中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

グループで「問い」を立てる@流通科学大学「文章表現Ⅱ」

流通科学大学「文章表現Ⅱ」、今日は同じ科目を担当されている
桑原桃音先生が授業参観に来てくださいました。

そこで、後方に座られている先生にデジカメで授業の様子を撮影していただきました。
シャッター音が出ないので、学生も私も撮られている感がなく、
ほほう、教室の後ろから見るとこんな感じなのか、
私、こんな顔して授業してるんだ、もうちょい常から口角上げよう、、などと興味深く見ました。

今日は「問いを立てる」という回。まずは一人で考える時間。
どうかな~、なにか浮かんだ~? あ、これいいね、後で発表してね、と回っていきます。

b0066960_21293173.jpg

一人ではなかなかたくさんの問いを出すのが難しいので、
グループでアイディアを出す時間も設けました。

b0066960_21302667.jpg

b0066960_21294237.jpg


マンネリ防止のため、また、いろいろな人とコミュニケーションをとる機会をつくるため、
今年は、2回ずつくらいで席替え(グループ替え)をしています。
いい緊張感をもってグループワークができているので、なかなかいいかも。

アシスタントをしてくれている先輩学生もとてもよく気がついてくれて大助かり。

授業外活動したい人がいたら声をかけてねと言ったら、
すでに何人か名乗りを挙げてくれました。

今年も充実した授業&活動ができそうです。


テキストはこちら☆『アカデミック・ライティングの基礎』晃洋書房から発売中☆






[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/26883445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-05-26 21:49 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)