人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

映画「イーダ」(2013年 ポーランド) イレーナ・センドラー、ウッチ、コルトレーン

買いためたディスクをせっせと消化する月間。授業の進展に合わせて、観る映画も時代が下っていっています。( ´∀` )

映画「イーダ」は1962年のポーランドが舞台。カトリックの修道女見習いである少女が、いよいよ修道女になる前に、実の叔母に会いに行くように修道院長から言われます。

彼女は、叔母から自分がユダヤ系であることをこのとき初めて聞きます。

両親の墓参りをしてから修道女になりたいと叔母に頼み、2人で故郷を訪ねますが、衝撃の過去が明らかになっていきます。

すべてを知った叔母と少女は…

というお話。


b0066960_20004889.jpg

そんなにメジャーではないと思われる映画ですが、あらすじきから使われている音楽の詳細まで、書きすぎではというくらい語りつくしているサイトがいくつもありました(笑) なんかそうしたくさせる映画なのですかね。

この映画、とにかく絵的にたいへん美しいです。モノクロです。プリンタの印刷設定でいうと「グレースケール」という感じ。人物を下の方に小さく配置し、上部空間をたくさん映します。それがなんとも雰囲気を出しています。


物語としては、イーダの成長物語でもあり、ポーランドの抱える二つの闇を静かに晒していく物語でもあります。

その闇とは、一つはポーランドの普通の人びとによるユダヤ人迫害であり、もう一つは社会主義時代に行われた「人民の敵」に対する抑圧です。

イーダの叔母さん、ヴァンダは、この二つの闇を体現、体験してしまっています。

キツイ美人の元検事、いま判事。ヘビースモーカー、夜な夜なお酒をあおって、男性とその場限りの関係を持つような生活をしているのですが、それというのも、彼女は一方で抑圧の被害者でもあり、他方では加害者でもあったのです。

修道院育ちで世間を知らず、終始無表情、真っ白なイメージのイーダとは対照的ですが、大きな傷を抱えて苦しみながら生きてきた叔母と心を通わせるシーンが痛々しくて切ないです。

この叔母さんがとても惹かれる人物造形なのですが、なんとモデルがいるそうです。こちらの監督インタビューで言及されています。




ところで、映画の終盤、叔母さんが並べて見入っている写真のなかに、ある女性の写真が出てきます。それも明らかにそこに目が行くような撮り方をしています。

その女性とは、ワルシャワ・ゲットーからユダヤ人の子どもたち2500人を救出する活動に従事したイレーナ・センドラーです。

↓この写真↓ 

b0066960_20535865.jpg














なんの説明もなく写真が出てきていることで、ポーランドではその写真を見れば、その人が誰で、何をした人であるかがわかり、その写真が出てくることがどういう意味を持つのかがわかるのだな、ということがわかりました。

本ブログでセンドラーについて書いた記事は、ほぼ毎日、コンスタントに訪問していただいています。テレビで紹介されたりはしているようですが、日本語の資料が少ないのですよね。



この映画、寂れ感がたまらなく良いのですが、ウッチで撮影されたようです。正確にどの部分がそうなのかは確認していませんが、エンドクレジットで強調されています。

ウッチは戦中まではユダヤ人がたくさん住んでいて、ゲットーがつくられた街でした。この夏はワルシャワとウッチにホロコーストの跡を訪ねようと思っていたところなので、ロケに使われたところも探してみたいと思います。

追記:下の記事で特定されています。行ってみよ!



映画のなかで印象的に使われている、コルトレーンのバラード。かっこいい…









トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/29477890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2019-06-17 21:14 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)