人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中・東欧、ロシア、大学教育、美術展、映画鑑賞などなど


by chekosan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
中旬に講演会と同窓会のお世話役という大きな行事を無事済ませ、インフルエンザの予防接種も打ち(笑)、大事な用件で人と会い、夜間の授業も充実感と手ごたえを得て終了(クォーター制で2コマずつ進んで2カ月で終わる)。



下旬は、各大学の祝日やら入試日やら創立記念日やらが重なって、偶然にもまるまる一週間授業がない「秋休み」という、夢のような月になるはずだった11月。

でもよく考えると、休みなのは私だけで、家族もお友達もみんな学校やお仕事。

一人で行こうかなと思っていた遠方の展覧会も、お友達が一緒に行ってくれることになって少し先に延ばしたこともあって、誰と何を約束するわけでもなく、ぽっかりと空白の状態で秋休みに突入してしまいました。

とたんに、張りつめていた気が緩んだのか、ひたすらゴロゴロゴロゴロ。何冊か本を読むだけで終わってしまいました。(^_^;)

でも、おかげで気力や体力が回復し、さあまた頑張るぞというメリハリができたような気がします。

12月は、難民映画祭(オンライン)を観たり、お友達や学生さんたちと美術展ツアーを企画していたり、家の修繕工事が始まったりと、活気のあるひと月になりそうです。

写真は、大学同窓会の懇親会場「鶴清」さんを橋から撮った図。千と千尋の神隠しのお宿のような、雰囲気のある料理旅館でした!

2022年11月のまとめと読書記録_b0066960_16002676.jpg


11月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2318
ナイス数:328

※前半のロシア、ウクライナ本は、日々が濃密すぎて記録を放置してしまい、あとで溜めて書いたために、それぞれとても勉強になったのに薄い記録となってしまいました… やっぱり読んだらすぐ書かなくちゃダメですね。(;^_^A


現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)感想
今年の共同研究のテーマが<戦争とジェンダー>だったので、参考に。タイトルどおり、ロシアの軍事戦略が中心で、ジェンダーに関わる話題はなかったが、ロシアの安全保障や軍事思想をわかりやすく解説していて勉強になった。
読了日:11月01日 著者:小泉 悠




名著の話 僕とカフカのひきこもり名著の話 僕とカフカのひきこもり感想
Eテレ「100分de名著」で取り上げた本のうち、出演者である伊集院光さんがもっと知りたい、語りたいと思った3冊について、専門家とさらに対談を重ねた記録を収めた対談集。収録は、カフカ『変身』、柳田国男『遠野物語』、神谷美恵子『生きがいについて』。いずれも元の本を読みたいと思わせる、熱量の高い対談です。一気読みしちゃいますよ。関西ウーマンの書評で取り上げました。
読了日:11月02日 著者:伊集院 光





ウクライナの夜:革命と侵攻の現代史ウクライナの夜:革命と侵攻の現代史感想
たいへん興味深く一気に読んだ。2014年の政変「マイダン革命」とロシアのクリミア併合、東部ウクライナでの親露派との紛争に関わった人たちの体験。口々に、マイダンで初めてウクライナに市民社会が生まれたと言っていることが印象的。
読了日:11月06日 著者:マーシ・ショア,Marci Shore




国境を超えたウクライナ人国境を超えたウクライナ人感想
ウクライナ出身で国外で活躍した10人を紹介する本。著者はウクライナ人だが日本語で書いている。薄い本だが内容は濃い。旅する自由思想家(スコヴォロダー)、免疫学と長寿の研究のさきがけ(メーチニコフ)、最後のロマン派作曲家(ボルトケーヴィチ)、色は命(ドローネー)、社会の利益のために(テレシチェンコ)、空を飛ぶ夢を現実に(シコールスキイ)、極東ウクライナの自立を目指した(スヴィット)、日本への熱い想い(レヴィンスキイ)、20世紀のマルコ・ポーロ(ウデン)、ハプスブルク家出身の「ウクライナ人」(ヴィシヴァニイ)
読了日:11月10日 著者:オリガ・ホメンコ


マイホーム山谷マイホーム山谷感想
新聞の書評で。ドヤ街として知られる東京・山谷に、ホームレスのためのホスピス施設を創設した男性と、山谷で福祉、医療支援に携わる人たち(多くはキリスト教系NPO)を取材したノンフィクション。山谷という土地柄、支援団体が密に連携して、既存の制度ではカバーできないような援助も可能になっている。人を救いたい、役に立ちたいという愛と熱意と行動力に驚嘆する。「主人公」の男性は心身を病んで奇異な行動に走るようになり、創設した団体からは解任され、個人資産も手放してしまったが、山谷で活動する人々に支えられているということ。
読了日:11月21日 著者:末並 俊司

音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む 〜プリチュワからカピチュウ、おっけーぐるぐるまで〜
音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む 〜プリチュワからカピチュウ、おっけーぐるぐるまで〜感想
音声学者(夫妻)が娘さんの発声や発語を観察、記録しながら、音声学の魅力を説く本。初学者や一般向けに堅苦しくなく書かれている。広瀬友紀『子どもに学ぶ言葉の認知科学』は学童期の言語の発達を扱っていて、併せて読むとよいかも。
読了日:11月22日 著者:川原 繁人




収容所(ラーゲリ)から来た遺書 (文春文庫)収容所(ラーゲリ)から来た遺書 (文春文庫)感想
映画化されるというので先に原作を。綿密な取材をもとに書かれており、しかも読みやすい。過酷なシベリア抑留生活でも決して帰国を諦めず、勉強会や句会を催すなどして日本の文化を忘れまいとした山本幡男氏に力をもらった周囲の人々が、なんとしてでも彼の遺書を日本の家族に届けようとする。母親への遺書にはダダ泣きしてしまった。それにしても抑留生活の酷さ。臥せっているときに読んだので、どれだけ辛い日々だったことだろうとひしひしと感じた。富山で辺見じゅん氏の取材ノートなどが公開されているらしい。見に行きたいな。
読了日:11月23日 著者:辺見 じゅん


【増補改訂版】ポーランド孤児・「桜咲く国」がつないだ765人の命【増補改訂版】ポーランド孤児・「桜咲く国」がつないだ765人の命感想
ポーランド分割などでロシアによってシベリアに強制的に連れて行かれたポーランド人の孤児らを日本赤十字社が中心となって救い出した史実を丹念に追う。著者の関心なのか、軍人の経歴や戦闘の経緯が詳細に書かれている。日本の資料のみを基にしているためか、ポーランド語の訳語などで時々アレ?というところもある。また杉原千畝関連の最新の研究は(執筆時期の問題であろうが)反映されておらずデータが古いなど多少の注意が必要。
読了日:11月24日 著者:山田邦紀


優しい地獄優しい地獄感想
ルーマニア出身、青森在住の文化人類学者による日本語の著作。ルーマニアの祖父母の村での暮らしと、父母との地方の町の団地での暮らしが対照的で、社会主義崩壊前後のルーマニア社会の混沌とした状況を感じさせる。そうした記述をもっと読みたかったが、どちらかというと著者の鋭敏な感覚や死生観のようなものの方が書きたいことの中心らしく、日本語を母語としない人ならではの独特な言葉遣いも相まって、幻想的というか、妄想のような世界を生み出している。自らの病気の原因をチェルノブイリ原発事故に見出しているところが興味深い。
読了日:11月28日 著者:イリナ・グリゴレ

読書メーター

# by chekosan | 2022-12-01 16:10 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
11月12日、大阪公立大学女性学研究センター主催の第26期女性学講演会「戦争とジェンダー ー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」に登壇してきました。

2020年夏頃から研究会でご一緒しているお仲間との共同研究です。

昨年夏の同志社大学人文科学研究所主催の講演会講演録はこちら)のあと、またこうした企画をしたいですねという話になり、今年は大阪公立大学女性学研究センターで企画を立ててくださいました。

今回は統一テーマが「戦争とジェンダー」。パッと浮かんだのが、「ソ連や東欧の女性兵士」でした。

ソ連は女性が軍隊に兵士として大規模に公式に参加した初めての例ですし、現在のウクライナ軍にもたくさんの女性が志願して参加しています。

バルト諸国などでは、以前から、ロシアの侵攻を意識して、女性も軍事訓練に参加しているという報道を目にしていました。

旧ソ連の国々では、女性が戦闘に参加することは珍しいことではなく、日常と戦争がそれほどかけ離れていないのです。

と、大きなテーマはすぐに浮かび、面白い例や事実は見つかっていって、細部は膨らむのに、なかなか筋というか「ストーリー」が見えてこなくて苦労しました。

普段、学生に、筋を通せ、とか、調べたことをなんでもかんでも盛り込めばいいというものではない、なんて言っているくせに、自分がまさにそうなってしまって、ひ~~~💦

ジェンダーやフェミニズムを長く研究され、活動されてこられた専門家のみなさんにヒントやご意見をいただきながら、ぎりぎりまで考え考え、なんとか筋を整えることができました(と思う)。(;´▽`A``

わたくしの題目は、 「女性兵士をめぐるイメージと実態:ソ連、ロシア、ウクライナを事例に」

画像をたっぷり使って、公共の場所にたくさんある像や、映画、ミュージックビデオなどから見えてくる女性兵士のイメージと、実際の軍隊における女性兵士の扱いなどについて、お話しました。

対面とオンラインの併用で、ほとんどの方はオンラインで視聴されたので、反応はよくわからなかったのですが、その分、あまり緊張せずにお話できました。

土曜日の午後の時間を割いていただき、会場にお越しいただいた皆様、オンラインでお聞きいただいた皆様、ありがとうございました。


講演会「戦争とジェンダーー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」無事終了しました_b0066960_20274485.jpg


無事終了して、みんな一安心。(∩´∀`)∩

ひとつの町くらいある広大な大阪公立大学のキャンパスを清々しい気分で歩いて、打ち上げ会場へ。


講演会「戦争とジェンダーー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」無事終了しました_b0066960_20442387.jpg

スペインバルで乾杯~~! 

講演会「戦争とジェンダーー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」無事終了しました_b0066960_20465729.jpg


私はキール(ワイン&カシス)を。うっかり、クイ~~っと飲んでしまったら、あっというまにお酒がまわってしまって、ちょっと焦りました(笑)

嬉しがって飲んでぶっ倒れたりしたら大迷惑なので、せっせとおいしいスペイン料理を食してアルコールの分解を促しました。どのお料理もおいしかった!

もう一杯、講演テーマに合わせて(笑)ウォッカベースのカクテルをいただき、さらにはスペインバルらしくバスクチーズケーキとコーヒーまでさらえて、すっかり満腹になって、帰途につきました。

講演会「戦争とジェンダーー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」無事終了しました_b0066960_20554326.jpg


今回も充実した研究と講演ができて、当日は実際にお会いして、いろいろとお話もできて(普段の研究会はオンライン)、本当に満ち足りた気分でした。また緩やかに研究会を続けていきましょうとお話してお別れしました。


後日、講演録が冊子になって公開される予定です。発刊されましたら、どうぞご覧ください。

でも、今回のお話は、画像や映像を見てもらいながらの方がいいんですよね~。

ということで、一回限りではもったいないので、授業でも披露しようと思います。


講演会「戦争とジェンダーー〈日常〉と〈非日常〉を貫く軍事主義と女性の主体性」無事終了しました_b0066960_20261208.jpg


# by chekosan | 2022-11-20 21:23 | ウクライナ | Trackback | Comments(0)
ブログの更新がすごく久しぶりな気がします。

この週末、講演会があり、その準備の追い込みで必死の日々を過ごしておりました。

その翌日には大学の同窓会。そちらはたいしたことはしていませんが、一応、自分の学年の世話役を仰せつかっておりました。

2日連続、朝から晩まで、多くの人に/と、お話し、交流し、たいへん有意義で楽しい、充実した時を過ごすことができました。

若干心配していた体力も最後までもちました(笑)

脳は正直なもので(?)、久しぶりに、ひ~!となる夢も見ず、追いまくられる感なく、目覚めることができました。( ´∀` )

このあとは、抑えていたお出かけや映画等々も再開し、講演会の様子や、最近あまり発信していなかった授業実践なども、どんどん記録していきたいと思います。

まずは、今月の書評の宣伝です! 土曜日から公開されています。



書評『名著の話 僕とカフカのひきこもり』@関西ウーマン信子先生のおすすめの一冊_b0066960_10274017.png


NHK Eテレ(教育テレビ)の「100分de名著」で取り上げた本のうち、出演者であるタレントの伊集院光さんがもっと知りたい、語りたいと思った3冊について、専門家とさらに対談を重ねた記録を収めたものです。

カフカ『変身』(対談相手は川島隆さん)、柳田国男『遠野物語』(対談相手は石井正己さん)、神谷美恵子『生きがいについて』(対談相手は若松英輔さん)です。

いずれも元の本を読みたいと思わせる、熱量の高い対談です。

一気読みしちゃいますよ。

続編も期待したいです。



# by chekosan | 2022-11-14 10:44 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
本格的に授業を軌道に乗せていった10月。

本務校では、新しい科目も加わり、見事に、授業、準備、授業、準備、授業、準備、準備…の繰り返しの日々ですが、秋学期は、どの大学のどの科目もこじんまりとした規模なので、授業準備に関しては、ヒーーー!とならずに順調に進められています。

スキル系科目や外国語科目は和やかに穏やかに着々と、発表&議論中心の科目は活発な議論、対話、交流が弾んでいます。(「こうりゅう」と打ったら「拘留」と変換されてしまう私のPC…) 

11月中旬の大きな行事が終わったら、人と会ったり、お出かけしたり、恒例の「遠足」にもがんがん行きたいと思っています。

10月は、その大きな行事(講演や同窓会)の準備や会合、以前一緒にお仕事させていただいた先生との数年ぶりの再会、映画鑑賞と、授業以外にも忙しく過ごしました。

高1息子が部活で初めて挑戦した油絵を出展した「高文祭」は、平日開催で現地に行けなかったのが残念。

賞などはもらえなかったのですが、全体講評で審査員の先生に取り上げてもらって褒めてもらったそうで、次は何を描こうかなとモチベーションが上がったようです。




この作品制作が佳境で高1息子は行けなかったのですが、上息子と印象派の絵画展「シダネルとマルタン展 最後の印象派」@美術館「えき」KYOTOにも行きました。生前から巨匠として活躍した人たちのせいか、穏やかで豊かさを感じる作品でした。


2022年10月のまとめと読書記録_b0066960_11332467.jpg


やはり美術作品、特に油絵は、現物を見ないと絵の具の使い方などがよくわからないので(下の写真も現物は光の表現がもっともっと素敵でした)、高1息子にも見せたかったなと思いました。11月中旬以降、また一緒にいろいろ見に行こうと思います。


2022年10月のまとめと読書記録_b0066960_11341637.jpg


2022年10月のまとめと読書記録_b0066960_11344515.jpg



10月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1693
ナイス数:264

女性画家 10の叫び (岩波ジュニア新書)女性画家 10の叫び (岩波ジュニア新書)感想
国家のため、あるいは家父長制のもとに、個人が犠牲になり女性が虐げられた時代。そんななかでも、本書で紹介される女性画家らは、自分らしくありたいと、悩み、もがきながら描き続けた。自分のうちに突き上げる欲求を花開かせたその葛藤が、彼女たちの作品に輝きをもたらしていると著者は言う。関西ウーマンの書評で取り上げました。https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=202125
読了日:10月01日 著者:堀尾 真紀子





モスクワ地下鉄―「地下宮殿」の世界 (ユーラシア選書)モスクワ地下鉄―「地下宮殿」の世界 (ユーラシア選書)感想
鉄道開業150年ということで、行きつけの図書館のミニ特集コーナーで発見。モスクワ地下鉄全駅にご自身で足を運んで調査した本。欲を言えばもっともっと写真があれば。でも本文に駅ごとの構造やテーマ、装飾等の説明があるので、自分の調査の手がかりができて大変ありがたい。
読了日:10月07日 著者:岡田 譲



ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔感想
ユーモアとあたたかさを感じる文章で、たいへん読みやすく、あっというまに読了。ロシアの食や住居、生活の様子、人びとのふるまいや行動といった人間らしさを感じる話題から、謎めいた施設や、街の変貌、ロシアの大国意識と対外的な関心などまで幅広い。世界の軍事オタクたちがオープンな情報を拾ってロシアの軍事力を推定していたが、そうした情報もどんどん閉じられていっているという話が興味深い。
読了日:10月08日 著者:小泉 悠



本屋という仕事本屋という仕事感想
沖縄の商店街で小さな本屋さんを営む宇田智子さんの『増補 本屋になりたい』が自然体で良かったので、その後が書かれているらしい本書も手に取る。本書は活躍している書店主やヒットを飛ばして名をはせた書店員などに著者が声をかけて編まれているが、結構、店を変わったり、働き方を変えたりしている人が多いよう。
読了日:10月08日 著者:



「非会社員」の知られざる稼ぎ方 (光文社新書)「非会社員」の知られざる稼ぎ方 (光文社新書)感想
大学図書館の学生選書コーナーで見つけて。タイトル通り、自営、自由業の方にじっくり話を聞いたルポ。いわゆる意識高い系ではなく、生きるために、あるいは消去法的にその仕事に行き着いた人が多いように思うが、共通するのは、どの人もとても働き者。腕一本で生きていける技術がある。一癖も二癖もありそうな人たちだが、著者が好意や敬意を持って取材していて感じがよい。人の生き様や仕事を知るのは面白くて勉強になるなあ。
読了日:10月15日 著者:村田 らむ


女性兵士という難問:ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学女性兵士という難問:ジェンダーから問う戦争・軍隊の社会学感想
今年の共同研究の参考に。女性兵士、自衛隊についての長年の研究から最新の動向までをまとめたもの。先行研究を丁寧に説明してあり、論点が整理されていて参考になった。日米の軍隊のあり方や存在意義、動向を中心に論じてあり、欧州、とくに東欧諸国の軍事や軍隊の存在意義やありよう、国民の戦争への危機感などとの相違を感じた。
読了日:10月17日 著者:佐藤 文香



子どもに学ぶ言葉の認知科学 (ちくま新書)子どもに学ぶ言葉の認知科学 (ちくま新書)感想
ご自身のお子さんの言語の発達をつぶさに観察し、そこから言語の習得の法則や、認知について考察している。お子さんの言い間違い、書き間違いの例が豊富に登場し、お母さんとしてのツッコミが書き添えられていて、とても楽しい。寝る前に少しずつ読んだので、専門的な説明のところになるとついうつらうつらしてしまったのがもったいなかったです。ごめんなさい。( ̄▽ ̄;)
読了日:10月25日 著者:広瀬 友紀

読書メーター




# by chekosan | 2022-11-05 11:41 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
Amazonプライムビデオでひょいと見つけたドキュメンタリー映画「ドロホブィチの最後のユダヤ人」を観ました。

今のウクライナの町ドロホブィチに育って、家族との死別、強制労働、「死の行進」を経験しながらもホロコーストを生き抜いたユダヤ人男性アルフレッド・シュライアーさん(1922-2015)の生涯を、本人の証言や当時の写真(絵はがきなど)から構成したものです。

原題は、Der letzte Jude von Drohobytsch (英語だと the last Jew from Drohobych)。

美声とイディッシュ音楽にも注目のドキュメンタリー映画「ドロホブィチの最後のユダヤ人」(2011年)_b0066960_11122253.jpg


ウクライナ人、ポーランド人、ユダヤ人が共存していた町で、シュライアーさんは、経済的に成功した一族の一員として育ちます。

ドイツが町を支配すると、高齢者をはじめとして、ユダヤ人がどこかへ消えていきます。最愛の母も森へ連行され、射殺されてしまいます。

シュライアーさんは、働き手とみなされて、木工や通訳などに従事させられながらも強制労働に耐え、辛くも生き残ることができました。

シュライアーさんの語りは終始穏やかで、家族、特にお母さんへの愛と、恩師ブルーノ・シュルツ(著名なユダヤ人画家、作家)の思い出が印象に残ります。

長く歌手、バイオリニスト、音楽教師として音楽に携わってこられただけあって、相当なお年にもかかわらず、歌うと、すごい美声。音程も正確。聴き入ってしまいます。

戦後の映画館付きオーケストラ時代の思い出なども興味深いです。ソ連では、映画館付のオーケストラがあって、映画の前に音楽を演奏していたそう。音楽だけ聴いて、映画を観ずに帰る人もいたとか。

最後に、お母さんたち、ドロホブィチとその周辺のユダヤ人1万1千人が連行されて虐殺された森を訪ねます。

森には、シュライアーさんや遺族らが共同墓碑を建立しています。

といっても、巨大なコンクリートの台座のようなもので、それがいくつも森に点在しているのです。

撮影時は、まだ森の中に踏み込めていけたようですが、そのうち訪ねる人がいなくなって森に埋もれていくのでしょうか。

とても良いドキュメンタリー映画だと思うのですが、なぜか記述が全然見当たりません。日本で見られるようになって間もないのでしょうか。

Amazonプライムに入ったので、これから知られるようになるといいなあ。

おすすめです。

シュライアーさんの動画を見つけたので貼っておきます。やっぱり美声~♪ 

映画でも、このアコーディオンとピアノの方たちとトリオで演奏されています。2011年、ポーランドのクラクフでの野外コンサートの様子です。





このほか、Alfred Schreyer で検索すると、インタビュー映像や演奏動画がいくつかヒットします。

シュライアートリオのピアノは Lowa Łobanow さん、アコーディオンは Tadeusz Serwatkoさん。アコーディオン奏者さんが、歌手であるシュライアーさんをよく見て、タイミングをはかっている様子がとってもいいです♪

シュライアーさんを紹介しているページ。映画での証言をもとに、シュライアーさんの生涯を簡潔にまとめてあります(ポーランド語ですが、翻訳機能でわりとちゃんとした日本語になります) こちらにも演奏動画が貼ってありますよ。


 





# by chekosan | 2022-10-23 11:56 | 映画、映像 | Trackback | Comments(0)