中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

映画「Stefan Zweig Farewell to Europe 」を観ました(半分くらい)

ただいまリトアニア🇱🇹に来ています。行きの機中で、映画を2本観ました。1本目が、シュテファン・ツヴァイクの晩年を描いたもの、2本目はナチスドイツに侵攻されたポーランドの動物園でユダヤ人をかくまった実話に基づく話。どちらも最近の一番の関心事。私のためのラインナップかと興奮しました。

なのですが、1本目のツヴァイクの映画は、欧州を追われてブラジルへと逃れたツヴァイクが、文学と政治と人間関係に悩む?というような話。

セリフが重要な映画なのですが、英語の字幕はあったものの、いろんな言語が飛び交うためなんだか混乱(^_^;)

突然、場面が変わって、これ誰?と思ってるうちにまた場面が変わり、機長のアナウンスやら機内サービスやらでしょっちゅう停止するし。

そのうち寝てしまって、隣の10歳息子に一時停止してもらってたような有様なのでした。

というわけで、評価できないのですが、当時ツヴァイクがブラジル🇧🇷でたいへん人気で、会えるなんて超感激〜⭐︎という歓迎を受けていた様子はわかりました。主役も写真で見るツヴァイクとよく似ています。

覚醒している時にまた観れる機会があれば観ようと思います(^_^;)

b0066960_07094544.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/27026969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-08-03 06:55 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)