中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

「ミラクル エッシャー展」に行ってきました

大好きなエッシャー。これまで何度も展覧会に行っていますが、またまた行ってきました。会場は、大阪のあべのハルカス美術館です。

b0066960_10392777.jpg


ここ数年で、展覧会も様変わりし、ただ絵やら古いものを並べているような企画はなくなりました。
変わったテーマとか、写真撮影OKとか、何か作れるとか、あれやこれやと工夫が凝らされています。

エッシャーの場合、不思議図形とか、ありえない構築物などが代表作なので、以前別の場所で開催された展覧会では、「エッシャーの絵のなかに入ってみよう!」「エッシャーの階段をつくってみよう!」という体験コーナーがありました。


今回も、展覧会会場前から楽しそうな仕掛けが。

おわかりいただけるでしょうか。球体に写る自分を描いたエッシャーの自画像をマネできるという撮影スポットです。球がピカピカじゃなくて、説明しないとわからない図になってしまいました(笑)


b0066960_10403808.jpg


これだけでも結構楽しいのですが、会場内には、エッシャーの絵の中に入って動画が撮れるというコーナーが!!!!

幸い待ち時間もあまりなく済みそうだったので、友人と「どう動く!?」とわくわくしながら相談しました。

撮影時間は10秒。案外、長く感じます。

撮影が終わったら、2回、画面に動画が流れるので、それを録画して持って帰れます。
データで取り込めるQRコードは故障中ということで残念でしたが、できたのがコレ。




展覧会のお楽しみ、ミュージアムショップでの収穫はこちら。

ただの罫線のノートが一冊650円とえらいこと高かったのですが、コレクションしているA5ノートで、しかも、でんぐりでんぐりの表紙ときたら買わないわけにはいきません。A5ノートは、日々のTodo & アイディアノートとしてどんどん使っているので、惜しくない!(でも高い…)

そして、非クリアファイル。非クリアだと使い勝手が悪いので、決して集めようとしているわけではないのに。ついつい買ってしまって、すっかりコレクション化してきています。



エッシャーはわりと展覧会の頻度が高いので、すでに見たことがある作品も多数でしたが、今回は若い頃からの作品も含め、風景やか人物といったテーマに沿って並んでいたので、お初な作品も多数でした。

やはり後期の不思議な図形系が洗練されていて面白くて好きですが、エッシャーという作家の画風、作風の移り変わりも知ることができてよかったです。(^▽^)/






[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28866110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-11-21 10:56 | 美術 | Trackback | Comments(0)