中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

受講生とつくる講義

ロシア・東欧地域研究の授業でも、
受講生が調べてきたことや感想をみんなで共有するという形を取り入れています。

授業のはじめには、たいてい質問や感想を紹介します。
私や受講生のエンジンをかけてあっためるため+前回の復習や補足として。

ただし、毎回やりとりしているカードには気兼ねなく好きに書いてほしいので、
感想や質問を紹介するときも名前は伏せて、
本人にマイクを向けることもしないようにしています。
b0066960_14283519.jpg

課題の内容に関することは、沈思黙考したり調べてきたりして
書いたものがあればマイクを持ってそばまで行けばたいがい応じてくれます。

小レポートお題その1はすでに何人かの方に中身を紹介してもらいました。

これは図書館でこの科目に関係しそうな資料を見つけて、
どのような資料かを紹介し、興味をもったことがらを抜粋するシートです。
b0066960_1430620.jpg

こちらの方が選ばれた本は私もおすすめの一冊なので、
その方ともう一人同じ本を書かれていた方のお2人にクラス全体に向けて、
本の内容や作者紹介、おすすめポイントや感想を紹介していただきました。
b0066960_14295175.jpg

私がすべてを提供するよりも、同じ教室にいる人が知っていること、
調べたことに触れる方が、より刺激が得られるので、
このあとのお題もどんどん発表していただこうと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/25026840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2015-10-25 14:48 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)