中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

「文章表現Ⅱ」最終年度の授業が終わりました@流通科学大学

流通科学大学の初年次科目「文章表現Ⅱ」の授業がすべて終わりました。

今年も新聞投稿や書評コンテストへの応募、おすすめの一冊のPOPで、「読み、考え、表現する」一連の学びを作品の形にすることができました。

とくに、今年はグループワークやプレゼンテーションの機会を増やしました。

やはり反復は大事ですね。プレゼンテーションに苦手意識があった学生も、段階を追って準備し、少人数に向けてであればできるという自信をつけてくれました。

クラスメイトが集中して、真剣に聴いてくれたので発表しやすかった、反応があって嬉しかったという感想が多数あったことも喜ばしいことです。

「プレゼンテーションは、発表者だけで行うものではない、発表者と聴衆双方で作り上げるものだ」と説いたことをきちんと体現してくれました。


一番大きな課題だった書評は、POPを提示しながらグループに紹介しました。今年も良い作品がたくさん生まれました。


b0066960_11260578.jpg



b0066960_11264076.jpg

b0066960_11270158.jpg


POPは秋の「図書館総合展」(パシフィコ横浜)や、流通科学大学学園祭などでお披露目します。

授業は終わりましたが、このあとは、この4年の受講生有志と、「文章表現Ⅱ」から生まれた図書館サークルLibroとの課外活動を予定しています。

これまで多くの成果を出してきた「文章表現Ⅱ」の最終年度、楽しく、華やかにしめくくります。




[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28548361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-08-10 11:30 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)