中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

タグ:ロシア ( 17 ) タグの人気記事

第一部では、ソ連出身で20代後半のときにベルギーに亡命した半生、
第二部では、音楽に関する哲学的な考察を、
ベートーヴェンのソナタの解釈を中心に語っていきます。

アファナシエフ自身が指名したというインタビュアーとの対話による書下ろしなので、
全編を通して流れがあり、聞き手との信頼関係を感じさせる深い対話になっています。

ピアニスト、音楽家としてのアファナシエフに関心がある人には第二部が興味深いでしょう。
私は1960年代のソ連の音楽教育事情がわかる第一部が面白かったです。

b0066960_11463953.jpg



ソ連は音楽やスポーツで見どころのある子どもを集めて英才教育を施したと聞きますが、
アファナシエフ自身はそういうトップエリートではなかったそうです。
モスクワ音楽院に入るまでは、普通の学校と音楽学校を掛け持ちしていたという話が出てきます。

ソ連は学校が始まるのが早く、午前中には授業が終わるので、
午後に芸術やスポーツを、その道の専門家にみっちり習えたのです。

日本の部活のように学校内で朝から夕方まで
あらゆる活動を学校の先生たちが面倒を見るシステムとは違います。
ここは面白いところだと思います。


また、ソ連の体制にうんざりして早くから亡命を考えていたアファナシエフも、
コンクール前の手厚いサポート態勢は優れていたことを認めています。

コンクール出場者には公開演奏会の機会が設けられ、
世界的ピアニストやピアノの教師が居並ぶなか、ホールで全曲を通しで聴いてもらえるのです。
協奏曲はプロのオーケストラと何度も合わせる機会をつくってもらえます。

アファナシエフが出た国際コンクール直前の公開演奏会では、
ギレリスらモスクワ音楽院の教授陣が夜を徹して出場者の演奏を聴いたと語っています。

国の代表として西側に勝たせるというプレッシャーもあったでしょうが、それだけではありません。
次代の音楽家たちを育てる熱意や親心が感じられるエピソードが、
ピアノの師匠たちへの敬愛と感謝の念をもって語られています。


アファナシエフは一日中ピアノの練習をするタイプのピアニストではないそうで、
作家として毎日決まった量の文章を書き、決まったルートを2時間も散歩する毎日を続けています。

第二部は具体的な楽曲の話が続いたので、動画でアファナシエフの演奏を流しながら読みました。
とてもゆっくりなので少し違和感を持ちましたが、そのうちにしっくりなじんでいきました。

「鬼才」と呼ばれているそうですが、それよりは思索する音楽家という印象を受けました。

アファナシエフの文学作品を紹介した新聞記事の紹介はこちら
[PR]
by chekosan | 2016-12-30 11:48 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
今年度から、同志社では「特殊講義 ロシア・東欧の政治と社会」も担当しています。
春学期の「ロシア・東欧地域研究」は講義と各自の発表のハイブリッドにしていますが、
秋学期の「特殊講義」は輪読のゼミ形式で、一冊の本をていねいに読んでディスカッション。

はじめに読む3冊はシラバスで指定しました。ジョージ・オーウェルの代表作と解説の本です。
受講生みんな、初回の授業までに読んできてくれていました。スゴイ! *^^*

翌週から一人にレジュメを作ってきてもらい、ざっと報告してもらって、そのあとは気楽にお話。
あれこれ話が深まったり、広がったりして、とても楽しく濃い時間になっています。


b0066960_16291173.jpg

初回の報告はアシスタントの院生君、今週は4回生が担当してくれました。
さすが二人ともうまい。細部までよく読んで、適切にまとめてくれています。
院生君なんて私以上に幅広く話題提供してくれて、上回生が下回生のいいお手本になってくれています。
私も1回生のときから、こんな先輩たちと勉強したかった(笑)

『動物農場』『動物農場の政治学』と一週一冊ペースで進んで、次回は『1984年』。
予告していた本はこれで尽きるのですが、コロッと変えるのはなんとなく惜しい。

候補本は一応あった↓のですが、
せっかくなので、次は1984つながりでアレ、いきませんか? という提案がありました。

ふむ、みんなで話すなかで出てきた関連本を取り上げるのもいいね、
少人数ならではの贅沢な行き当たりばったりでいこうか! という流れになりました。

その「アレ」、私は未読。(^-^;
ということで、展開が予想できない授業。わくわくです。


b0066960_16340560.jpg


[PR]
by chekosan | 2016-10-26 17:03 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
同志社のロシア・東欧地域研究、第二期の授業が終わりました。

今年度は、もう一つ同志社でロシア東欧関係の科目を担当することになったので、
本科目は入門編的な位置づけにして、春学期に移しました。

多人数を避けようと土曜1限にしたところ、
前学期112名登録だったのが、今学期は16名! 
初回から一度も来なかった学生も数名いて、最終的には10名に落ち着きました。

極端に人数が違うので、しばらくは進度も反応も手探りでしたが、
さすがに土曜1限に来る学生たち、少数精鋭でした。
受講者が多かった前学期以上に、多様性に富んだレポートや発表が相次ぎました。

法学、政治学、経済学系に加え、歴史、文学や美術、民俗学、宗教など、
幅広い話題が提供されて、私も大変刺激をもらいました。

期末レポートは、3回の小レポートで取りあげたテーマをさらに充実させた人、
あえて小レポートとは別のテーマに挑戦した人がいましたが、
それぞれが確実にレベルアップを果たしているのがわかる濃い内容でした。

b0066960_136475.jpg


実は、前学期の授業評価アンケートで、1,2名ではありますが、
授業中に受講生に発表してもらったり、毎回カードをやりとりしたり、
ていねいなレポート指導をしたりしたことに対して、
非常に強い否定の言葉を書いてきた学生がいて、今後どうしたものかとだいぶ悩みました。

が、大多数の受講生は一方通行でない授業スタイルを歓迎していましたし、
その声に沿わないのは、今学期の受講生の不利益になると思い直し、
前学期以上に発表の機会を増やす方向で進めました。

最終授業を終えて、記名ではありますが感想を読んで、やはりこの路線でいこうと思った次第です。

以下、抜粋です。

 「他の人のレポートを聴き、大変参考になった。… レポートの書き方も大変勉強になった」

 「レポートのお題の自由度が高かったので、みんなの興味関心から
  個性あふれるお話がたくさん聞けて勉強になりました」

 「発表を聞いて、自分が調べていない分野に強い興味を持ちました。…… 色々な面から
  ロシア・東欧について知れて、この授業に出てとても良かったと思いました」

 「みなさん非常に分析が深いレポートを作っていたので驚きました!」

 「レポートを書く機会が多くあり、自分で調べ物をして勉強することもでき良かったです」

 「講義の中で何人もの人が調べてきた発表を聞きましたが、この講義をとっている方は、
  自分がロシア・東欧の何に興味があるのかはっきりわかっていて、
  すごいと感心していました。… 」

 「レポートで好き勝手に好きなことを取り上げてしまってすいません … 」
 
  →全然OKですよ! 興味深い話題を提供してくれてよかったですよ!


秋学期は、迷いなく、完全にゼミ方式です。
ロシア・東欧に関する本を次々読んで、あれこれ語り合いたいと思います。
毎回、ざっくばらんな座談会のようになればいいなあ。
意欲的な学生さんのお越しをお待ちしております。^0^
[PR]
by chekosan | 2016-07-24 01:30 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
「課題に使う本を探していてみつけたんですが。先生がお好きなんじゃないかと」
と、受講生がわざわざ図書館で借りて持ってきてくれた本。

その名も『共産主婦 東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日
(イスクラ著 社会評論社 2014年)。
『共産趣味インターナショナル』というシリーズの第4冊目です。

なんちゅうタイトル?!と思いながらパラパラ見せてもらったら、これがかわいらしいんです。
旧東側諸国のお人形が、社会主義時代の女性たちの生活の様子を再現している体で、
オールカラー、写真たっぷり、ちょっとコミカルで。

でも日用品やそれを生産していた会社のこと、当時の様子がきっちり説明してあって、
へええ~~~という事実もたくさん。楽しい一冊です。

b0066960_23212911.jpg



◇◇◇

1990年代にチェコのプラハに何度か行ったときには、
いつも一人暮らしの初老の女性のアパートにホームステイさせてもらっていました。

本書にも紹介されている「パネラーク」と呼ばれる、社会主義期に建てられた集合住宅です。

部屋数は少ないのですが、一室はゆったりしていて天井が高く、
ホストマザーが海外から持ち帰った思い出の品や家族の写真が飾られていて、
こじんまりとあたたかみあるお家でした。

キッチン奥のパントリーには、自家製ピクルスやジャムが並んでいて、
お昼ごはんに出してもらうスープもとにかくおいしかったです。
手作りのケーキもよく出してもらいました。

飲み物はお茶。体調に合わせて、いろんなハーブティーを出してもらいました。
お客さんが来られたらコーヒー。そして少しだけ煙草を吸われていました。

夜はソファでテレビを見ながら刺繍や編み物をされていることが多かったです。
手作りのものをたくさんプレゼントしてもらいました。
チェコの日常生活を体験させてもらったことを懐かしく思い出しました。

ホストマザーは亡くなられたので、その部屋にはもう滞在できませんが、
貴重な経験をさせてもらったなあと思います。

◇◇◇

最近、東欧諸国の雑貨や絵本や民芸品は日本の女性に大人気で、
それらを紹介する本も次々出ています。

この本も、そうしたものが好きな人にはたまらないのでは、と思うのですが、
このタイトルでは手に取るのを躊躇する人も多そう? (^^;) 
でもでも、楽しい本なので、レトロなものが好きな人にはおすすめです。

著者も女性で、旧東側の雑貨などをネット販売されています。
この本の撮影に使ったレトロ雑貨も展示している店舗も開かれています。
本には尼崎と書いていますが、移転されたようです。
→ 東ドイツ民生品展示室 DDR Komet
[PR]
by chekosan | 2016-06-29 23:33 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
大阪中之島の国立国際美術館で開催中の
「森村泰昌:自画像の美術史」展に行ってきました。

今回の展覧会は、美術史に大きな功績を遺した芸術家たちの自画像に
森村さんが扮した作品を中心に構成されています。
展示室のつくりも凝っていて、たいへん充実した展覧会でした。

そしてなんと、撮影可、ブログやSNSでの拡散OKなのです!
ということで、ロシア、東欧に関連するものをご紹介。

「第9章」の部屋に入ると、えっ、カンバスが後ろを向いて林立しています。
b0066960_23162850.jpg

前に回って作品を見てみると、、、ん??
どこかの美術館なのですが、額縁しかない?? 
どうやって撮ったんだろう??
b0066960_23171056.jpg

これは実は、ロシアのエルミタージュ美術館が
第二次世界大戦時に大量の美術品を疎開させて額縁だけが残った
という史実にインスピレーションを受けて制作されたものです。
どの作品にも、森村さんがある人物に扮して登場しています。

そして、「第10章」の空間には「少年カフカ」という作品が。
カフカ少年に扮しているのは、もちろん森村さん本人です。
手に持っているのは、カフカのあの作品。
足元に転がっている水色のクマちゃんは、森村さんが大切にされていたもの。
b0066960_2321914.jpg

この展覧会、副題が「「私」と「わたし」が出会うとき」
両空間の作品群にはいろんな解釈や想像を喚起させられます。

ほかの作品もすべて非常に面白いです。何度も通いたいくらい。
ベラスケスの大傑作「ラス・メニーナス」を基にした作品群は、
現物を観ないと面白さがわからないと思います。

70分の映画も上映されています。料金に含まれています。
6月19日まで。おすすめの展覧会です。
[PR]
by chekosan | 2016-05-27 23:35 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
3月末、友人とその赤ちゃんに会いにドイツへ行ってきました。

友人とは大学院からの長いおつきあい。
「ビロード革命」10周年のプラハも一緒にまわりました。

その後、私は男児2人を授かり、仕事も徐々に、
そして数年前からは猛烈に忙しくなって、海外はすっかり遠のいていました。

飛行機も怖いし、あまりに久しぶりすぎて億劫になっていたのですが、
友人を訪ねる短期旅行なら「リハビリ」にちょうどいいかなと決行しました。

お供は中2が終わろうとしていた長男です。
彼は友人が誕生祝にプレゼントしてくれたネズミのぬいぐるみを大事にしていて、
友人に赤ちゃんが生まれたときからお祝いに行きたいと言っていたのです。

そんなわけで、いざ母と息子の二人旅。

飛行機初めて・海外初めての息子が私以上に怖がるので、私が窓側に座りました。

離陸から数分はぞわぞわして、降ろしてえ~と叫びたくなりましたが、
水平飛行に入ったら平気。
フライト情報と窓からの景色を照らし合わせて楽しみました。

中国~ロシア上空からは、目を疑うような広々とした光景。
フライト情報に「アムール川」と出ていて、
あのアムールトラの!と嬉しくなりました。

トラは家で留守番している次男のお気に入りなのです。*^^*
b0066960_22354999.jpg

トラ、いたかなあ。
b0066960_22355736.jpg
b0066960_2236422.jpg

この川もアムール川だったかは記憶が定かではないですが…違うかも。
b0066960_22361124.jpg


4月、授業が始まって、受講生が見つけてきてくれた本に、
シベリアの動物の本がありました。

◇◇◇

福田俊司『カラー版 シベリア動物誌』(岩波新書 1998)


どんな本ですか?
 シベリアの地に生息する動植物を絵つきで紹介している本。
 人間の動物への付き合い方に関しても詳細に記述している。

なぜこの本を選びましたか?
 前回の「ロシア・東欧と聞いて」というワークにて思いついたキーワードが
 歴史や地理など社会的なものが多かったため、
 他の視点から物を見たいと考えて。

特に興味をもったところは?
  p.12 トラへの信仰心に関するお話。トラを神として崇めている。
 「トラは心正しきものは襲わない。
 しかし、トラを罠や鉄砲で狙うと、必ず復讐を受ける。」
 というお話が事実で裏付けられていること。

◇◇◇

 シベリアのトラ。強さと気高さを感じますね。
b0066960_22433273.jpg

[PR]
by chekosan | 2016-05-13 22:55 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます。
年の初め、気軽に楽しめる一冊から読書記録をスタートします。^^

日本人からするとやたら長くて「滑稽」にも感じるロシア人の名前を取り上げて、
面白おかしく解説する本です。

その人物の略歴やエピソード、名前の由来や発音が簡潔に書かれているので、
特にその人物に関する知識がなくても楽しめます。
知っていれば人物の好き嫌いとは関係なく、より笑えます。
b0066960_19432151.jpg

ウケを狙ったおふざけな表現満載ですが、
ロシア語科できちんと学ばれたロシア好きの方が書かれているので、
ロシアへの愛が伝わって感じがよいです。

思わず声を出して笑ったのは
ショスタコーヴィチ、スターリン、ムソルグスキー、ロストロポーヴィチ、
ロジェストヴェンスキー。

ほほう~と参考?になったのは、
トゥハチェフスキー、スタルヒン、カラシニコフ、ディアギレフ。

「コーヒーと一冊」というシリーズの一冊です。
シリーズ名どおり片手に本、片手にコーヒー、三角座りで笑いながら読みました。

おかげで年末からのグズグズ風邪をちょっと吹き飛ばせたかな。
[PR]
by chekosan | 2016-01-02 20:09 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
クリスマスイブにロシア映画を観てきました。

クリスマスとは何の関係もない、華やかでもなく清らかでもない、
官僚制や腐敗や不正に人生を左右されていく一家の話です。

主人公は寒村で自動車修理を営む、ちょっと怒りっぽい男性。
その妻は後妻で、若くて美人だけど、疲れがにじんでさみしげな雰囲気。
先妻の息子は13,4歳くらい? 義母に反抗してばかりです。

祖父からの土地を市に収用されそうになっている主人公は、
モスクワから敏腕弁護士を連れてきて裁判を起こし、市と争います。

訴えは予想通り却下。
弁護士は市長の弱みを握って巻き返しをはかるのですが…
b0066960_023931.jpg

主人公たちと、市長、裁判官、警察とのからみのシーンなどを見ていると
社会主義時代の話のように思えて仕方ないのですが、
登場人物が使うのがスマートフォンだったり、
市長の執務室に掛けられているのがプーチンの写真だったりするのを見て、
ああこれは現代の話なんだとハッとさせられます。

実は、この映画の着想のもとになったのは、
アメリカで実際にあった、土地収用が引き起こしたある悲劇的な事件だそうです。

大きな権力に翻弄される個人の苦しみ、悲劇という構図は、
ロシアでもアメリカでも日本でも、社会主義でも資本主義社会でも起こる話。

原題は「リヴァイアサン」。
旧約聖書に登場する海の怪物であり、
トマス・ホッブズが個人が抵抗できない国家を象徴するものとして使った言葉です。

それを象徴しているかのように、
舞台となる寒村の海岸には鯨のものらしき巨大な白骨が放置されています。

そして、鯨の骨を模したかのように、
何艘かの朽ちた船もひっくり返ったまま海に放置されています。

そんな寒々しい光景に最後に現れるあるものとは…

静かに、しかし受けた衝撃がじわじわとしみこんで後を引く映画です。
[PR]
by chekosan | 2015-12-28 00:21 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
今年度の秋学期から担当している「ロシア・東欧地域研究」、
私の学部生時代は「ソ連現代政治論」だったと思います。
当時は「東欧」と名の付く科目は法学部にはなかったと思います。

この間に科目名が何度変更されたのか、
前継科目名は果たして何だったのか、まだ確認していませんが、
今の科目名はヨーロッパの旧社会主義諸国を対象としているのは明白かと思います。

旧ソ連諸国すべてを扱うのは到底無理ですし、
ロシアオンリーとなるとこれまた私の範疇と違ってきて厳しいので、
「ロシア・東欧」という科目名になったのはありがたい?です。
b0066960_10261131.jpg

    ↑ 『東欧を知る事典』、ちょっとずつ太っていってます
      1993年初版 841ページ
      2001年新訂増補版 902ページ
      2015年新版 970ページ
      ※ページ数はいずれも索引の最終ページまで


では「東欧」ってどこ? どんな共通点があるの?
ということを第2回の授業ではお話しました。

まずは『東欧を知る事典』の地図を加工して、国名埋め問題。
現在、「東欧」といわれている国々と、関連の深い近隣の国々です。

友達との相談や調べるのもありにしたので、
楽しそうに取り組む一団、本やスマホで調べて埋める学生、固まる学生、
いろいろでした。

概して南の方(旧ユーゴスラビア連邦)が怪しかった模様です。 
b0066960_105593.png

    『新版 東欧を知る事典』(平凡社 2015年)647p.を著者が加工
     ※ぼかしをかけてあります

結論としては、地理学、人種、宗教、言語、文化、経済史的には
ひとくくりにはできないのですが、でも! 
b0066960_1033720.jpg

   1993年から95年あたりにこうした本が相次いで出版されました


…というところで、結論を残して時間切れ。
受講生の感想を読むと、なんだか期待を持たせてしまったようです。
来週、期待に応えなくちゃ。 ^^;


   

 
    
[PR]
by chekosan | 2015-10-12 11:07 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
母校・同志社大学法学部で3年ぶりに授業をすることになりました。
「ロシア・東欧地域研究」という科目です。

久しぶりの同志社、新しい科目。
例年受講者が200名を超えると聞きましたが、
しかし、多人数の講義科目でも一方通行の授業はしたくない。

そこで、ちょっとしんどくなるのも覚悟して、
初回から「ロシア、東欧と聞いて連想する言葉」を書いてもらいました。
b0066960_17231353.jpg

   ↑ 写真の色カードは受講生とのやりとりをするもの。
    私も手書きコメントを返します。
    受講生がどこに何を感じるのかがわかりますし、
    なにより交換日記みたいで楽しい


これはよく講義のはじめの方にやる方法で、
一般教養の政治学であれば、「政治(学)と聞いて連想する言葉」、
経済学部の1年生ゼミであれば「経済と聞いて連想する言葉」というようにします。

それらを分類して、翌週に配布します。
自分や他の学生が書き挙げた語群を眺めるだけでも、
実にいろんなことが見えてきますし、新たな連想を生むのです。

少人数ゼミなら、ふせんを使えば、その場で分類まで自分たちでできます。
多人数講義の場合は、私がパコパコと入力するので、ちょっと大変です。

今回は学生アシスタントさんたちにお手伝いいただきました。
それでも、とっても大変で、
初回出席者が83名、その4分の3まではなんとか入力し、
2回目の授業では2人以上が挙げた言葉だけですが一覧を作って配布しました。

思惑どおり! 
とってもいい反応でした。感想や新たな疑問がたくさん出ました。
第3回は、それらの疑問に答えるコーナーも作る予定です!

どんな言葉が、どんなジャンルが多かったかは、最終集計のあとに…
b0066960_17224469.jpg

    第2回授業の準備風景。
    地図に国名を埋めるコーナーもウケていました。
    わからなくてショックという感想も。^^;
[PR]
by chekosan | 2015-10-11 17:36 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)