中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

カテゴリ:書いたもの( 48 )

夏にリトアニアで見てきたホロコースト関連の「現場」の保存と公開について小論をまとめました。


リトアニアにおけるホロコーストの記憶」流通科学大学論集 第30巻2号 2018年1月発行。
本文はこちらからオンラインで読んでいただけます


ここ2、3年、「過去をどのように伝えるか」「負の遺産を現在と未来にどう生かしていくか」「教育、文化施設は政治的・歴史的関心をどう扱っているのか」という関心をもっています。

2016年度は学内の助成を得てベルリンとプラハを訪問し、そのうちベルリンの国家保安省関連施設についてまとめました。なぜかアクセスしてくださる方が途切れず驚いています。ドイツはやはり層が厚いのか? 「負の遺産をどう伝えるかー旧東独のシュタージ(国家保安省)関連施設の事例ー


2017年度も学内の助成を受けることができ、夏にリトアニア、先週はポーランドに行くことができました。研究課題名は「初年次教育と専門教育を架橋する中間教育構想ー国際理解能力育成の視点から」です。

これは他大学に勤めている某M君との共同研究で、彼とは研究や教育上の関心と対象地域が重なっているので、近いうちに成果を著作にまとめようと計画しています。その一環です。


リトアニアには、杉原千畝氏の領事館跡を訪ねる目的で行きました。日本における杉原の受容の変遷と現状をまとめようかと思っていましたが、行ってみると「第9要塞」や「パネリアイの森」、旧ゲットーの地区といった現場や、各博物館の展示のあり方に強い印象を受けました。リトアニアという土地にもかなり魅了されました。そこで、杉原関連の記述はごく一部にして、リトアニアでのホロコースト関連施設の現状を概観するものにしました。

冊子の方にもかなりクリアな写真を載せられたのですが、いかんせん白黒なので、またブログでカラー写真と共に補足などをアップしていこうと思います。

ということで、今回は、この論稿には使わなかった写真を少し。

カウナス(杉原千畝氏が領事館を開いていた街)のはずれにある第9要塞です。ドイツが侵攻したとき、ここで5万人が殺されました。いまは要塞の屋根を緑が覆っていて、丘と一体化しています。



b0066960_12131834.jpg

同じく第9要塞の丘に、ソ連時代(リトアニアではこの時代も「占領」と表現します)に造られた、8階建てビルに相当する高さのモニュメント。ソ連のつくるモニュメントはとにかく大きいですね、どこも。でも、写真ではあまり巨大さが伝わらないなあ。


b0066960_12151753.jpg




[PR]
by chekosan | 2018-02-13 12:21 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
ポーランド行きの前日に仕上げ晴れ晴れと出発した今月の書評です。

道徳やモラルって適当な思い込みや偏見で語られがちです。
マッツァリーノ氏の本はクリティカルに考える視点を与えてくれます。





b0066960_10395123.jpeg

[PR]
by chekosan | 2018-02-11 10:43 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
関西ウーマンに毎月第2土曜に連載している「信子先生のおすすめの一冊」、
今月は、家族で楽しめるイラスト図鑑『ざんねんないきもの事典』です。

電車で読むと、へえええええ~!!と声に出せないので、
ぜひお家でゆっくりくつろぎながら♪

「ざんねんな」というタイトルですが、むしろ、スゴイ!の連続です。
進化って、いきものって、多様やわ~~! 世の中知らないことだらけ~!と興奮しますよ~。


関西ウーマン信子先生のおすすめの一冊『ざんねんないきもの事典』



b0066960_11281415.png

[PR]
by chekosan | 2018-01-13 11:34 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

「信子先生のおすすめの一冊」@関西ウーマン、12月分が公開されました。


今月のおすすめの一冊は、広島で20年!続いている読書会の記録です(刊行は10年経過時点)。
縛りのない、地域での読書会が、そんなにも続いているなんてすごいことですよね。
会の進め方、本の読み方、とても勉強になる本です。

私の場合は、以前から、学生におすすめの本を紹介したり、
逆に学生からおすすめの本を教えてもらったりしてきました。

それによって思いがけないジャンルの本との出会いを得たり、
気になりながら放置していた本を、学生が取り上げたからには、
と一気読みすることもよくあります。



ここ数年は、読書記録をSNSやブログで残すようになりました。
それをきっかけにお友達になった方が何人もいます。

そうした方とは、ほかの点でも共通の趣味や好みがある場合も多く、
本以外のお話しも弾みます。


でも、やはり直に会ってあれこれ話すのは、より楽しいですよね。


そこで、昨年から同じ本をみんなで読む授業を開講しました。

これは本当に楽しい。


私が「教える」というのではなく、ほんとにみんなであれこれしゃべるだけ。

そういう授業が成り立つには、
それだけの素地と意欲のある学生が登録してくる必要があるのですが、
昨年も今年も、そのような学生たちと出会えています。
そうした場をもてることに感謝しています。





b0066960_15380514.png


[PR]
by chekosan | 2017-12-09 15:39 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
いつもおすすめですが、今月の本は真っ向勝負でおすすめします。

チェルノブイリ原発事故から10年後に書かれた人々の証言。
見えない敵の恐怖と終末観。なのに、いやだからこそか、不思議な美しさを感じる作品です。

関西ウーマン書評連載「信子先生のおすすめの一冊」11月分が公開されました。





b0066960_22031945.jpg

[PR]
by chekosan | 2017-11-11 22:04 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

2回、3回と読むたびに、強く共感したり、さらなる発見があったり、より近づいていける気がしてきています。

すべての時間と体力をがむしゃらに研究だけに注ぎ込める若い時期と違って、家族ができたり体力が落ちたりすると、力技による無理ができなくなってきます。

そうしたときに、東さんは、新しい視点や関心を得るには、いつもと違う場所へ行くと良いと気づいたといいます。

いつものスマホに流れてくる同じようなメンバー、同じような情報源からの情報で固まっていないで、場所を変えてみる。それだけで見えるものが変わってくる。

若い人にも年を重ねた人にも、今の状況に閉塞感を持つ人にはもちろん、充分満ち足りていると思っている人にもおすすめします。



b0066960_15032498.png

[PR]
by chekosan | 2017-10-14 15:09 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

関西ウーマン「信子先生のおすすめの一冊」、9月は中野京子さんの「怖い絵」シリーズです。

ただいま、兵庫県立美術館で、この本にちなんだ展覧会が開かれています。
7月22日から始まり8月30日には入場者15万人を突破しました。

キャッチコピーは『その闇を知ったとき、名画は違う顔を見せる。』

……「怖い絵」といっても、悪魔や人殺し、戦争といったわかりやすいものだけではありません。現代の私たちには考えられないような残酷な風習や習慣が反映されている「怖い」絵もあれば、ダヴィッドのスケッチのように人の心の闇の部分やよこしまな気持ちを露わにしているという点で「怖い」絵もあります。……

書評本文はこちらからどうぞ。


b0066960_14331054.png



b0066960_14334590.jpg



[PR]
by chekosan | 2017-09-09 14:38 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
「関西ウーマン」に掲載していただいている書評「信子先生のおすすめの一冊 」、今月は故・米原万里さんの『旅行者の朝食』です。食べものにまつわるエッセー集です。

米原さんの本のタイトルはひとひねりあるものが多いですが、本書もそう。表題の意味は米原さんの本でぜひ確かめてください。


b0066960_11560683.png




ところで、今月から書評にもタイトルが付くようになりました。「コイとハルヴァと少女と私」。米原さん風に、こちらもいろいろ掛けてあります。(=´∀`)

ちなみに、私が見つけたハルヴァをこっそりアップしておきます。食べた感想は、、、書評本文で!


b0066960_11481490.jpg



b0066960_11485201.jpg

[PR]
by chekosan | 2017-08-19 11:47 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

月イチ書評連載@関西ウーマン、アップされました。今月は劇作家の平田オリザさんの本です。講演を聴いて、すぐに手に入れ、一気に読みました。その魅力の十分の一も伝えられていないかも。ぜひぜひ本を手にとって読んでください。



本文はこちら↓
https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201134


b0066960_20065365.png


[PR]
by chekosan | 2017-07-09 20:08 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)

月イチ書評連載@関西ウーマン、アップされました。今月は美術館の本にしました。先月も展覧会を楽しんできた兵庫県立美術館の実践がたっぷり。世界のおすすめ美術館紹介も。

兵庫県立に限らず、最近の美術館博物館は、ずいぶん気軽に楽しく学べる場になっています。学芸員に対する残念発言がありましたが、いやいや逆、学芸員や司書やアーキビストといった職の専門性をもっと尊重すべき。存分に腕をふるって活躍していただかねば。


本文はこちら↓
https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201102



b0066960_22034625.png

[PR]
by chekosan | 2017-06-10 22:04 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)