人気ブログランキング |

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan

杉原千畝の足跡をたどる旅(2) 八百津小学校「人道の部屋」と千畝のバラ

2018年8月2日から3日かけて、杉原千畝の足跡をたどる旅・岐阜編に行ってきました。

八百津町ファミリーセンターで、「杉原ウィーク」の展示や図書室を見学したあと、1階の教育委員会で杉原関連の資料の入手についてお聞きし、さらに、新聞報道で見ていた八百津小学校の「人道の部屋」を見学できないか尋ねました。

その場ですぐに電話してくださり、教育委員会の職員さんご案内のもと、内部を見学させていただけることになりました。

玄関で校長先生が迎えてくださって、掲示物などをていねいにご説明くださいました。

杉原とホロコーストに関する資料や調べ学習の成果物を中心に、マザー・テレサやマララ・ユスフザイさんなど人道、人権にかかわる活動で著名な人々についても展示してあります。

図書室につづく教室を一室丸ごと使っています。予想以上にぎっしりと密度が濃くて驚きました。


b0066960_14560614.jpg

杉原やマララさんなどに関する本が並びます。


b0066960_15010967.jpg

児童による学習成果物も展示してあります。地球儀には、ユダヤの人々が逃れてきたルートを示してあります。地理感覚も育ちそうですね。


b0066960_15013361.jpg


八百津小学校では、毎年、児童による演劇が公開されています。その衣装や舞台の写真も飾ってありました。演劇のプロの方に脚本を依頼し、指導を受けている(演出してもらっている?)とのことで、ずいぶん本格的な舞台のようです。ファミリーセンターで一般に公開されるそうなので、なんとか見に行けないものかと思っています。



b0066960_15015613.jpg


b0066960_15023451.jpg

杉原が通過ビザを大量発給した背景を説明するパネルもあります。


b0066960_15025509.jpg



このほかにも、校長先生による見事な書(杉原の言葉など)や、杉原関連のものなど、所狭しと、しかし、見やすく展示してありました。

この部屋を訪問してスタンプを集めると、校長先生からオリジナルグッズをいただけます。子どもって、スタンプやグッズ、好きですもんね。私も大好きです(笑) 

ということで、私も押させていただきました。それも、家族分とか言いながら4つも(笑) 

そして欄は埋まっていないのですが、校長先生から下敷きやしおりをたくさんいただきました! 嬉しい!


b0066960_15133094.jpg

玄関にも、児童たちの舞台写真などが飾ってありました。


b0066960_15170648.jpg

b0066960_15172517.jpg



前庭には、杉原をイメージした新種のバラと、アンネのバラが植わっています。

杉原のバラは「クラージュ」という名前がつけられていました。フランス語で「勇気」の意味だそうです。いまはまだ、小学校と花フェスタ記念公園に3株ずつ(だったと思います)しかないそうです。


b0066960_15185843.jpg

いい景色ですね。山を見て育つのは絶対に子どもたちにいい影響を及ぼすと思います。




と、写真を撮っていたら、


校長先生から千畝バラの苗を譲っていただいてしまいました!!


b0066960_15232339.jpg

バラは、猛暑のなか、自動車のなかで旅を共にし、我が家に来てくれました。


b0066960_15251770.jpg



2日後くらいには、早くも白いきれいな花が咲きました。


b0066960_15264426.jpg


8月12日のバラの様子です。大きく育てて増やしたいな!




b0066960_15291704.jpg


b0066960_15293668.jpg

つづく



トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28556440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-08-13 15:33 | 杉原千畝 | Trackback | Comments(0)