中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

坂口恭平 『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』(太田出版 2010)

海の幸、山の幸ならぬ「都市の幸」、
つまりコンビニや居酒屋の廃棄・余剰物、炊き出し、
ごみに出されたさまざまなもの(衣服、大工道具、貴金属、酒やたばこもあるという)
だけでも人は生きていけることを紹介している。

土地の所有、実はもろい今どきの家に住むこと、
いろんな余分なものを持ち、廃棄する生活等々について考えさせられる。

河川敷に手作りの居を構え、畑を耕し、竹林をつくり、
自給自足している人の暮らしぶりには憧れさえ抱いてしまいそう。

b0066960_16443349.jpg

トラックバックURL : https://chekosan.exblog.jp/tb/24394336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2015-04-23 16:44 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)