中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

書評『荒木飛呂彦の漫画術』@関西ウーマン信子先生のおすすめの一冊

今月の書評は「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦さんの本にしました。

私は2年前まで、「ジョジョ」については書名を知っている程度でした。学生や子どもたちが絶賛しているのを聞いても、「ふ~ん」でした。

ところが2017年に大阪で開催された美術展「ルーブルNo.9」展に出品されていた荒木さんの絵を見てから、にわかに興味をもつようになりました。先日、代表作「ジョジョ」連載30周年(2017年)を記念した原画展にも行ってきました。




原画展も面白かったので、荒木さんが書かれている新書を数冊買ってさっそく読んでみたところ、本書には、ご本人が書かれているとおり、「漫画に限らず、もっと普遍的なハウツー」がちりばめられていて、ガシッとハートを掴まれてしまいました。

ジョジョをほとんど読んでいない私でも、仕事に取り組む姿勢など、たいへん参考になりました。荒木さんのファンでなくとも得るものが多い一冊です。

「関西ウーマン」Facebookページで引用していただいている文章の「ドオオオオン」は、もちろんジョジョ風です(笑) 
https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201492



b0066960_17080879.png

トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/29183034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2019-01-12 17:17 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)