったそうです。

そのなかから4人をクローズアップし、本人へのインタビューや当時の記録映像も交えて作られた半ドキュメンタリー映画です。

4人の登場人物はみな生き延びていることがわかっているので安心して観ていていいはずなのですが、それでも非常にスリリングです。

4人は当時16~20歳の若者でした。家族も潜伏して生きのびた人もいますが、孤児となって一人で途方にくれる人もいます。

4人は直接交わることはないのですが、ゲシュタポ(秘密警察)の手先となっていたユダヤ人女性や、抵抗運動家の男性が、4人のうちの2人と接点をもちます。大都市とはいえ、ベルリンというひとつの街で生きていれば、どこでどうつながるか、知り合いに見とがめられるかわからないのです。いないはずの人間が2年も3年も生きていくのは至難の業です。

びくびくしていても怪しまれる、目立ってもいけない。原題 DIE UNSICHTBAREN(見えない者)のとおり、完全に外に出ずに息をひそめているか、逆に街に溶け込んでいなくてはいけないのです。

彼らを救ったのはドイツ人です。反ナチの市民や、共産主義者、あるいはごくごく普通の市民もいました。なんとドイツの大佐(!)の邸宅でメイドとして雇われたという人も。ユダヤ人を匿っていることが発覚すれば、ドイツ人であろうと逮捕され、極刑になる恐れがあったにもかかわらずです。

恐怖、空腹、孤独にさいなまれながら、知人友人、あるいは見ず知らずの人々の助けで、彼らはなんとか終戦を迎えました。

4人のみなさんは長生きされ、インタビューにも明晰に穏やかに、微笑みさえたたえて答えています。そのお顔つきや表情が魅力的です。

生きることを諦めてはいけない、他者が生きることを諦めさせてはいけないと感じたのでした。


b0066960_18314856.jpg




[PR]
by chekosan | 2018-08-16 18:37 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ホロコーストの加害者と犠牲者の孫を主人公に据えた映画「ブルーム・オブ・イエスタデイ」を観てきました。

ようやく京都で上映されたので、これは逃すまいと意気込んで行ったのですが、若干予想と違いました。

ホロコースト第2、第3世代の抱える心の闇に焦点を当てるというテーマはオリジナリティがあるでしょうし、それをあえてコメディ的に描くのも斬新なのかもしれません。

祖先がホロコーストと関わりがあるからといって、現代の子や孫の世代が冗談ひとつ言わない生活を送るということはないでしょうし、その冗談が時には差別的だったり、下ネタ混じりだったりするのもリアルなのでしょう。

そういう新しい視点でつくった映画だというのはわかるのですが、、う~ん、、、

笑えるシーンも多いけど、痛かったり汚かったり生々しかったりが多すぎるかな…

主人公2人が、その出自の影響のせいだとしても、あまりにエキセントリックで、この人たちとレストランで一緒になったら確実に眉をしかめちゃうなあ、

「性」も重要なテーマで、登場人物たちがそれぞれ心に傷を負っていることと密接な関連があるのですが、しかし、この人たちの行動は理解しがたいなあ、

と、登場人物のどの人にも、ことごとく感情移入ができなかったのでした。(^-^;


でも、この夏、バルト3国に行くので、ラトヴィアが出てきたのは嬉しかったです。
ラトヴィアのシーンは、作品中でもっとも深刻で美しい、静かなシーンでした。

◇◇◇

パンフレットの解説や、監督自身の家族の話、俳優の談話はよかったです。

監督の祖父もナチス親衛隊だったそうで、その過去を調査するうちに、この作品のアイディアが生まれたそうです。

主演女優も、フランスの女優なのですが、この作品のためにドイツ語を練習したとか。もともと使える人かと思いました。すごいですよねえ、ヨーロッパの俳優さんは、、、

ラトヴィアにおけるホロコーストについても、野村真理先生が歴史的背景を解説されています。映画だけではよくわからない背景がすんなりとわかります。




b0066960_21015599.jpg



[PR]
by chekosan | 2018-07-30 21:14 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
先日、映画「マルクス・エンゲルス」を観てきました。

今年はマルクス生誕200年ですね。

だからか、映画の原題は、The Young Karl Marx なのですが、実際にはエンゲルスにもたっぷりスポットが当てられています。邦題の方が合っているかも?と思いました。

思想家の、それも若かりし頃に焦点を当てた映画ということで、いったいどう表現するのだろうと思いましたが、マルクスもエンゲルスも人間だったのだなあという当たり前の事実を確認させてくれました。

2人とも、若くて、才能に満ちていて、自信たっぷりで、友情や愛に支えられて、世を変えてやる!という情熱がほとばしっていて、でも行き詰ることもあって、と、わかりやすく青春ものにしてあります。

同時代の思想的リーダーたちとの議論、抗争に勝ち抜いていき、労働者たちの国際組織で頭角を現して「共産党宣言」を書くまでのお話です。

主人公として取り上げているくらいなので、マルクスもエンゲルスも魅力的に描かれています。

それ以上に印象的だったのは、彼らの妻たちです。マルクスの妻は貴族出身、エンゲルスのパートナーは底辺労働者なのですが、公私ともに2人を支えたパートナーと位置づけられています。男2人よりカッコよかった!

ドイツ語、フランス語、英語が飛び交う映画です。

これを観れば『資本論』がわかる、というようなものではありませんが、マルクスやエンゲルスがひっくり返したかった社会状況がどのようなものであったかを理解するとっかかりとして良いのではないかと思います。


b0066960_17011510.jpg



[PR]
by chekosan | 2018-07-23 17:02 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
リトアニア映画を観たあと、同じ京都文化博物館で開催中の「オットー・ネーベル展」を鑑賞しました。


b0066960_14014113.jpg


チラシやポスターに使われているデザインがこちら。パウル・クレーとかカンディンスキーみたいだなと思ったら、やはり彼らと交友関係にあり、影響を与え合った人物でした。


b0066960_14053590.jpg


ネーベル自身はバウハウスで学んだり活動したりしたわけではないですが、影響は受けていたようです。
展覧会には、バウハウスで生まれたケトルや電気スタンド、ソファやラグなども展示されていました。

カッコイイですよね、バウハウスのデザイン。直線と丸とか球とかでビシッ、キリッしていて。

しかし彼らはナチスに退廃芸術として弾圧されます。ネーベルやカンディンスキーはスイスに逃れることになります。



そうそう、それより前、第一次世界大戦のあとにドイツで起こったハイパーインフレのときの緊急紙幣も展示されていました。100万、200万、1億、そして5億マルク紙幣!

ハイパーインフレの話は授業で毎年しているので、本物の紙幣が見れて嬉しいです(撮影は不可)。



クレー、カンディンスキー、シャガールといった同時代の芸術家の作品も展示されていました。
初期の作品はシャガールに、のちにはクレーやカンディンスキーに似ています。

おっ、これいい! 洗練されてる! と目を引いたのは見事にカンディンスキーでした。
もちろん好みもあるのだと思いますが。



ネーベルは、さまざまな技法やアイディアを生み出して、だんだん抽象度を増していきます。
ルーン文字シリーズなどは、ぐるっと回って壁画や地上絵のよう。

展示の途中には、撮影可のコーナーもありました。
かなり抽象度が進んだころの一連の作品でした。

そのうち気に入ったのを撮ってきましたが、細かさや輝き、絵の具の厚みは、写真では再現できないですね。やはり絵画は実物を生で見るのがいいですね。



b0066960_14260872.jpg

「赤く鳴り響く」



「輝く黄色の出来事」

b0066960_14262892.jpg





b0066960_14265462.jpg


「黄色がひらひら」



「純潔と豊潤」

b0066960_14272872.jpg





オットー・ネーベルさん、こんな人です。一人で行ったのでツーショットは撮れませんでした。´・ε・`
会場内の説明パネルには、シャガール、カンディンスキー、クレーなどの似顔絵もありましたよ。


b0066960_14093003.jpg


さて、展覧会のお楽しみ、ミュージアムグッズ。
ネーベルのデザインはグッズ向けで、どれも素敵。あれこれ欲しくなりました。

一筆箋、マスキングテープはネーベルの作品からのデザインです。
この手の文具、使い切れないくらいあるからやめておこうと思うのに、うっかり増やしてしまいます。
でも、ネーベルのマスキングテープは、かなりカッコイイと思います!!

バッグはカンジンスキーのデザインです。持ち手の長さが良さそうで買ってしまいました。
トートバッグも買いすぎなのですが、ついつい…


記念講演会のタイトルも「知られざる画家 オットー・ネーベル」と、やはりメジャーではないと言っていいのでしょうが、得した感アリな展覧会です☆ 6月24日まで。




b0066960_14285677.jpg


[PR]
by chekosan | 2018-06-17 15:05 | 美術 | Trackback | Comments(0)
関西ウーマンに月一回掲載中の書評、
今月は喜劇王チャップリンの名作「独裁者」の制作過程を丹念に追った本です。


関西ウーマンFacebookページの紹介文は、
編集さんの方で抜粋・引用していただいていますが、
「今回私が言いたかったにはまさにそこ!」という部分を引いていただいています。


 ↓ ↓ ↓


『「独裁者」制作前後のドイツによる妨害や、戦後のアメリカでのネガティブ・キャンペーンでは、虚偽・捏造の報道、当局からの圧力、さらには不当な裁判までが起こりました。体制に与しない人物の表現活動を封じるための攻撃を見抜き、それを許さない態度が、私たちに求められていると思います。』

本文はこちらから
https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201342





b0066960_15010601.png



[PR]
by chekosan | 2018-06-09 15:04 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
NHKスペシャル「映像の世紀 第4集 ヒトラーの野望 人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した」

第1次世界大戦のあと、賠償金支払い、領土の割譲、失業、経済恐慌に混乱するドイツで、ヒトラーはいかに人心をつかんでいったか。

同時代の欧州やアメリカの状況もほどよく交え、この時代をわかりやすく描き出しています。


b0066960_15220319.png

世界恐慌によって困窮するアメリカの第一次大戦の退役軍人のデモや、ワシントンに押し寄せてバラックや野営する彼らを軍を出動させて蹴散らかすところから始まります。

対して、ソ連は恐慌の影響を受けず、経済は活況の様子。バーナード・ショーが訪問して絶賛します。しかし一方では、反体制的な人々を強制労働に従事させていました。

ドイツは銀行の連鎖倒産で、600万人が失業します。そこへ現れたのがヒトラーでした。ヒトラーの演説の特徴や、宣伝の巧みさについて、記録映像を使って、ていねいに解説しています。

この巻は、第二次世界大戦がはじまるところまでです。続きは「第5集 世界は地獄を見た」、あるいは「新映像の世紀 時代は独裁者を求めた」。ロシアや東欧に関心がある人には、後者の方がよりおすすめです。





[PR]
by chekosan | 2018-05-30 15:23 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
NHKスペシャル「映像の世紀 第5集 世界は地獄を見た」(1995年放送のデジタルリマスター版)と、「新・映像の世紀 第3集 時代は独裁者を求めた」(2015~16年放送)は、どちらも第二次世界大戦前後を取り上げています。

かなりの部分、同じ映像を使っていますが、「新・映像の世紀」の方が番組としてまとまっているように思いました。

そのなかで、中・東欧に関する印象的な個所を以下に。



「新・映像の世紀」で強調されていて印象に残るのは、アメリカの大企業(フォード社)や著名人(大西洋横断単独飛行を成功させたリンドバーグ)が、ヒトラーのドイツを支持していたことです。

フォードはドイツに支社をつくり利益を上げました。フォードの経営者は反ユダヤ主義者であり、自社の新聞に反ユダヤ主義の記事を掲載したり、親ナチ団体をつくったりします。

クーデターに失敗して刑務所にいたヒトラーに資金援助をしたといわれているという説明もあります。ヒトラーの方は、フォードにインスピレーションを受けたとも。



政権を握ったナチは、失業者対策でアウトバーン(高速道路)を建設し、国民車(フォルクスワーゲン)を生産し、週休二日、週40時間労働によるワークシェアリング、社員食堂や福利厚生施設などの導入に着手します。ドイツ経済は立ち直り、国民の圧倒的支持を得ます。

ユダヤ人迫害、再軍備を進め、オーストリア併合、チェコスロヴァキア支配、そしてポーランドへの侵攻によって第二次世界大戦開戦が勃発します。



チャップリンは、そのような状況を批判して映画「独裁者」を制作します。そういえば、チャップリンは、この映画の前にも、「モダンタイムス」(1936年)で、人間性を無視した流れ作業に従事する労働者を描いて、フォードが導入したような大量生産態勢を批判していますね。

その「独裁者」のメイキング映像も紹介されています。名場面といわれるラストシーンは、もっと明るいハッピーエンドだったものを撮り直し、憎み合うのをやめて、民主主義、自由を守るためにこそ闘うべきだという真正面からの演説に変えたそうです。

「独裁者」についてはまた別に…



最後に、連合軍がナチスのつくった強制収容所を解放した直後の映像が最後に流れます。「骨と皮だけになった」とはよく目にする表現ですが、まさしくそのような人々の死体の山が映されます。

将来、ありもしないでっちあげだという人が現れたときのために、見ておかなくてはいけない、というアイゼンハワーの言葉、連合軍がドイツ人に収容所内を見学させている様子も流れます。

「女性は気を失い、男性は目を背け、知らなかったんだと言った。それに対して収容者たちが、いや、あなたたちは知っていたと言った」という言葉、

そして、生き残っていた収容者が裸であるく後ろ姿の映像は、死体以上に、写真以上に衝撃的です。



b0066960_00241909.png




[PR]
by chekosan | 2018-05-27 00:26 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
映画「女は二度決断する」(2017年)を観てきました。

ドイツ、ハンブルクで、トルコ系移民の夫と一人息子と幸せに過ごしていた主人公は、2人を爆弾テロで失います。
警察は当初、トルコ系同士の抗争ではないか、夫は非合法な行為に携わっていたのではないかと疑います。
主人公は、重なるショックに心身のバランスを崩します。

捜査が進んで、ネオナチの犯行ということが判明します。
犯人を目撃していた主人公も裁判に参加するのですが…


b0066960_19345675.jpg


この映画の見どころは、ショッキングなストーリー、主演女優の演技でしょう。

ストーリーの方は、2000年から11年にわたり、ドイツで実際に起った外国人を狙った連続爆弾テロ、強盗事件などを下地にしています。このときも、警察はトルコ人同士あるいはトルコ人とクルド人の間の抗争かトラブルではないかと疑って、なかなか犯人にいきつけませんでした。

主演女優(ダイアン・クルーガー)の演技は、子を亡くした母の狂わんばかりの辛さが迫ってきて涙しました。
が、この女優さん、目が知的なので、品行方正ではない女性には感じられなくて、だいぶ話が進むまでキャラクター設定がつかめないまま見ていました。(^-^;

結末は、タイトルから予想はついていましたが、それでも心臓がドクドク早打ちしました…

◇◇◇

私としては、中盤の裁判シーンが興味深かったです。

主人公も裁判に「訴訟参加人」として参加します。本人も実行犯を目撃しているので証人として出廷するのですが、そのためだけではなく、また単に傍聴しているのではなく、弁護人とともに裁判のあいだじゅう裁判に参加しているのです。彼女の弁護人は、ほかの証人に尋問し、被告弁護人と丁々発止の論戦も繰り広げます。

ドイツでは、犯罪被害者の訴訟参加制度があります。この映画の事件の場合、被害者本人(夫と息子)は亡くなっているので、その親族に対して訴訟参加権限が認められたパターンということでしょう。

訴訟参加人が、特に保護されるべきである場合、資力の有無にかかわらず無償の弁護人依頼権が認められます。裁判書類を閲覧する権利、弁護人を通じての書類の謄写権も認められるということです。

【参考】水野陽一「刑事訴訟における被害者弁護について ドイツにおける議論を参考に」(『広島法学』36(1) 2012年)

映画のなかで、主人公がパソコンで、裁判の証拠として提出された画像や書類を見ていると思しきシーンがあります。これは、上記の謄写権によって、裁判書類をデータで受け取れたということでしょうか? 

◇◇◇

日本でも被害者等が刑事裁判に参加する制度はありますが、気になるのは「国選被害者参加弁護士の選定」の条件です。

裁判所のHPによれば、

「資力(※)が200万円に満たない被害者参加人は,国が報酬や費用を負担する国選被害者参加弁護士の選定を求めることができます。※資力とは,預金,現金等の合計額をいい,6か月以内に犯罪行為を原因として治療費等の費用を支出する見込みがあれば,その費用は資力から控除されます。」

とあるのですが、資力が200万円を超えていたら、国選弁護士はつけられないということになるのでしょうか。200万って低すぎないでしょうか。









[PR]
by chekosan | 2018-05-13 21:00 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
ドイツ系ユダヤ人画家フェリックス・ヌスバウムを紹介する本です。

同じ大内田さんの『ホロコースト 女性6人の語り部』で、本書の表紙にもなっている自画像を見て強烈に惹かれ、より詳しく紹介されている本書を読みました。

*『ホロコースト 女性6人の語り部』では、ヌスバウムの作品を集めた美術館の前館長のインタビューが掲載されています。

本書は、母と子でみるシリーズの一冊。このシリーズは写真たっぷりで、とてもいいんですよね。お世話になっています。


b0066960_15060690.jpg


ヌスバウムは、ドイツのオスナブリュックという街の裕福な家に生まれました。

父に応援されて絵の道を進みますが、ナチスのユダヤ人迫害で外国を転々とし、密告によって捕らえられて、収容所で殺されます。

ヌスバウムは、自分が死んでも作品は死なさないでと、友人たちに作品を預けます。

戦後ずいぶん経って、彼の作品が親戚の手に移り、故郷オスナブリュックで展覧会が開かれました。それをきっかけに残りの作品の所在も判明し、オスナブリュックに集結します。市民が寄付を集めて、常設の美術館もできました。

作品や生涯も興味深いですが、市民主導で、彼の作品と人生を後世に引き継ごうとしていることに感銘を受けました。

オスナブリュックのヌスバウム・ハウス、ぜひ行って、作品を生で見たいと思います。








[PR]
by chekosan | 2018-05-10 15:05 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
小さな本です。A5判よりも縦が短く、字も大きくて読みやすい本です。

女性ジャーナリストが、ホロコーストを語りつぐ女性6人を取材したものです。ホロコーストの生存者、博物館の責任者、歴史家など、さまざまな形でホロコーストの伝承や研究に関わっている人たちです。


ヘレナ・ニヴィンスカさんは、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の女性音楽隊のメンバーだった方。長い沈黙を破って、97歳のときに『強制収容所のバイオリニスト ビルケナウ女性音楽隊員の回想』を出版されました。


ベロニカ・ナームさんは、ベルリンのアンネ・フランクセンターの責任者。同センターは1998年に開かれました。ユダヤ人の視覚・聴覚障碍者を雇用したり匿ったりしたオットー・ヴァイト氏の作業場とともに、ホロコーストを考える場として多くの人が訪れています。

2016年夏にベルリンに行ったとき、私もその一角に行ったのですが、そのときは東独の跡めぐりを旅のメインにしていて、その2つのセンターには入りませんでした。同じところにある、アンペルマンショップでさんざ買い物をしておいて… その頃は、ホロコーストはまだあまり関心を持っていなかったのです… ベルリンは、遠くないうちに、また行かねばです。


ステファニー・ビルブさんは、ベルゲン・ベルゼン国立記念博物館広報責任者。ベルゲン・ベルゼンは、アンネ・フランクと姉が亡くなった強制収容所です。アクセスはよくないところですが、年間8万人が訪れるそうです。

ここで、イギリス軍による解放直後の写真が出てきます。ショックを受けやすい人は要注意な写真です。アンネたちが移された頃のベルゲン・ベルゼンは、非常に劣悪な環境で、亡くなった人たちを焼くこともできず、穴にそのまま放置されていたそうです。その写真です。


インゲ・ドイッチュクローンさんは、先述のオットー・ヴァイト氏の作業場で働いていました。たくさんの人の協力でホロコーストを生き抜いた経験を子どもたちに語り継いでいます。岩波書店から『黄色い星を背負って』という著作が出ているようなので、また読もうと思います。


マルタ・シャートさんは、歴史家・作家。40歳を越えてから大学で歴史学と美術学を学びます。記録文書の保管庫に通って、当時の史料を読み解き、ナチスドイツに抵抗した女性たちについて、著書『ヒトラーに抗した女たち』にまとめました。この本は日本語訳も出版されています。

ナチスに抵抗して断頭台で処刑された女性たちのなかには、抵抗活動をした人もいれば、『西部戦線異状なし』の作者レマルクの妹のように、ヒトラーの政治に対して異論を口にしたのを密告されただけという人もいたそうです。


最終章で紹介されているインゲ・イエナーさんは、ドイツのオスナブリュックにある、フェリックス・ヌスバウムハウスの元館長。故人です。この街の出身で、アウシュヴィッツで殺されたユダヤ人画家、ヌスバウムの絵を集めた美術館を盛り立ててきました。

ヌスバウムの名は知りませんでしたが、絵は何かで見たことがあるような気がします。とても惹かれる絵です。ヌスバウムハウスには、彼が友人たちに託した絵が170点所蔵されているそうです。先も触れたレマルクの出身地でもあるとか。これはぜひとも行きたいです。

ヌスバウムの絵、グルジアの画家ピロスマニとか、フランスの画家アンリ・ルソーとなんとなく、どこか通じるものがあるように思うのですがそんなことはないでしょうか。どちらも好きなんです。

と、小さな本ですが、ああ、ここにも行きたい、こんな本もあるのか読みたい、とたくさんの刺激をいただきました。

この夏はバルト3国に行く予定ですが、またドイツも計画しようかな。



b0066960_21325583.jpg





[PR]
by chekosan | 2018-04-30 21:39 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)