中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

映画「黒猫・白猫」(クストリッツァ監督 1998年)

エミール・クストリッツァ監督の1998年の映画「黒猫・白猫」を観ました。
クストリッツァ監督の「オン・ザ・ミルキーロード」がとても面白かったので。

「黒猫・白猫」は、ハチャメチャドタバタ喜劇で、絵面もわりとババチイんですが、ぎりぎり嫌にならずに楽しく観れる線を追求している感じです。私はババチイ画面は好きではないのですが、最後まで楽しめました。それどころか、何度か声を出して笑ってしまいました。



まったく予習せずに見始めたところ、あれ?言葉がまったくわからない。これってユーゴが舞台だったんじゃないの?と思ったら、ドナウ河岸に住むロマの人たちのお話でした。

そのうち、いろんな言葉が飛び交います。明示されていませんが、ブルガリア国境が近いセルビア東部あたりが舞台のようなので、セルビア語やブルガリア語、ロシア語などが使われていたのかな。



ドナウ川というヨーロッパを代表する大河には、ロシア船やドイツ船など、いろいろな国の船が行きかいます。ロシア船が来ると一斉にボロい船が出て、船員と家電や動物の角、石油などを売り買いするのですが、その支払いはマルクだったりします。なんだか皮肉というか。そして、一攫千金ばかり夢みる主人公の父親はだまされてカスを握らされています。

ドイツの船ではフォーマルな装いの男女が船上でウィンナーワルツを踊ります。それを憧れの目で追う若いロマの青年。彼らの家はおんぼろで、トイレも共同の(?)ボットン便所だったりするのですが、卑屈にならずにたくましく生きています。



終始楽しげな映画ですが、だからといって貧しくても楽しけりゃOKとか、あるいはお金さえ手に入ればいいんだということを言いたいわけではないということを、青年の祖父の一言が表しています。祖父は、「ここには太陽がない」と彼の旅立ちを後押しします。



クストリッツァ監督の映画に特徴的といわれる音楽と動物の多用も良かったです。

豊満な女性歌手の声がとっても魅力的! この人がまたわけのわからない特技を披露するし。なんて素晴らしいお尻!

猥雑で、でも思わず踊り出したくなる音楽やダンスシーンの数々。

ひゃあ~~という感じで群れをなして右往左往するガチョウ、団扇をあおがされるネズミ、飛んでくるヤギ(このシーン、むちゃくちゃ可愛い)、車をむしゃむしゃ食べる豚たち、そしてタイトルにもなっている黒猫、白猫が、かわいくて重要な役を果たしています。



低身長の女性がチビチビ言われるところだけは、ちっちゃいものクラブの私としてはちょっと悲しい気分になったのですが、この女性の目がえらく鋭くて魅力的で、そして大活躍するんです。その小ささが最後にはプラスに働いて、終わりよければすべてよしでした。



社会風刺は入れていない喜劇ということですが、それでもいろんなことを読み取れるつくりになっているなと思います。そんなこと何も考えずに笑いっぱなしで見てもよいかと思います!





b0066960_18160349.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28638839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-09-07 18:54 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)