中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

ベルンハルト・シュリンク『朗読者』(新潮文庫 2003)

何年も気になっていながら読めていなかった一冊。

主人公は15歳のときに、20歳ほど年上の女性ハンナと恋に落ちる。
足しげく通ううちにハンナは主人公に
彼がギムナジウムで学んでいるドイツ語の本を朗読するよう求めるようになる。

ところがある日、突然ハンナは消えてしまう。

何年かして大学で法律を学ぶ主人公は、あるところで彼女と再会する。
そして明かされていく彼女の秘密…

以下、ネタバレがあります。ご注意を。
b0066960_22421080.jpg


大学の法学部に進んだ主人公は、傍聴に行った戦争犯罪の法廷でハンナと再会します。
ハンナは主人公の前から去ったあとナチス親衛隊に入り囚人の看守をしていたのです。

法廷でのハンナは、自らの犯した「罪」を積極的に認める半面、
彼女が違うと記憶することに関しては頑なに否定します。

法廷に通いつめてその様子をつぶさに見た主人公は、そこでようやく、
なぜハンナが会うたび自分に朗読をさせたがったのか、
なぜ彼の前から突然いなくなったのか、
なぜ法廷で自分の不利になるふるまいをするのかを悟ります。

戦争に直接関与する年齢でなかった主人公は、
親世代や、親と言ってもおかしくない年齢のハンナたちの戦時中、
そして戦後の行動をどうとらえるべきなのか、
自分たち世代は、自分自身はどうすればよいのか、悩みつづけます。

過去の体制をどうとらえるか、
過去の体制の下で正当とされた行為をどう裁くのか、
過去の体制に生きた人々が引き起こした罪を後世はどう償うのか。

主人公の悩みとハンナへの思いは、ある行動につながっていくのですが、
2人の人生はそう単純に一つに収束してはいきません。


もし私たちがハンナだったら、主人公だったら、どうしただろうか。
もし主人公が違う行動をとっていたら2人はどうなっていたのだろうか。

戦争や過去にどう向き合うか。
自分や他人の命や人生とどう対峙するか。
愛する人が背負うものを、自分は、どこまで、どう背負うのか。

ハンナが法廷で思わず発した言葉、「あなたなら何をしましたか」という問いは、
読んでいる側にも投げかけられています。
[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/25034731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2015-10-27 23:21 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)