中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

映画「永遠のジャンゴ」(2017年)観てきました

実在のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトを主人公にした映画「永遠のジャンゴ」を観てきました。

ジャンゴはジプシー出身の大人気ギタリストです。若い頃のヤケドで左手は3本指しか動かせなくなるのですが、独自の奏法を編み出して、パリの大きな劇場を満員にするスターになります。

*ジプシーという呼称は蔑称であるとして最近は使われなくなってきていますが、この映画は1943年のナチスドイツ占領下のフランスが舞台なので、映画の中でもパンフレット類でもそのまま使われています。

ナチスドイツはユダヤ人だけでなく、ジプシーも迫害しましたが、ジャンゴはその演奏を評価され、ベルリンに演奏旅行に来るように言われます。

彼のファンであり愛人であるフランス美女にナチスのジプシー迫害について知らされたジャンゴは、妊娠中の妻と年老いた母と、スイスに逃げようとします。

しかし、スイスを目前にして、なかなか脱出が果たせず、待機している間に再び捕まり… 危うしジャンゴ! どうなるジャンゴ!



b0066960_20424066.jpg

大作、感動、大冒険、という感じではなく、わりと淡々と進んでいくのですが、天才ギタリストということで、演奏シーンがたっぷりなのが良いです。

ナチスはジャズを敵視し、ほとんど演奏しないように通達するのですが、聴衆はジャンゴたちの演奏が興に乗れば乗るほどノリノリになって羽目を外していきます。音楽の力はすごいなあ。だからこそ規制、統制、禁止するのですね。

映画のキャストには、本当のロマ(ジプシー)の人たちが出演しているそうです。主役以外のミュージシャンたちも本物とか。だからか、演奏の姿が自然だったのも良かったです。

劇中の曲もどれもよかったです。踊り出しこそしませんでしたが、もっともっと演奏シーンが多くても良かった!

同時期を舞台とした小説『スウィングしなけりゃ意味がない』も買ってあります。次に読もうと思います♪











[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28228399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-04-03 21:13 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)