中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

おすすめの一冊2018始まりました

かれこれ8年目に入りました、「おすすめの一冊」プログラム。

流通科学大学「文章表現Ⅱ」では4年目となります。

今年は、かつて大阪商業大学でしていたように、はじめにグループ内で口頭発表をしました。

グループメンバーから質問や助言をもらって、それを反映させた書評を書いてもらおうという算段です。

b0066960_15393044.png

口頭発表はなあなあにならないように、厳密に時間を計りました。

流通科学大学の図書館が主催する書評コンテストの字数が1000~1200字なので、それに合わせて4分間の発表、続いて1分の質疑応答(ディスカッションになってもいい)としました。

5分間は必ず発表者なりフロアなりがなにがしか口にしていなくてはいけないことにしました。

いきなりだとうまくいかないので、まずは頭の中でブツブツとリハーサルしてもらいました。そのときもタイマーを表示して、きっちり時間を計りました。

さて、本番です。


b0066960_15391334.png

あらかじめ予告してあったので、多くの学生が4分前後で紹介できていたようです。

一人目が終わったときに、元気系男子学生が「やっっぱ、この授業面白いわ!!」と大きな声で言ってくれていました。そうした反応が出ると、クラス全体の雰囲気も良くなるのでありがたいです。

実際、発表後も質問やディスカッションが盛り上がって、話を切り上げるのが惜しそうなグループもありました。

惜しむらくは、このやり方だと、進行や観察に従事する私やお手伝いの先輩たちが、学生たちの発表やディスカッションを聞けないことです。(^_^;

でもまあ、先生や先輩が入らないからこそ盛り上がったのかもしれません。

このあと、書評を書き、その直しと並行してPOPをつくり、最後にPOP(パワーポイントスライド)を提示しながら、はじめとは別の仲間に「おすすめの一冊」を紹介する予定ですので、そのときは、グループから一人ずつクラス全体に発表してもらおうかと思います。

どんな書評やPOPができあがるか、今年も非常に楽しみです!!





[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28405273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-06-25 15:56 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)