中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

映画「少女ファニーと運命の旅」(ローラ・ドワイヨン監督 2016年)を観てきました

実話にもとづく映画です。

1943年にフランスからスイスへと逃げのびた子どもたちの話です。

親から離れ、児童救援団体に匿われていたユダヤ人の子どもたちにナチスの手が迫ります。

子どもたちはイタリア占領地域を経て、スイスへと逃げていくのですが、
途中で引率者とはぐれてしまい、13歳の少女ファニーが妹や他の子どもたちを率いることになります。

子どもが主役で、主人公のモデルの女性はイスラエルで健在、
つまり生きて安全な場所まで脱出できるのだとわかっていてもハラハラドキドキです。
子役たちの演技もとてもいいです。

残酷なシーンなどもないので、子どもさんでも鑑賞できます。

自分たちと同じくらいの子たちがこんな目に… 
自分たちだったら果たしてこんな気丈に、機転を利かして逃げられるだろうか…

などと思いながら観れるのではないでしょうか。

こうした話を観たり読んだりするたび、
私も、私の子らも、到底生き延びられない…と思ってしまいます…


ユダヤ人の子どもが自力でナチスから逃げる映画では「ふたつの名前を持つ少年」、
ユダヤの子どもたちを支援団体の人たちが疎開させる「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」も良かったです。

今回の作品には原作「ファニー13歳の指揮官」があるので、そちらも早いうちに読みたいと思います。


b0066960_23122298.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/28169673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2018-03-02 23:13 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)