人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

カテゴリ:ラトヴィア( 1 )

バルト3国の旅は、美しく魅力的な街を堪能しつつ、「ダークツーリズム」の方も進めました。

リガに落ち着いて、まずはKGB博物館へ向かいました。

内部見学ツアーに間に合うよう、せっせと歩いていると、息子が「なんかあるで!」と地べたのプレートを見つけてくれました。


b0066960_22024469.jpg


ユダヤ人がかつて居住していた場所にプレートを埋め込むという活動があって、リトアニアでも見つけたので、ラトヴィアにも広がっているのかなと思ったら、ちょっと形が違います。


プレートが示しているらしきところには、空き地を利用した駐車場しかありません。でもホロコーストと関係があるのはわかったので、とりあえず写真を撮って、先を急ぎました。



b0066960_22072671.jpg


結局、この日はKGB博物館の内部見学ツアーは満員で入れなかったので日を改めて予約。その様子は別途。

ーーー

そのあと、いろいろ回って、この場所のことをちゃんと調べられずにいました。


あらためて写真を拡大して、端っこに刻んである文字から調べてみたところ、ホロコーストからユダヤ人を救ったリプケ一家を記念するメモリアルが2014年に埋め込んだものであろうことがわかりました。

別の場所に、リプケ氏を記念する博物館があることも判明。

うわ~、すぐに調べて行けばよかった! あとの祭り。仕方ない。日数的にも足りなかったし。またラトヴィア行くぞ!

ーーー

なお、メモリアルに関しては後日、こんな記事も発見しました。

◆Rigans of the Year 2013 にガイリス元首相 11月18日,Rigans of the Year 2013 が発表され,元首相(1994年9月~1 995年12月)で企業家の Maris Gailis,その妻で建築家の Zaiga Gaile 両氏が選 ばれた。リガ市の文化遺産保護への多大な貢献と,第二次大戦期に多くのユダヤ人の命 を救ったジャニス・リプケ(Zanis Lipke)氏を記念する博物館を設立したことが授賞理由。
https://www.lv.emb-japan.go.jp/files/000165260.pdf


ーーー

プレートが指し示していた場所自体は、ユダヤ人を匿った場所の一つということだと思いますが、詳細はまだ調べられていません。また、おいおい。。。

ーーー

翌々日、リガにおけるポグロム(ユダヤ人への暴力的迫害)の現場を訪ねました。

ドイツがラトヴィアに侵攻すると、数日の間に、ラトヴィア人団体によるユダヤ人への暴力、虐殺行為が行われました。

そのなかでも象徴的な事件が、1941年7月4日のゴーゴリャ通りの大コーラル・シナゴーグ焼き打ちです。

焼け跡は、戦後、公園に整備されましたが、1990年代に建物の基礎をあらわし、メモリアルとしてデザインし直されたようです。


b0066960_22462367.jpg

いまでも、普通の公園としても使われているので、ベンチや木陰もあって、静かな一画となっています。


b0066960_22473031.jpg

再建?されたものだからか、内部というか、奥の方にも入っていけます。


b0066960_22484629.jpg

信仰の施設であり、人が亡くなったところなので、入ってもよいとはいえ、神妙な気持ちになりますね…



石碑と説明板があります。

b0066960_22493898.jpg

火を点けられた日が刻まれています。


b0066960_22503524.jpg


悲劇の現場ではあるのですが、ユダヤ人を命を懸けて匿った人たちの記念碑もありました。


b0066960_22522380.jpg

先ほどのリプケさんを中心に。


b0066960_22531200.jpg

リプケさんは顔つきです。


b0066960_22535256.jpg

ラトヴィアのユダヤ人はほとんどが殺されたり、強制収容所に連れていかれたりしたのですが、わずかとはいえ、救ったひとと救われた人もいたのでした。

ホロコーストの博物館は別のところに大きなものがあるので、別の日に行きました。そちらもまた別途。


参考:

ラトヴィア外務省のサイトラトヴィアのユダヤ人の歴史をまとめたものを読むことができます。

ラトヴィアにおけるホロコーストについては、野村真理「1941年リーガのユダヤ人とラトヴィア人:ラトヴィア人のホロコースト協力をめぐって 前編 」「同 後編」 に詳しいです。


つづく。





by chekosan | 2019-06-04 23:16 | ラトヴィア | Trackback | Comments(0)