中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

ポーランド旅行記2018(13)スタイリッシュな民族博物館☆クリスマスの飾り篇

クラクフの民族博物館、2階、3階は、民族衣装や風俗、お祭り、民芸品などの展示です。

この手の地域の民俗の展示って面白みに欠けることが多いように思うのですが、ここはとってもスタイリッシュ! まったく飽きませんでした。

子どもたちの見学用と思われるグッズも何セットか目にしました。見せ方にいろいろ工夫している印象でした。


クリスマスコーナーは華やか☆彡


b0066960_14091032.jpg

b0066960_14094409.jpg

b0066960_14104944.jpg

b0066960_14112143.jpg


b0066960_14114539.jpg


b0066960_14123557.jpg



b0066960_14132478.jpg


b0066960_14134804.jpg


b0066960_14141183.jpg





クリスマス飾りのなかでも、一番華やかだったのがこれ!
うわ~~♡でしょう。

手前には、お人形がぐさぐさ差してあります。
これでクリスマス人形劇をしたのかな~。




b0066960_14143542.jpg




つづく



[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28178232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-03-07 14:20 | 博物館、資料館 | Trackback | Comments(0)