中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

ゲストティーチャー@滋賀大教育学部2017

先日、滋賀大学で新聞を使った授業をさせていただきました。2014年12月、2015年1月に続き、3回目です。今回も昨年と同じ「社会科授業研究」という科目にお邪魔しました。こちらの科目は、学外の社会教育施設に見学に行くなど、普段とは少し違う体験をするオムニバス講義だそうです。

私が提供させていただいたのは、過去2回も好評だった新聞づくり。受講してくれたのは、社会科の先生を目指す2年生のみなさん27人です。



b0066960_22495837.jpg


毎回感心するのが、聴く態度の良さ、反応の良さ、朗らかさ。さすが教師を目指す学生さんたちです。


b0066960_22501966.jpg


この新聞づくり、指導の仕方や進め方も改良を重ねています。その結果、今年は流通科学大学でも、滋賀大でも、プレゼンテーションで目覚ましい変化が見られました。テンポよく、わかりやすく、へえ~~の連続。実に楽しい発表会となりました。

滋賀大は、すでに全員がよく知った仲ということもあって、ものすごい盛り上がりよう。最後のグループの発表のときには、笑いすぎて涙が流れて、涙を拭いてから総括をしました!

学期を通して受け持っている科目での新聞づくりと、ゲストとして一回限りの関係で行う新聞づくり、条件は違いますが、だからこそ発見できることもあります。次に反映させ、さらに楽しくてためになる授業にしていきたいと思います。

 



[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/26960440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-06-30 23:26 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)