人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

人と本を読むこと

来年度、ゼミ形式でロシア・東欧に関する本をじっくり読む授業を計画しています。
そのうち、授業とは別に、本を通した集まりなどもしたいなあとも思っています。

新しい試みの前には先行事例を研究すべし。
ということで、参考になりそうな本を続けて読みました。

深川賢郎『仲間と読み深める読書会のすすめ』(渓水社 2006)
吉田新一郎『読書がさらに楽しくなるブッククラブ 読書会より面白く、人とつながる学びの深さ』(新評論 2013)
b0066960_2315239.jpg

『ブッククラブ』の方は、サブタイトルに「読書会より楽しく」とありますが、
まあでも読書会です。

ただし、先生が解釈をとうとうと述べるようなものではなく、
5~6人のグループで、自分たちで選んだ本を事前に読んで、
対等な立場で対話をすることを重視します。
最近さかんな「協同学習」の考え方を取り入れています。

小学校から大人まで、いろいろな場面で、
みなさんアレンジして楽しまれているようです。
事例が示唆に富んでいました。

特にスウェーデンの「学習サークル」の話には驚きました。
5人以上でサークルをつくって協会に登録すれば、
活動費の80~90%が国や地方自治体から補助されるというのです。
なんと人口の5分の1にあたる人々が登録しているとか。


『読書会のすすめ』の方は、高校の国語の先生をされていた方の著作です。
公立図書館の読書会の講師を10年100回以上続けられた経験をまとめています。

さすがに長く続けてこられただけあって、
メンバーの方たち、非常に濃い読書をされています。
事前準備や感想・意見もそれぞれの個性が発揮されています。
みなさんで取り上げた本の舞台に旅行もしたとか。
とても興味深く読みました。

後半は著者の読書ノートからまとめられたそうですが、
お題の本以外の文献も参照し、主題を深く、かつ発展的に読みとられています。
なるほどこんな風に広げられるのか、深められるのかと参考になります。

そして文章自体が綺麗というか、流れや勢いがあるので、
一気に読んでしまいました。

両者に共通しているのは、
参加者が対等であること、みんなに発言発表の機会があること、
正解を押し付けたりしないこと、でしょうか。


さて、私の新しい科目の構想ですが…

1~2週で、1~2作品を事前に読んできて議論、
その次の週までに関連事項を調べて発表、
そして短い書評あるいはレポートを作成、というサイクルで考えています。

分担は決めず、全員が全作品を通読して、
すべての課題にとりくむことを考えています。

分担を決めないのは、フリーライダーをなくし、
議論というか対話、会話を活発にするためです。

課題が多いのは、読みっぱなしにならないようにするため。
そして学習の成果を何らかの形で編纂したいからです。

取り上げる書籍は、全員が読みきれて、かつ発展性があるような、
社会的な問題を扱った文学やドキュメンタリー作品にしようかと思っています。

お互いすっごくきついだろうけど、
でもやりがいがある!楽しい!という授業にしたいです。^^


学外でやるときはこんなハードな授業授業したのは無理ですかね。^^;
by chekosan | 2016-01-25 23:59 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
今年度も滋賀大学教育学部で新聞を使った授業をご一緒してきました。
今回は2年生の「社会科授業研究」という科目です。

あらかじめ読んでおいた記事をグループ内で発表して一つの新聞に再編集します。
必須項目は、オリジナル紙名、メンバー名、作成日、記事の出典。
そして、今回からは「編集後記」を書くことを追加しました。
あとは自由。センスを問われます。

昨年度の4年生の作品を見本に展示したので、スムーズに始められました。

これに限らずそうですが、見本があると、とっかかりが速く、
それ以上のものを、と燃えてくるようです。
b0066960_1433822.jpg

で、みんながんばりすぎて、またまた予定時間オーバー。
この授業、時間があればあるだけがんばってしまうのが難。^^;
盛り込みすぎちゃう傾向があるんです。
今度から、記事の要約と意見で何字まで、と字数を限定しようかな。
b0066960_1442588.jpg

滋賀大生、いつもながら感じがよく、話をきちんと聞ける学生さんばかりでした。
学年は違うけど、その大学にはその大学のカラーみたいなものがありますね。
すぐに雰囲気をつかめました。



以下、余談…

配布資料にこのブログでも使っている似顔絵を入れておいたら、
授業後、イラストは自分で描かれたのですかと質問がありました。

このイラスト、とても気に入っているので自己紹介によく使うのですが、
イラストとして出来が良いので、必ず反応があります。

これは私が描いたものではなく、
前任校の先生の娘さん(当時高校生!)が描いてくださったものです。

で、似ているかどうかですが、
いただいた当時はそっくり(笑)、と周囲に大変ウケましたが、
最近は残念ながら自分でもちょっと離れてきている気がします。
そろそろ現在のバージョンが必要かな。^^;
by chekosan | 2016-01-15 14:22 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
個人宅や店舗・病院・事務所等の一角に、そこならではの本を並べ、
本を通して人をつなぐ場を提供するところが増えている。

礒井氏は、そうした本を介した市民の自発的な活動を後押しする、
「まちライブラリー」「マイクロ・ライブラリーサミット」の提唱者。
b0066960_10333028.jpg

森ビルの社会人教育事業に従事し、
六本木ヒルズに会員制図書館を開設、運営した実績のある礒井氏は、
2008年に実家が所有するビルの空き室に蔵書を並べ、
テナントや地域の人々が集い、学び合える場を開設した。
これが「まちライブラリー」の第1号。

「まちライブラリー」のコンセプトがはっきりするまでは、
チェーン店のような事業形態を考えたりもしたという。
そうなると資金や場所を確保しないと難しいし、収益を上げなくてはいけない。

しかし、図書館事業で収益を上げることが目的なのではなく、
自分は人と交流したい、学び合いたいのだということを確認したことで、
既にある空間を一部公開するのでもよい、本がなければ持ち寄ればいい、
使う人が育てて、その人たちの色が反映されるような場を創っていけばいい、
という発想に転換したという。

その後、同様の場を開きたいという声があれば自らバックアップに駆けつけた。
そうして大阪、神戸を中心に各地で「まちライブラリー」の開設が続いている。


「まちライブラリー」の特徴としては、
蔵書に感想カードをつけておき、読んだ人が感想を記していくというしかけがあるが、
それ以外は、空間の規模、蔵書の数や種類もまちまちで、きまりがあるわけではない。
名称やシステムを統一してチェーン化しようというようなものでもない。
b0066960_10483386.jpg


「まちライブラリー」以外の全国の小さな私設図書館=マイクロ・ライブラリーや
公立の図書館、大学図書館などとも情報交換して、互いの活動を支援し合い、
2013年からは年に一度、「マイクロ・ライブラリーサミット」を開催している。


私も「マイクロ・ライブラリーサミット」には2014年に参加した。
会場のまちライブラリー@大阪府立大学は、まさに理想的な空間である。
落ち着いた色調のインテリア、ほどよい広さ、特徴のある本棚。
b0066960_10421416.jpg

b0066960_10422385.jpg

   私がマイクロ・ライブラリーサミット参加時に提供した本 ↓
   誰が読んで感想書いてくれたかなあ~
b0066960_10423899.jpg


我が家は夫婦とも大学の教員なので、自宅や研究室は本だらけである。
自宅建設時には20本ほど書棚を造りつけたが、それも一瞬で埋まり、
それ以後に増えた分は二重に並べたり、床に山積みにしたりしている。

研究室があるだけ恵まれているとはいえ、蔵書が分散しているのは不便である。
あれがない、これがないということはしょっちゅうだし、
取りに行くくらいならもう一冊買うか…ということもある。

大学の研究室に集めてもっとオープンにしたいとも思うが、
いかんせん自宅から遠いので、私自身が通いづらい。

そのため私にとっての「一軍」な本は自宅に置いておくことが多くて、
研究室の本棚はベストな布陣ではなかったりする。


といって、退職後、すべての本が自宅に集結すると考えると恐ろしい。
数えたことはないが、おそらく万の単位に達するのではないか。

空間的な問題もあるが、それと同じくらい、
自分たちだけでこれだけの本を死蔵することはもったいないと思っている。

人の本棚は非常に個性が反映されて魅力的である。
その人の思考や嗜好、趣味や関心が手に取るようにわかる。

共通の関心が見いだせれば一気に話に花が咲くし、
自分には欠けている視野や分野を発見して、それについて教えてもらうのも楽しい。

公共図書館や大学図書館も、どんどん本を処分するご時世、
なかには手に入りにくくなっている本もあるかもしれない。
誰かに役立ててもらえるかもしれない。

私は書評サイトに読書記録をつけていて、
そこでのやりとりから何人かの読書友達を得ているが、
リアルな空間でリアルな本を前にすれば、さらに面白いことになりそうである。


「住み開き」といって、自宅や事務所などを一部公開して、
魅力的なイベントや集いを催している人たちもいる。

が、現在の我が家では、地理的な問題や生活スケジュール、
間取りの点等々から、いますぐ「住み開き」を実行する気はない。


そんなわけで、

自分も人も集いやすいところ、
あるいはいっそ不便でもリゾート的に行きたいと思えるところに、
マンションか一軒家を手に入れて本を集結させ、
勉強会を開催したり、だらだらとしゃべったり、
映画を観たり、コンサートを開いたり、
持ちよりパーティをしたりできないものか…

というのが長年の夢である。
いや、本気で考えている。



礒井純充
『マイクロ・ライブラリー図鑑〜全国に広がる個人図書館の活動と514のスポット一覧 』  (まちライブラリー文庫 2014)
『本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた』(学芸出版社 2015)
by chekosan | 2016-01-13 11:48 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
書評連載、1月分は「冬」「日本」をイメージして選びました。
酒井順子さんの『裏が、幸せ』です。

「裏日本」と言われる日本海側の地方の魅力を
さまざまな側面からユーモアを交えて語る一冊です。

この本を読んだあと、岸惠子さんの本を読んだら、
どちらにも登場したのが川端康成『雪国』。

『雪国』を持って、越後・湯沢温泉に行きたくなりました。

b0066960_16213428.png

by chekosan | 2016-01-10 16:25 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

流通科学大学図書館の2階グループラーニングルームで、
前期の一年生科目「文章表現Ⅱ」(担当:橋本・桑原桃音先生)で取り組んだ、
「おすすめの一冊」のPOP作品を、本と共に展示していただいています。


「おすすめの一冊」プログラムは、受講生それぞれが、これはという本を選び、
1200字程度の書評を作成し、POPでも表現するというものです。
 →大学HP記事
b0066960_224810100.jpg

     「おすすめの一冊」POP展示@流通科学大学図書館


POP作品は学園祭で展示し、来場者にお気に入りを投票していただきました。
(2015年10月26日記事)


このPOPコンテストの上位入賞作品は図書館の入り口に展示していただいています。
b0066960_22543416.jpg

     学園祭POPコンテスト入賞作品展示@流通科学大学図書館


書評は、全作品を図書館主催の書評コンテストに出品しましたところ、
1年生ながら、見事6人が入賞しました。おめでとう!
b0066960_225276.jpg

       大学図書館主催 書評コンテスト入賞者発表



さらに、学園祭にお越しいただいた井戸書店様には、
一点をお店オリジナルの帯に採用していただきました!(2015年12月1日に詳細)

b0066960_22583788.jpg

         山下菜月さんの作品 森絵都『カラフル』


同じ学生の作品を見て興味を持ち、本を手に取る学生が増えるといいなと思います。

来年度も図書館や書店様と連携して、読書推進の活動を展開したいと思います!
by chekosan | 2016-01-08 23:14 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
岸惠子さんの著作を読むのは初めてです。

女優・岸惠子が文章も書く人であることは知っていましたが、
危険地帯にも自ら出かけて行って取材されていたとは知りませんでした。

この本では、イスラエル、パレスチナ、バルト三国への取材旅行での体験談と、
岸さん自身の半生とをからめて書かれています。
b0066960_22143229.jpg

岸さんはもともと文学少女で、幅広く本を読まれていて、
とても美しく知的な文章を綴られます。

しかも、ただきれいなだけではなく、いい意味で攻撃的というか。
自信や自負に満ちています。

歴史的人物の子や孫、日本やフランスの大スターとのからみや、
バルト諸国やイスラエルのトップ政治家へのインタビューも興味深いですし、
日本人の働き方や諸外国とのつきあい方に対する批判的な観察は、
日本を離れてフランスで生きてこられた人だからこそ書けるものだと思います。

でも、普通の人々へのまなざしや接し方はとても温かく、
特にバルト三国での体験はじーんときました。

バルト三国の話が入っているので手に取った本ですが、
岸さんの魅力再発見でした。
主演映画「雪国」が観たくなりました。

で、最近、自作の長編小説を朗読劇にされて評判だというニュースを見たら、
なんと83歳! なのに全然変わっていない!  
ビックリな美しさ! 
こんな80代ありうるのかーー! (@_@)
by chekosan | 2016-01-06 22:18 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます。
年の初め、気軽に楽しめる一冊から読書記録をスタートします。^^

日本人からするとやたら長くて「滑稽」にも感じるロシア人の名前を取り上げて、
面白おかしく解説する本です。

その人物の略歴やエピソード、名前の由来や発音が簡潔に書かれているので、
特にその人物に関する知識がなくても楽しめます。
知っていれば人物の好き嫌いとは関係なく、より笑えます。
b0066960_19432151.jpg

ウケを狙ったおふざけな表現満載ですが、
ロシア語科できちんと学ばれたロシア好きの方が書かれているので、
ロシアへの愛が伝わって感じがよいです。

思わず声を出して笑ったのは
ショスタコーヴィチ、スターリン、ムソルグスキー、ロストロポーヴィチ、
ロジェストヴェンスキー。

ほほう~と参考?になったのは、
トゥハチェフスキー、スタルヒン、カラシニコフ、ディアギレフ。

「コーヒーと一冊」というシリーズの一冊です。
シリーズ名どおり片手に本、片手にコーヒー、三角座りで笑いながら読みました。

おかげで年末からのグズグズ風邪をちょっと吹き飛ばせたかな。
by chekosan | 2016-01-02 20:09 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
2015年は、私にしてはがんばって映画を観に行きました。
過去の作品はDVDを購入したりして自宅でゆっくり観ました。

実は映画館で映画を鑑賞するのはちょっと苦手です。
あの閉じ込められ感、大音量が肉体的につらいんです。

でも最近の映画館は快適に造られているし、
私が観たいと思う映画は小さな劇場でしかやらなくて、お客さんも少ないので、
ずいぶんしんどくならずに観られるようになりました。v^^

エンターテインメント性の高いもの、大スペクタクルもの、
話題の大ヒットものなどには関心がわかないので、
暗い、渋いの中心になりました。

映画は今後もそんなに幅広く観る気はありませんが、
ロシア東欧ものや、社会問題を扱ったもの、美術系のもの、
そして受講生から「こんなのも良かったですよ!」
と教えてもらうものなどをどんどん観たいと思います。

b0066960_14213237.jpg

以下、レビューのまとめ。

ロシア・東欧に関係のあるもの
独裁者と小さな孫」(マフマルバフ監督 2014年)
善き人のためのソナタ」(ドナースマルク監督 2006年)
裁かれるは善人のみ」(スビャギンツェフ監督 2014年)
戦場のピアニスト」(ロマン・ポランスキ監督 2002年)*DVD
民族の祭典」(レニ・リーフェンシュタール監督 1938年)*DVD
カティンの森」(アンジェイ・ワイダ監督 2007年)*DVD
ふたつの名前を持つ少年」(ペペ・ダンカート監督 2013年)
英国王給仕人に乾杯!」(イジー・メンツェル監督 2006年)*DVD
12人の怒れる男」(ニキータ・ミハルコフ監督 2007年)*DVD
幸せのありか」(マチェイ・ピェプシツァ監督 2013年)


美術系
ターナー、光に愛を求めて」(マイク・リー監督 2014年)
ナショナル・ギャラリー」(フレデリック・ワイズマン監督 2014年)


そのほか
サンドラの週末」(ジャン=ピエール&ダルデンヌ監督 2014年)
グローリー 明日への行進」(デュバーネイ監督 2014年)
海の上のピアニスト」(トルナトーレ監督 1998年)*お借りしたDVD
by chekosan | 2016-01-02 14:24 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)

2015年の読書メーター
読んだ本の数:117冊
読んだページ数:29279ページ
ナイス数:3342ナイス


うーむ、恐ろしく忙しかったわりには健闘したと言えるでしょうか。
多少余裕があったように記憶する2014年の記録とそうかわりませんでした。


では、月ごとの傾向は…


b0066960_1226545.gif


見事に授業期間中が少ない…!
2016年はこの期間の読書量も増やしたいところです。


質的には、私としては、10月頃からいい感じになってきたと思っています。
同志社の「ロシア・東欧地域研究」の授業で、
毎回おすすめの本や映画を何本かずつ紹介したので、その系が増えてきています。

16年度はさらにロシア・東欧関係の科目が増えます。
こちらは、ロシア・東欧に関わる本を精読し、
かつ発展的にどんどん読んでいくというゼミ的な授業にするつもりなので、
ますますブログタイトルにふさわしいラインナップになる予定です!!


もちろん幅広いテーマのものも、たくさん読みますよ~♪



なお、読書メーターのマイルールはなんとなく次のような感じ。
厳密ではありません。

・はじめから終わりまで一気に通読したもの 
・授業や論文で部分的、散発的?に参考にしたものは含めない
・漫画は入れたり入れなかったり 


以下は月ごとの記録です(再掲)。

2015年1月読書メーター

読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4531ページ
ナイス数:700ナイス

2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2614ページ
ナイス数:457ナイス

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4252ページ
ナイス数:232ナイス

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:813ページ
ナイス数:103ナイス

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1034ページ
ナイス数:94ナイス

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2475ページ
ナイス数:128ナイス

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1234ページ
ナイス数:138ナイス

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:5032ページ
ナイス数:515ナイス

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1871ページ
ナイス数:275ナイス

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1252ページ
ナイス数:174ナイス

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2982ページ
ナイス数:337ナイス


2015年12月の読書メーター

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1189ページ
ナイス数:188ナイス
by chekosan | 2016-01-02 13:10 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
12月は論文〆切があって振るわず! 物足りない! >3<
なんとなく論文の参考文献は別枠な気がするのです。

2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1189ページ
ナイス数:188ナイス

東京近江寮食堂東京近江寮食堂感想
失踪した夫を探して滋賀から上京した還暦女性が、滋賀の料理を通して自分や周囲の人の人生を少しずつ変えていくなんて筋書、滋賀県人以外の読者に受け入れられるのかなあと心配したが、レビューを見るとおおむね好意的に読まれているようで良かった。ありがちな展開だが、終盤は結構うるうる。毎日のごはんきちんと食べて、しっかり生きよう。とはいえ、ここに出て来た料理、私はお店でしか食べたことないので、実はそんなにピンとこない。^^;だってなんでも普通においしいし。特にお米! お米は絶対近江米! ほかより絶対おいしいです!   
読了日:12月29日 著者:渡辺淳子



学校では教えてくれない!  国語辞典の遊び方学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方感想
前半は国語辞典がいかに個性豊かであるかを愉快に解説している。辞典を読み比べる楽しさや複数持つ意義が伝わる。思わず何冊か買いに走りたくなる。後半は主要な国語辞典を男の子キャラ化して紹介。著者自身も書いているが、前半とほぼ重複している。前半、後半どちらから読んでも大丈夫だが、私は前半の方が面白かった。岩波や三省堂の辞典編纂者も新書を出しているので併せて読むと一層面白い。
読了日:12月28日 著者:サンキュータツオ


チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)感想
チェルノブイリ原発事故で深刻な被害を受けたベラルーシの人々の証言から、衝撃的にずさんな実態があぶり出される。しかし当時もテレビでゴルバチョフは「すべて良好、すべて制御できている」と演説していた。「これもやはり一種の無知なんです、自分の身に危険を感じないということは。私たちはいつも<われわれ>といい<私>とはいわなかった。でも、これは<私>よ! <私>は死にたくない、<私>はこわい。チェルノブイリのあと、私たちは<私>を語ることを学びはじめたのです、自然に」という語りが印象的。
読了日:12月24日 著者:スベトラーナ・アレクシエービッチ



大学教育改革と授業研究―大学教育実践の「現場」から大学教育改革と授業研究―大学教育実践の「現場」から感想
著者は大東文化大学の学長も務めた教育学者。第Ⅱ部の著者自身の授業改善の試みも面白いが、第Ⅰ部の大学の授業改善(FD)についての概観や授業研究の課題の部分が参考になった。第Ⅰ部3章「大学における授業研究の展開 主な関連書籍を一挙書評」で、宇佐美寛氏の著作を数冊取り上げ、しっかり読んでレポートを書くことを反復させる宇佐美氏の授業の方法を初年次教育や導入教育で必修化すると大きな意味を持つのではと評価している。同意。
読了日:12月16日 著者:須藤敏昭



【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話 (宝島社文庫)【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話 (宝島社文庫)感想
オーボエ息子が中学校の図書室から借りてきてくれた。本編で書ききれなかった主要登場人物たちのエピソードを短編で補っている。楽器や音楽の話はほぼ無し。共学の高校ってこんな感じかあ、青春だなあ〜と微笑ましくさらさらっと読了。作者が京都の人なので、京都弁が自然で読みやすい。アニメは見ていないけど、そのあたりどうなんだろう。そういえば、京阪がアニメのラッピング電車を走らせているのを目撃したなあ。(^^)
読了日:12月7日 著者:武田綾乃



読書メーター

by chekosan | 2016-01-02 12:10 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)