中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan
リトアニアから1ヶ月弱、論文を出すのにヒーヒーで、いまだ旅行記録もまとめられていないのに、香港に行ってきました!(≧∇≦)

今回は本務校の一年生向け海外研修に同行☆ 「異文化理解」という科目の研修なのですが、私は担当教員ではありません。

この科目、年々履修登録者が増え、今年は55人となりました。当初配置の教職員2名では少ないので、どなたか助っ人来ていただけませんかと初年次教育担当者に声がかかり、香港には行ったこともないのにハーイと手を挙げました。

55人中1/3くらいは、初年次ゼミや「文章表現Ⅱ」などで担当していた学生。おそらく初年次教育の合同授業で見かけた先生やなという学生もいたと思います。おかげで、すぐさま彼らの中に入っていけました。

数度の顔合わせ打ち合わせを経て、55人の学生と5名の教職員、総勢60名の大所帯で、いざ香港2泊3日の旅!

現地ガイドさんに連れられて、いかにも香港なところに行ったり、


b0066960_11122476.jpg

b0066960_11110997.jpg




現地の大学生との交流タイムの時間は、学生同士にお任せなので、教職員メンバーは近場を散策したり打ち合わせしたり。


b0066960_11162980.jpg

b0066960_11170987.jpg

b0066960_11175785.jpg


最終日の午前は完全自由時間、自分たちで行動しようタイムだったので、私もひとり歩き。香港大学を見てきました。


b0066960_11212819.jpg


土地のない香港、大学の建物も山肌に張り付くように林立していました。地下鉄からキャンパスに上がるエレベーターは長蛇の列。賢そうな学生さんに混じって粛々と並びました。

旅の楽しみ、ご当地グッズコレクション。香港大学のオリジナルグッズです。


b0066960_11215349.jpg


学生たちも最終日にはすっかり慣れて、彼らだけで街歩きできたようです。

慣れた頃に帰国で残念ですが、全員無事元気に帰国できて何よりでした!!

みんな、ちゃんとレポート書くんだよ〜(^o^)/




[PR]
# by chekosan | 2017-09-08 10:51 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
2017年8月は、1日から11日までリトアニア調査旅行。リトアニア良かった。帰ってきて、資料をたくさんひも解いて、見てきた記系論文を書いて一応提出。そんなひと月。ということで、8月の読了本もリトアニアと旅が中心。9月も派生本を読んでいく。


8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2105
ナイス数:201

鴎外の恋 舞姫エリスの真実鴎外の恋 舞姫エリスの真実感想
昨年ベルリンで鴎外記念館近くに泊まっていながら記念館には行かなかった。読んでいたら絶対に行ったな。いやベルリンに行ったからこそ、この本に興味を抱けたのかも。次の機会にはぜひ行ってみよう。本書は、森鴎外の『舞姫』のヒロイン、エリスのモデルを探すドキュメンタリー。著者はベルリン在住で、ドイツ語が堪能。粘り強い調査でモデルと思われる女性を突き止める。調査のきっかけから細かい過程、著者の迷いまで、つぶさに書きとめた読み物は、研究者の書くものよりもドラマチックで面白い。若干、感情移入が強すぎるきらいはあるが。
読了日:08月04日 著者:六草 いちか


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影感想
森鴎外の「舞姫」のヒロイン、エリスのモデルと思われる女性を追うドキュメンタリー第2作。著者は、公文書や教会の文書をしらみつぶしに探し、モデルと思われる女性の妹の子孫を突き止め、女性の中年期の写真を手に入れる。前作も本作も、著者の探索を時系列で記述する形のため臨場感がある。研究者であればカットするような、調査にかかった時間や行き詰まり、対応した文書館の担当者の様子まで書かれており、調査の苦労や手法がわかるところも面白い。ただ、推測や感情に基づく記述や情緒的な表現が多い点には注意が必要。
読了日:08月17日 著者:六草 いちか


ぼくには数字が風景に見えるぼくには数字が風景に見える感想
リトアニアに関する本を洗い出していて浮上。著者はサヴァン症候群でアスペルガー症候群。映画「レインマン」のように数字に強く、記憶力に秀でている。数字や言葉は色や感覚を伴って現れるという。驚きの連続。しかしコミュニケーション能力には難がある。本書でも記述の量や濃度にムラがあり、そこに著者の特性が表れている。で、なぜリトアニアが関係するかというと、著者が1997年頃、英語教師としてイギリスから赴任したから。違いがあって当たり前という状況に身を置くことで著者は大きく変化し、自信をつける。私にはこの章が面白かった。
読了日:08月19日 著者:ダニエル・タメット


旅行者の朝食 (文春文庫)旅行者の朝食 (文春文庫)感想  → 関西ウーマン連載「信子先生のおすすめの一冊」で取り上げました。
チェコのコイ料理をSNSで話題にしたところ、読書友達が本書にも記述があると教えてくれた。その部分だけ確認して積読になっていたので、リトアニア旅行のお供にして寝る前にちびちびと読んだ。米原さんが求め続けたお菓子ハルヴァの話を読んだ翌日だったか、リトアニアの小さな村のスーパーでそれを発見。果たしてそのお味は、、、月イチ連載の書評に書きました。https://www.kansai-woman.net/Review_s.php?id=201150
読了日:08月19日 著者:米原 万里


バルト三国歴史紀行〈3〉リトアニアバルト三国歴史紀行〈3〉リトアニア感想
著者はソ連・東欧に駐在していた元ビジネスマン。バルト3国の旅の記録と歴史紹介シリーズの3巻目のためか、いつのどういう旅なのかがよくわからなかった。発行は2007年だが奥付によれば1998年から地方紙で連載されていたようなので、旅自体はそのあたりなのか? 今年(2017年夏)行って見てきたリトアニアとはずいぶん様子が違い、この間の変貌ぶりを感じられた。構成や流れやバランスがややこなれていない気はするが、これだけリトアニアをクローズアップした本はそうはない。細かく出典が示されていればなお良かった。
読了日:08月21日 著者:原 翔


ホロコースト前夜の脱出―杉原千畝のビザホロコースト前夜の脱出―杉原千畝のビザ感想
著者は小中学校の教師を勤め上げる直前に新聞で杉原千畝に関するコラムを読み、強い関心を抱く。退職後、杉原夫人や、杉原の発給したビザで欧州を脱出したユダヤ人の1人でのちにイスラエルの宗教大臣を務めたバルハフティク氏との面会を実現する。本書は夫人やバルハフティク氏の著作に多くを拠っており、独自の調査研究の成果は特にないようだが、当時の情勢や、杉原ビザ発給前後の状況を満遍なくダイジェストで小説風に読むことができる。
読了日:08月24日 著者:下山 二郎


伝記世界を変えた人々 (6) ワレンバーグ−ナチスの大虐殺から10万人のユダヤ人を救った、スウェーデンの外交官伝記世界を変えた人々 (6) ワレンバーグ−ナチスの大虐殺から10万人のユダヤ人を救った、スウェーデンの外交官感想
1944年、中立国スウェーデンの外交官としてハンガリーに赴任し、10万人のユダヤ人を救出した人物の伝記。ワレンバーグは名家の出身で、アメリカに留学し、数か国語を操る青年だったが、職業外交官ではなかった。ようやくユダヤ人救出に動きだしたアメリカの戦時難民委員会の活動を欧州で展開するための要員であった。だからこそ思いつく大胆な作戦で多くの人々を救う。ところがソ連によるハンガリーの解放直後、今後の交渉のためソ連軍司令部に赴いたまま失踪する。いまもって失踪後の足取りがはっきりしないということに衝撃を受ける。
読了日:08月25日 著者:M.ニコルソン,D.ウィナー


旅のラゴス (新潮文庫)旅のラゴス (新潮文庫)感想
人間社会の発展をやり直すとしたら系SFファンタジー。主人公は、彼らが生きる星に宇宙船でたどり着いた先祖が残した書物を求めて旅をする。書物から高度な文明の発展史を吸収するが、自分たちの世界の科学や社会的制度の自然な発展を飛び越すような知識や技術をむやみに与えることはしない理知の人。ラゴスという名はロゴスからか。そこは面白いが、出自が良く、行く先々で尊敬され、「世話をする」妻たちが現れ、子は妻たちに丸投げで故郷に戻り、すべてを得た老年に思い出の人を追って旅に出るってのは、いかにも「男のロマン」な冒険譚。
読了日:08月25日 著者:筒井 康隆

読書メーター

[PR]
# by chekosan | 2017-09-01 11:11 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
流通科学大学の前期の1年生向け基礎技能の授業「文章表現Ⅱ」(桑原桃音先生と私で担当)で課題として取り組んだものの一つに、新聞への意見文投稿があります。気になる新聞記事を見つけて、それについての意見を400字程度にまとめて投書しました。

過去2年もそれぞれ1名ずつ新聞に掲載されたことが確認できましたが、今年はすでに3名の投書が掲載されたことを確認できました。嬉しい驚きです。

新聞の投書欄には膨大な数の投書が寄せられますし、「文章表現Ⅱ」だけでも同時期に100名近くが一斉に投書するので、よく書けていても掲載されるのは難しいことです。掲載されなかった学生たちの意見文も、展示や冊子作成などで、多くの方に読んでいただく機会を作りたいと思います。


画像の処理が下手で恐縮ですが、掲載された文章をご紹介します。



愛媛新聞2017年7月15日掲載

b0066960_11414670.jpg

毎日新聞 2017年8月1日掲載

b0066960_11422066.jpg

神戸新聞 2017年8月23日掲載

b0066960_11424804.jpg



[PR]
# by chekosan | 2017-08-24 11:54 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
ポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ監督の遺作となった「残像」を観てきました。

実在した画家ストゥシェミンスキ(1893-1952)の晩年を描いた作品です。第一次世界大戦で片手と片足を失ったストゥシェミンスキは、その後、美術を学び、画家として名を馳せます。美術館や造形大学の創設、興隆にも尽くし、学生に慕われ、周囲からの尊敬を受けていました。

ところが、ポーランドがスターリン主義に染まっていくなかで、あらゆる表現活動も「社会主義リアリズム」に基づくことを強制されます。それに抗ったストゥシェミンスキは、大学の職を奪われ、困窮し、病に伏して亡くなります。

救いのない、重い映画です。

いや、学生たちが、危険が及ぶとわかっていても、職を解かれたストゥシェミンスキの部屋に出入りして師事したり、無職となった彼になんとか職を見つけてきたり、彼の理論を口述筆記して本にしようとしたりと、ずっと慕い続けるところは救いと言えば救いです。映画パンフレットによれば、のちに口述筆記された本は地下で出回ったそうです。

大学での講義シーンや、学生たちが目を輝かせて話に聴き入るシーンは、映画「ハンナ・アーレント」を思い出しました。アーレントもアイヒマン裁判のレポートを書いたあと、激烈に批判を浴びるのですが、堂々と自説を講義します。それにうっとりと聴き入る学生たち。いいシーンでした。あとヘビースモーカーなところも被りますね。(^^;

◇◇◇

面白いと思ったのは、ストゥシェミンスキに作品の講評をしてもらおうとアパートにやってきた学生たちに対して、「どれもいい、オリジナルだから」「モンドリアンを真似しようと思うな」「自分の真似をするな」とアドバイスをするところです。

映画パンフレットにも使われている白と赤と黄色と青は、ストゥシェミンスキの代表作からのデザインですが、すごくモンドリアンと似ていると思うのです。

でも、ストゥシェミンスキの作品や理論は、どんどん進化していったようで、映画の中で描いていた2枚の絵は、モンドリアン的な画風とはずいぶん違っていました。常に自分で考え抜いて、自分の表現方法を追求しつくすことを学生に教えたかったのでしょうね。


b0066960_17260551.jpg


◇◇◇

映画では、主人公ストゥシェミンスキはもちろんですが、一人娘ニカの存在感が際立っています。父を愛し、父の体を案じながらも、母と離婚して一人暮らしの父の元に女子学生が足繁く通っていることに苛立ち、母が亡くなっても遺言だからと父に知らせず、病に倒れた父に心配させまいと友達から靴を借りて新しいものを学校の寮でもらえたと報告する、とても気丈な少女です。

とはいえ、14,5歳くらいで母と父を次々に亡くして、彼女はどうなるのだろうと心配になるのですが、無事成長し、精神科医となって両親に関する本も出版しているようです。

◇◇◇

映画のなかで、ストゥシェミンスキのデザインした美術館の部屋がペンキで白く塗られ、作品は取り外されます。彼が手掛けたカフェの壁面装飾も非情にもノミで削られてしまいます。最晩年の困窮した姿もですが、彼の作品が冒涜されるシーンが観ていてもっともつらかったです。

どんどんと彼の作品が葬り去られていくなかでイスラエルに移住するという教え子が、「我がユダヤの友へ」と題された連作コラージュ作品を預かって、皆が観られるようにしたいと申し出て引き取るというシーンがあります。どうやらこれは実話のようで、この作品はイスラエルのヤド・ヴァシェムに所蔵されているようです。(一部はクラクフの美術館に所蔵?)

他の作品はどうなったのでしょう。映画の中では、美術館の倉庫に隠されていましたが、今は一般公開されているのでしょうか。彼が手掛けた展示室は復刻されたのでしょうか。

◇◇◇

美術を学び、体制に与せず表現活動を続けたワイダ監督の最後の作品らしい題材だと思います。主人公のストゥシェミンスキは、知的で品があり、ワイダ監督と似ているようにも思えました。
[PR]
# by chekosan | 2017-08-21 09:12 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
「関西ウーマン」に掲載していただいている書評「信子先生のおすすめの一冊 」、今月は故・米原万里さんの『旅行者の朝食』です。食べものにまつわるエッセー集です。

米原さんの本のタイトルはひとひねりあるものが多いですが、本書もそう。表題の意味は米原さんの本でぜひ確かめてください。


b0066960_11560683.png




ところで、今月から書評にもタイトルが付くようになりました。「コイとハルヴァと少女と私」。米原さん風に、こちらもいろいろ掛けてあります。(=´∀`)

ちなみに、私が見つけたハルヴァをこっそりアップしておきます。食べた感想は、、、書評本文で!


b0066960_11481490.jpg



b0066960_11485201.jpg

[PR]
# by chekosan | 2017-08-19 11:47 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
昨年8月のベルリン、プラハと、今年のリトアニアには、下の息子(小学5年生、10歳)を連れて行きました。順番からいくと今回は兄(高校1年生)にしたかったのですが、予想外に夏休みの登校が多く、今回も弟に。


1)何を見るか、どこを回るか、何をさせるか

昨年はまだ9歳、体も小さく、歴史や英語の知識もぜんぜんありませんでした。一年経って、背は少しは伸びましたが、そう劇的に変化があるわけではありません。

しかも、あくまで目的は私の教育、研究のための素材探し、資料集め、現地確認です。秘密警察の拘置所跡だの強制収容所だの博物館だの、子どもには辛気臭いおどろおどろしいところが主たる見学先になります。

でも、普段から私の積んでいる本や、鑑賞している映画をちらちら見ているので、前回も今回も、「おっかあの仕事が優先やし!」と特に抵抗なく、どこにでもご機嫌でついてきました。

さすがに虐殺シーンなどが写真で出てきそうなコーナーでは、このあたりは見なくていいよ、見ない方がいいよと予告するなどの配慮はしています。

それにしても行き先があまりにも子どもらしくないかなとも思いますが、そもそも、子どもにとっては、自分のまちを離れれば、日本国内であっても驚きの連続、発見の連続です。

ベッドタウンの新興住宅地で生まれ育った息子は、空港に向かう特急列車の窓から見えた二戸イチならぬ4戸イチの住宅を見て「いま家がつながってたで!」とびっくりするくらいです。ましてやヨーロッパをや。何を見ても新鮮です。

とはいえ、大人でも相当興味がなければ鬱陶しいだけのマニアックなところばかり回りますから、ただついてこい、静かにしていろというのでは苦痛でしょう。

そこで、子どもにはデジカメを持たせて、どんどん写真を撮らせました。昨年は子の撮った写真は使いものになりませんでしたが、今年はずいぶん上手になっていました。

もちろん、資料として、きっちりぶれなく漏れなく撮りたいところでは、私がデジカメを使って撮影します。デジカメの方が撮れるスピード、質、枚数、バッテリーのもちが断然良いと思います。シャッター音もさせずに済むので、周囲にも迷惑がかかりません。

子ども自身が撮った写真には、私には見えていなかった街の様子が収められていることもあります。体が小さいということもあって、子どもの目の付けどころや見えているものは文字通り大人とは違うので、スレた大人の私にも新鮮な発見があります。これは小さな子どもを連れて行く利点です。子どもをダシにして、私一人では若干ためらわれる写真を撮ることもできます。

例えば、小5になっても遊具や公園は気になるようで、見つけると漏れなく吸い寄せられていました。それによって、私も、その街で子どもがどう暮らしているかという観察の視点が追加されました。

リトアニア第2の街カウナスには、次の写真のような遊び場が歩ける範囲にいくつもあり、子育てしやすそうな雰囲気がありました。

そういう街はやはりほかのところにも目と手が細かく行き届いています。緑や花やベンチや噴水やゴミ箱なども多く、よく掃除や手入れがされています。おかげで、ただ歩いているだけでも気持ちが良かったです。

これは目抜き通りの突き当り、大きな聖堂前の広場です。お揃いの反射ベストを着て遊びにきた子どもたち。就学前の幼児か?



b0066960_13113210.jpg

上の写真とは別のとき。学童くらいの子どもたちが引き上げていくところを見送る息子。


b0066960_13104970.jpg

アイス屋さんが、わたあめも売っていました。息子も欲しがりましたが、これは阻止。残すに決まっている(笑)


b0066960_14500779.jpg


2)もったいないくらいスケジュールはゆったりと

息子は普段から早寝早起きで、小学校が遠いので、重いリュックを担いで2キロや3キロ歩くのには慣れています。が、その分、夜は電池切れになります。

いろいろなものに目をとられ、立ち止まり、撮影し、道に迷い、アイスを食べ、、、などとしていると、そうはたくさん回れません。

ヨーロッパでの外食は日本よりも時間がかかります。慣れないところを歩き回るので、普段以上に休憩が必要です。

今回は、息子が到着後2、3日は思いっきり時差ボケになっていたので、朝からその日のメインの目的地に行って、お昼は外食、いったん宿に帰って休憩。息子は昼寝。夕方からまた少しだけ散歩や食事というパターンが多かったです。

夏のリトアニアは21時半くらいにならないと暗くならないので、夕方からの外出も危険なくできました。それでも、息子は8時には眠くなり、9時にはぐっすりだったので、私も夜は宿で家計簿をつけたり、その日の記録をアップしたり、次の日の計画を立てたりしておとなしくしていました。

気力体力体調維持を考えると、大人も無理をしない方がいいと思います。日本で家族や友人とお出かけするときでも、一日にできるのは、せいぜい展覧会を2つ観て、食事とお茶くらいするくらいではないかと思うのです。いろいろ回りすぎると、どこに行ったのか、何を見たのかがごっちゃになって、消化しきれないように思います。

私は初めて海外に行ったのが、40日ほどのロシア語研修で(当時はまだソ連)、うち4週間ほどはレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)の外国人専用ホテルで半日授業、半日はエクスカーションでした。それでもレニングラードを見尽くしたようには思えませんし、語学研修が終わってからのモスクワやキエフに至っては、ほとんど記憶に残っていません。

まあ当時は写真はネガで、ビデオも普及していなかったので、年月とともに記憶は薄れる一方で、なんでも大量に残せる今の時代とは条件が違うのですが。

そんなわけで、今回も、9泊11日で2都市のみ。カウナスで4連泊、ヴィリニュス4連泊、最後にまたカウナスに戻って同じ宿に1泊しました。

カウナスは日帰りで十分という人もありますが、たしかに、大人だけで一通り歩くだけならそれも可能です。でも、たいへん快適な街なので、可能ならばぜひゆっくり滞在されることをおすすめします。

私は、カウナスもヴィリニュスもまだ足りないと思いました。リトアニアに数か月くらい滞在できるような仕事のクチはないだろうかと思いました(思っています)。


カウナスのメインストリートには、滞在中に、こんな滑り台も出現。こちらは有料です。息子は興味津々でしたが、結局恥ずかしがって滑らず。

b0066960_14025074.jpg


これも滞在中に出現。日本のショッピングモールでも走っていますが、電気の汽車(もどき)です。カウナスのメインストリートは歩行者と自転車(緑のレーン)のみ通行でき、しかもとてもゆったりしているので、この汽車くらい問題なく通れます。私がちょっと乗りたかった(笑) 汽車はヴィリニュスでも大聖堂の広場周辺を走っているのを見ました。


b0066960_14043310.jpg



3)何をどれだけ持っていくか

<洋服>
「旅の準備」編にも書きましたが、息子は体が小さいので、荷物は極力軽くしています。でも、洗濯に追われるのもしんどいので、洋服はある程度の数は持っていきます。目安は、上下、肌着とも、日数の半分くらいずつ。毎日写真を撮るので、同じ服は2回くらいでとどめたいところです。

後半の宿は洗濯機付きのアパートメントタイプに。前半は手洗いしました。今回は、ひどく暑くもなく寒くもなく、湿度が低くて過ごしやすかったので、これくらいの枚数で程よかったです。

<靴>
靴はかさばるし重いのですが、大人も子どもも履きなれたものを複数持っていくようにしています。雨や汚れや傷みを考えるとやはり替えは必要かなと思います。今回は、息子の靴の一足が最後の方で破れたので、最後に捨てて帰りました。

<食料と水分>
食べ物もある程度持っていきます。息子の大好きなお菓子、白米パック、インスタント豚汁などなど。何よりも持っていって良かったのは、伊藤園の水出しができるほうじ茶ティーバッグです。我が家では一年中やかんに番茶を作って飲んでいるので、近い味のものにしました。水でも香りがよく出て、これはヒットでした。20パック入り、すべて使い果たしました。開封時に粉が飛ぶので、それだけは注意です(笑)

前半のカウナスのホテルに湯沸かしグッズがなかったのは誤算でしたが、そこそこ暑いわりには部屋に冷房がなかったので、ガスの入っていないミネラルウォーターをせっせと買って、ほうじ茶を作りました。

外出時には、持っていった水筒に水出しほうじ茶を作って持ち歩きました。食事のときには100%ジュースを注文したりしたので、結果的には湯沸かしグッズがなくても大丈夫でした。

後半の宿ではキッチンが整っていて、気温もやや下がったので、お湯をどんどん沸かして、宿が置いてくれていた紅茶や、持っていったインスタントコーヒーも飲みました。
お茶タイムがとれたことで、ずいぶんくつろげました。やっぱりお湯が沸かせるのはいいなと思いました。



b0066960_14304494.jpg

<娯楽、勉強、ヒマつぶし>
息子は文庫本を6冊ほど持っていきました。旅のはじめの方は、空港へ向かう電車、空港での待ち時間、機内などヒマな時間がたくさんあります。はじめの2、3日で持っていった本は読んでしまいました。そのあとは日中歩き回ってバタンキューだったので、宿のテレビでアニメをほんの少し見たくらいでした。

夏休みの宿題も持っていきましたが、予想通りほとんどやらず。一行日記を書いていたかなというくらいです。葉書を出すというのも宿題の一つだったので、現地から学校の先生方、ピアノの先生、自宅に絵葉書を出しました。

絵葉書を買い、文面を考えて書き、郵便局を探して切手を買って投函するだけでも、子どもにはちょっとした「仕事」になったかなと思います。なお、自宅への葉書は1週間ほどで届きました。

カウナスの郵便局。カッコイイ。内部も素敵。ここで切手を買いました。


b0066960_14472158.jpg



b0066960_14484376.jpg

4)子連れのメリット

小学生くらいの子どもを連れていると、邪険にされたり怪しまれたりされることは、まずないです。どこでも優しくしてもらえます。大人だけだと見落とすこと、気がつかないことに目がいくということも多いです。何より親子で同じ経験を共有できることが大きいです。

私の場合、下の息子は小さいときからほったらかしだったので、二人きりの旅は貴重な時間です。父親や兄が大好きな息子も、旅先では頼れるのは母だけ。私も話し相手は息子だけ。蜜月です。

そういえば、パネリアイという村に行ったとき、森からガサガサとナイフを持っておじさんが出てきて、一瞬ドキッとしました。どうやら葉っぱを採っているようだったので、ホッとして「あ、葉っぱを採ってはるんか」とつぶやいたら、「『そうだ、葉っぱを売ろう!』やな」と息子。なぜ知っているのかと聞いたら、「本棚に本があったから、ちょっとだけ見てん」とのこと。

子どもは案外、見ている。教えなくても吸収していて、それらが繋がるときがあるんだなと感心した次第です。

月日が経てば忘れるかもしれない。でも、旅先でもいろいろ吸収してくれているんじゃないかな、それで十分じゃないかなと思います。


リトアニアのニャンコにじゃれてもらう息子。



b0066960_15062563.jpg


カウナスのお城跡で、現代アートな壁画を狙う息子。空がきれい。


b0066960_15075507.jpg


つづく。

[PR]
# by chekosan | 2017-08-17 15:29 | リトアニア | Trackback | Comments(0)
美術館「えき」KYOTOで開催中の「エリック・カール展」に行ってきました。

旅行から帰って3日間、片付けやら掃除やら急ぎの連絡やら書評連載の執筆やらなんやらで家にひきこもっていたので、久しぶりのお出かけです。お友達親子とお会いするのが目的だったのですが、帰りがてらこの展覧会にも行かれるというので便乗しました。

エリック・カールといえば、『はらぺこあおむし』。上の息子がまだ寝転がっているだけだった赤ちゃん時代、並んで寝転がって読み聞かせしたところ、最後にあおむしくんがきれいなちょうちょになるところで、目をキラキラ輝かせて、わああ~~という顔をして興奮しました。おお、乳児でも絵がわかるんだ、あざやかなきれいな色合いにこんなに反応するんだ!と感心しました。

以来、あおむしくんは、そらで言えるほど何度も読み聞かせしました。あおむしくんが次々いろんなものを食べるページを息継ぎなしで一気にたたみかけるように読むのが私流です。

『パパ、お月さまとって!』や『たんじょうびのふしぎなてがみ』なんかも愛読書でした。

◇◇◇

展覧会の内部は撮影禁止ですが、撮影ポイントがいくつかありました。こういうのを見ると素通りできないわたくし。


b0066960_21424645.jpg


展覧会には、赤ちゃん連れのお母さんがたくさん来られていました。入り口にベビーカーが何台も停まっている展覧会って、そうはないですよね。赤ちゃんたちが絵を観ているかは(角度や高さ的にも)微妙でしたが、お母さんたちが幸せそうに語りかけるので、赤ちゃんも満面の笑顔になっていました。お母さんが満たされて、ほわっとなれる時間が持てることは大事だよなあと思いました。

面白かったのは、習作が展示されていたこと。絵本を作る前に、まず普通の紙をノート状に束ねて、そこにサササッと簡単なスケッチを描いていくのですね。その一番最初の段階のものが何点かあったのです。

これがなんというか、子どもの絵みたいな感じで、鉛筆でさらさらっと動物の輪郭だけを描いたものだったのですが、うちのチビッコ画伯にも描けそうなどという不遜な考えがよぎってしまう感じなのです。

もちろん、そこから絵が整っていき、あの絶妙な組み合わせの色や模様が入ると、まったく違うものになるわけですが。わかっていても、なんだか味があって、素朴な感じで、微笑ましく感じたのでした。

◇◇◇

美術展のグッズ売り場、伊勢丹百貨店の子ども服売り場にはカールさんのデザインのグッズがいっぱい。飛ぶように売れていました。私は、動物柄くつしたが好きな下の息子に、あおむしくんくつしたを買いました。帰宅して実物を見せたら、ピンクのボーダーのがいいと意外な選択。では、残りは私が履くことにしましょう。(⌒∇⌒)

b0066960_21104870.jpg

[PR]
# by chekosan | 2017-08-15 21:51 | 美術 | Trackback | Comments(0)
8月1日から11日まで、リトアニアのカウナスとヴィリニュスに研究のための調査旅行に行ってきました。お供は下の息子(10歳、小学5年生)です。

昔はマメにヨーロッパに行っていたのですが、1999年にチェコへ行ったあとはピタッと止まっていました。すっかり出不精になり、飛行機怖い、海外億劫になっていたのですが、フランクフルトの友人の赤ちゃんが赤ちゃんのうちに会いたくて、昨年2016年3月に上の息子と行ってきました。

すると、もっと行きたいという欲がわいてきたので、昨年8月、今年と同じ日程で、下の息子と二人でベルリンとプラハに行きました。

2回のドイツ訪問のときには、友人と、その友人が通訳や案内をしてくれました。プラハは勝手知ったる街なので問題なし。

しかし、今度は案内人もなし、リトアニア語は一切わかりません。が、前期授業、広島日帰り出張、下の息子のピアノ発表会、本務校の成績報告などにバタバタしているうち、関空に着いていました。

でも、リトアニア、まったく不安に思う必要はありませんでした。美しい街、穏やかな雰囲気、抜けるような青空にすっかり魅了されて帰って来ました。

ということで、リトアニアの魅力と、旅の記録やTipsを忘れないうちに書き留めておきたいと思います。私が助けられたように、行ってみたいなと思われる方の参考になれば幸いです。


1)航空券

今回は、ドイツに行ったときにお願いした旅行会社では、日程や価格で条件の合うチケットが取れませんでした。HISなどの格安航空券のサイトなどでも同じでした。

ふと航空会社なら残っているかもと思い、欧州への飛行時間が短いフィンランド航空(フィンエアー)のHPで探してみました。すると、値段もほどほどで、少し追加料金を出せば席の指定もできるとわかりました。これが大正解でした。飛行時間が短いのはやはり楽です。またフィンエアーを使いたいと思いました。

今はインターネット上で申し込みから、オンラインチケットの発行、前日からのチェックインまでできます。オンラインでチェックインをしておくと、ボーディングパス(搭乗券)が発行されてメールなどに届きます。これを紙に印刷するか、スマートフォンなどに保存しておいて提示すればOKです。

早めにオンラインでチェックインしておくと、空港カウンターで荷物を預けるだけの人専用窓口に直行できます。旅行シーズンの大きな空港では、待ち時間が相当短縮できます。また席もオンラインチェックインのときに指定できます(航空会社のクラブメンバーに登録した場合だけかもしれません)。

私たちは、往路はボーディングパスも紙に印刷していったのでスムーズだったのですが、復路は印刷ができなかったため、私と息子の分をそれぞれ、iPad と iPhone で提示しました。すると、サイズの問題で、iPhone の方はうまく感知してくれませんでした。そのため、iPad でもう一人の分も提示しました。

ヘルシンキでの乗り換えのときには、空港職員がすぐにPCで確認してくれて事足りました。結果的には、どこもすぐに通れたのですが、電子機器に保存したボーディングパスだけだと、そういう小さなつっかかりがあるかもしれません。できれば紙でも印刷しておくと確実かと思います。


2)宿の手配

昨年3月のフランクフルトの宿は、友人の家に近いホテルにしました。友人が直接、ホテルに電話で予約をしてくれました。最後に引き上げるときにクレジットカードで支払おうとしたところ、カードが通らない。現金はさほど残していませんでしたから、どうしようかと青ざめましたが、友人が立て替えてくれて、後日友人の口座にお金を振り込むことでしのぎました。VISAカードでもこういうことは結構起こります。おそらく番号を打ち込むなどしてくれればいけるはずだと思うのですが。


昨年8月のベルリンとプラハは、9歳息子を同行させるので、自炊ができるアパートメントタイプの宿を探したいと思いました。いくつか予約サイトを見比べて、Booking.com で予約しました。ここは見やすくて、説明がていねいで、手順もわかりやすくて使いやすいと思います。今回のカウナスとヴィリニュスの宿もここで取りました。宿への連絡なども迅速で、トラブルなどはまったくありませんでした。

今回は、どちらの宿でもチェックイン時にVISAカードで支払いました。まったく問題なくスムーズでした。

ちなみに、今回は2人で計9泊(朝食代別、税込み)で総額505ユーロ(1ユーロ125円だと6万3千円強)でした。一人1泊3500円くらいということになるでしょうか。


3)お金の用意

現金をたくさん持ち歩きたくはないのですが、クレジットカードは使えなかったり、通らなかったりすることもあります。クレジットカードからお金を引き出すこともできるはずですが、私はうまくできませんでした。

そのため、やはり現地では日本で持つくらいの現地通貨を持つ必要があると思います。まずは当座必要になりそうな額を出発前か出発時の空港ででも作っておくと安心かと思います。

ドイツやチェコやリトアニアでは、空港や駅、市中で簡単に両替できます。昔はパスポートを提示していた気もしますが、いまはさっさと交換してくれます。ほとんど時間はいりません。

今回のリトアニアでは、首都ヴィリニュスの鉄道駅横の両替センターでも、市内の銀行でも、地方都市カウナスの小さな両替屋でも、レートや手数料はほぼ同じでした。

プラハでは店や銀行によって、手数料にかなり差がありました。比較してお得なところでする方がいいと思います。

物価は、ドイツは日本と同じような感覚、プラハはものによってはやや低いですが、外食などは案外かかります。

リトアニアは宿や交通運賃は安いですが、外食は高くはないという程度で、お土産ものはそこそこかかるという感じでした。元共産圏でも、今は意識して節約しないと、そこまで安く済ませるのは難しいように思います。

なお、公共交通機関や博物館では、子どもや学生は割引料金が適用されることが多いです。ただし、その線引きが9歳だったり、10歳だったり、なんの学校に通っているかだったりするようでした。

リトアニアの鉄道は、10歳は大人と同じ料金と言われましたが、バスは半額だったような。博物館なども半額くらいでした。いずれにしても、現地の言葉がわからなくても、どこでも英語に切り替えて必ず子どもの年齢を確認してくれました。


4)下調べとスケジュール設定

子連れとはいえ、私の教育・研究のために社会教育施設や歴史的な出来事があった現場を見に行くのが主たる目的ですので、そうしたことに関する下調べはしました。関連する書籍を読んで、行くべきところを洗い出すという感じです。

美術館や音楽会やエンターテインメントは、はじめから計画しませんでした。子の気力、体力の問題もありますが、見てきたことをじっくり咀嚼するには、あまり1日にいろいろ詰め込むと印象が薄れるからです。

また、書籍や資料を入手すると、それらを宿に運んで確認したり、あるいは郵送したりするのにも結構な時間がかかるからです。

実際、今回は特に行く道すがら面白いところを発見したり、行ってからこれはという施設を見つけたりしましたので、ゆるめに計画しておいて正解でした。結果的には、想定の3倍くらい、みっちり見て回った感じです。


5)地図、ガイドブック、通信手段、撮影道具

リトアニアを扱っているガイドブックは少ないので、『地球の歩き方』だけ持っていきました。絶対ここは行きたいというところや、『歩き方』に載っていないところは、インターネットで下調べしておきました。

実際に動くときには、現地の観光案内所で手に入る地図が役立ちました。紙一枚ですし、『地球の歩き方』よりも広範囲をカバーしていたり、通りの名前が細かく出ていたりするからです。

惜しまず写真を撮りたかったので、iPhone と iPad とデジカメを持っていきました。さすがに3台持ち歩いていると、バッテリー切れや容量不足にはなりませんでした。

デジカメには、16GBのSDカードを入れ、さらに予備で16GBのSDカードを持ち、予備のバッテリー1個を持っていきました。デジカメでは2300枚ほど撮影しました。

残り2台で1800枚くらい写真を撮りましたが、こちらの充電は宿でしただけです。ただ、小さい街なので、朝出かけて行って、午後に一度宿に帰って一休みし、夕方また出かけるまで充電するということはありました。

宿はwifiがあるところを選びました。街歩きや移動のときのためにwifiルーターを借りるかだいぶ迷ったのですが、ヨーロッパだと値段がかかること、準備に時間が取れなくて安いプランは閉め切られていたことなどで、持っていくことができませんでした。

が、wifiルーターがなくて困ったことは、ほぼありませんでした。カウナスからヴィリニュスに移動するときに、電車の到着時間が検索よりも遅くて、宿のオーナーとうまく落ち合えなかったときくらいです。そのときは、最寄りの観光案内所でwifiに繋いで、メールで連絡をとりました。

普段からグーグルを頼りに歩くということをしたことがないので、街歩きは宿で行き方を調べて経路をスクリーンショットで残し、それをときどき確認するなどしました。もしくは、紙の地図で確認しながら歩きました。

空港や、空港へのバス、カウナスーヴィリニュス間の列車ではwifiが快調に繋がりました。カウナスのメインストリートのベンチには、公共wifiの案内板がかかっていましたが、これはうまくつながりませんでした。

というわけで、今回は結果としては、wifiルーターはなくても大丈夫だったのですが、あると安心かなとは思います。


6)荷造り、スーツケース

子が華奢なので、中型と小型のスーツケースにしました。子のスーツケースには、お菓子や食料、折り畳み洗面器やハンガーなど軽いものばかりを入れました。帰りは食料がなくなったので、お土産を入れました。私の方には2人分の衣類や靴など重いものを入れました。

行きは14.60キロと6.60キロで2人で21.20キロ、帰りは17.60キロと10.00キロで27.60キロだったので、6.40キロ増えたことになります。それでも、フィンエアーの重量制限は、1人23キロなので、2人で一人分くらいで収めることができました。

これくらいだとエレベーターのないホテルの3階でも、私たちでもなんとか上げ下ろしができます。まあ本当は子がもう少し大きくなって、自分のものは自分で持ってくれれば楽なのですが。

なお、たくさん買った本は郵便局で送りました。


つづく

b0066960_23581177.jpg
















[PR]
# by chekosan | 2017-08-15 00:20 | リトアニア | Trackback | Comments(0)

有名な作品であることは知っていましたが、観たことがなかった「ショーシャンクの空に」。お友達から、モーガン・フリーマンが出ていること、刑務所の図書館の話が出てくることを教えてもらって、いつかは観たいなと思っていました。先日、リトアニア旅行からの帰りに観ることができました。


b0066960_15200240.jpg


妻とその愛人殺しの冤罪でショーシャンク刑務所に入れられた元銀行家の男性が主人公。自由な暮らしを取り戻すべく、決して希望を捨てずに、粘り強く刑務所の暮らしを多少なりとも改善していこうとします。

インテリで税の知識や資金運用力があることを買われ、特別な引き立てで図書館係になった主人公は、議会に毎週手紙を書き、6年かけて、ついに図書館の経費を獲得します。仲間たちと空間を整え、受刑者たちの高校卒業資格取得の世話もするようになります。

広くきれいになった図書館で、本やレコードを楽しみ、資格のために勉強する受刑者たちの様子が描かれる場面はとても明るく生き生きしています。

◇◇◇

刑務所の図書館といえば、もうだいぶ前に読んだ『刑務所図書館の人びと』も面白かったです。ハーヴァード大学を出て、ユダヤ教のラビになることを期待されていた秀才が、その道を進まず、刑務所図書館の職員になるという話です。実話なのか創作なのか、よくわからない不思議な雰囲気のある話です。




b0066960_15263403.jpg

アヴィ・スタインバーグ『刑務所図書館の人びと』(柏書房 2011年)

◇◇◇

日本でも、刑務所で本を読むことは権利として保障されています。昔の政治犯、思想犯が刑務所で読書に勤しみ、新しい言語を習得したというような逸話を何かで読んだ記憶があります。

ところが、戦時中のドイツやソ連の管理していた強制収容所では、読書や書き物は禁止されていて、数冊の本を命がけで隠し持ったという逸話があります。本を読むこと、学ぶことはそれだけ人の精神活動に重要であるいうことですね。

イトゥルベ『アウシュヴィッツの図書係』(集英社 2016)
感想はこちら http://chekosan.exblog.jp/26705653/


b0066960_15514314.jpg


今回のリトアニアでの旅では、ユダヤ人追放、虐殺の歴史について学べる施設にいくつか行きました。リトアニアでも、たいへんな数、割合のユダヤ人が迫害を受け、殺されています。そのような時期でも、ユダヤ人コミュニティは、なんとか文化・スポーツ活動、教育活動を維持しようとしていたという説明があり、強く興味を持ちました。詳しく調べてみたいと思います。










[PR]
# by chekosan | 2017-08-13 16:06 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
リトアニアに向かう機内で観た映画2本目。「ユダヤ人を救った動物園」という日本語題で原作が出ているようです。実話を基にした映画です。

ナチスドイツの侵攻で多大な被害を受け、閉鎖に追い込まれたポーランドのワルシャワの動物園が豚農場に転換して、それを隠れ蓑にユダヤ人300人を匿い、2人を除いて全員を救ったというお話です。

ユダヤ人を匿えば、何人であろうと匿った人まで捕まる時代に、ゲットーから人々を連れ出して数日から数年にわたって匿い、世話をするというのは誰にでもできることではありません。たいへんな勇気と知恵と行動力です。

流れもわかりやすく、しっかり泣ける映画です。ただ、ドイツに占領されたポーランドの話なのに、セリフが英語なのが残念。あまりポーランドっぽく感じませんでした。

b0066960_02530255.jpg





[PR]
# by chekosan | 2017-08-04 02:36 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)