中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

教育実践報告@流科4本目が発刊されました

流通科学大学の一年生対象科目「文書表現Ⅱ」から派生した課外活動についてまとめた教育実践論文が出ました。

「正課内教育および正課外活動における読書推進活動の展開 ー流通科学大学初年次科目「文章表現Ⅱ」の取り組みー」
 『流通科学大学高等教育推進センター紀要』第3号(2018年3月号)

2017年度は、授業の成果物である書評POPを兵庫県下10書店で採用していただいたブックフェア、

有志学生による授業成果物の学園祭展示企画、図書館総合展での学生によるポスター&口頭発表、

学生が立ち上げたビブリオバトルや読書会、図書館サークルなど、

初年次生向けの基礎の基礎である、読んだり書いたりといった科目からさまざまな課外活動が発生しました。

学内外の多くの方からのまなざしと知的刺激と評価を受け、文化活動を促進する学生リーダー候補が育ってきました。

今回は、この科目と課外活動を一緒に練り上げてきた桑原桃音先生との共著です。

2018年度は、一緒に活動してくれた学生たちに、より一層授業運営に関わってもらい、科目を越えた文化活動を展開できればと思います。


b0066960_09243676.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28230994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-04-05 09:10 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)