中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

特別講義「読書の時間」&今後の展開 ~流通科学大学「文章表現Ⅱ」2017終了しました☆

今年も、流通科学大学の初年次科目「文章表現Ⅱ」では、地域で八面六臂に活躍されている井戸書店の森忠延様に、桂文枝による新作落語「読書の時間」のご披露と、読書の効用についての特別講義をお願いしました。

今年は「文章表現Ⅱ」4クラスの開講曜限がすべて違うため、土曜日に4クラス合同で行いました。そのため昨年よりも大きな教室にしました。(昨年の様子はこちら→ 特別講義「読書のすすめ」~落語「読書の時間」とお話~

b0066960_17403986.jpg

教壇に会議机で高座をしつらえました。



b0066960_17441184.jpg


生の落語は初めてという学生が多く、面白かったとの感想が寄せられました。

落語のあとは、高座を脇に移し、論語のお話、読書についてのお話を聞かせていただきました。
みんなで論語の素読もしましたよ。

b0066960_17462205.jpg

大教室の設備を駆使し、2画面を投影してのお話。
普段と違う授業で新鮮だった、土曜日に来た甲斐があったと感想を書いてくれました。



b0066960_17481411.jpg



特別講義に先立って、森さんには学生へのおすすめ本も選定していただいていました。「文章表現Ⅱ」では、図書館主催の書評コンテストに全員が応募することを必須課題としていますが、その本を森さんおすすめの本から選ぶ学生も多数いました。さて、結果はどうなるかな。発表は秋です。



b0066960_17522316.jpg


さらに、毎年、書評で取り上げた本のPOPやしおりや帯などの販促グッズも課題として作っています。これまでも学生の作品は、井戸書店さんや本学図書館で活用していただいてきましたが、なんと今年は、神戸の11の書店さんが作品を見てくださり、それぞれ一点ずつ選んで秋のフェアで使ってくださるとのこと! 

もちろん、お眼鏡にかなう作品があればですが(笑) いえ、今年も良作揃いですので、それどころが一点に絞るのに悩まれるのではないかと思います!

フェアの様子は、有志の授業外活動希望者に取材に行ってもらい、ブログや「文章表現Ⅱ」Facebookページでもお伝えしようと思います。お楽しみに♪

その授業外活動ですが、今年は早くから名乗りを挙げてくれる学生がいて、この特別講義の回も早くから出てきて舞台設営その他に汗を流してくれました。おかげで非常にスムーズ。平郡さん、大浪君、授業アシスタントの加藤君、ありがとう! 


b0066960_18121808.jpg


そして、講義最終日に正式に授業外活動の希望者を募ったところ、なんと昨年の倍増の20人もの学生が手を挙げてくれました! どうしましょう、嬉しい悲鳴です(笑)

記名式アンケートでさえ、課題が多くて大変だった、ペースが速かった、という苦しげな感想が多数寄せられる「文章表現Ⅱ」ですが、単位に関係のない活動に参加したいという学生がたくさん現れたというのは、大変であってもやりがいがあったということかと教員二人、とても嬉しく思っています。

夏休み明けから、彼らとともに、フェアの取材、横浜での図書館総合展参加、学園祭展示、そして今年の目玉事業として、そうした活動をまとめた冊子づくりに取り組みたいと思っています。応援よろしくお願いします!!











[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/27014120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-07-27 18:32 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)