中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

同志社大学法学部の「特殊講義 ロシア・東欧の政治と社会」、
前回はちょっと脱線して村上春樹『1Q84』でしたが、今回からは真っ向勝負、ミラン・クンデラです。


クンデラの『存在の耐えられない軽さ』は1984年に発表された小説です。
1988年に映画化され、日本でもちょっとしたブームになりました。

私も学生時代だったか院生時代だったかに読みました。
が、細かいところはさっぱり忘れており、今回ノートを取りながら再読して、
こんな話だったか! こんな構造だったか! と唸りながら面白く読みました。


建国の父といい、反体制運動家のちの連邦大統領といい、世界的ベストセラー作家といい、
チェコ(スロヴァキア)は哲学な人に満ちている。。。


b0066960_14483855.jpg



この作品、帯にあるように「愛のクァルテット」の「ラヴストーリイ」には違いないのですが、
普通にお話が時系列で進んでいくわけではありません。

のっけからニーチェ。読者を選んでいるのかと思わせる出だしです。

男女2組(と言えるのか微妙…)の恋愛、性愛、夫婦愛が軸ではありますが、
それを題材に、クンデラが人間性や人生、社会について、
あれこれ、洞察、考察、思考を繰り広げ、深めていく部分が、むしろ読みどころです。

主な登場人物4名の視点から、出来事と心情が描かれ、
それをクンデラがいわゆる「神の視点」から解説をするというパターンが繰り返されます。
それも、明確に「私はここで~~といっておきたい」というような表現で。

あくまでこれは「小説」、つまり、私=クンデラが作ったものですよと
身も蓋もなく提示しているわけなのです。

言い換えれば、小説という形を借りて、
「人生における偶然とは」「重さと軽さとは」「人生や歴史は繰り返すのか一回限りなのか」
「愛とはなにか」「神とは」「キッチュ(俗悪なもの)とは」等々について
クンデラが思索を深めていく過程を追っているような作品なのです。

こんなの、下手な作家や素人がやったら野暮なことこのうえない。
その点、クンデラはさすがに上手い、すごいと思うのですが、ちょっくどいと思わなくもない。
読書サイトでも、「難解」とか「わけがわからない」とかいう評が多発しているようです。

確かにスー―っと読める小説ではない。
でも、考察部分を飛ばしたり、いいかげんに読んでしまうと、
7割がた読む意味がなくなると思います。

恋愛やら性への姿勢には親子関係が深く影を落としていたり、
女性の精神的・経済的な自立やアイデンティティの確立もまた、
家族や育った環境やパートナーとの関係性が深く影響していたり、
そこに社会や政治の状況が絡んできて一層ややこしいことになったり。

でも、時代や社会状況の影響だって、どこまで個人の人生に決定的なのかはわからない。
人生に分岐点はいくつかあって、違う人生もありえた、
だからといって違う道を選んでいたらどうなっていたかはわからない、、、、

そういう枝葉的なところを読み落とし、
別の視点から自己や他者を見るという過程を省いてしまうと、
単なる「好色一代男とその女たち」な小説になってしまいます。

まあそこも結構面白かったりするんですが(笑)
200人と、って、、いやはや、、 (^-^;


授業では、哲学的考察をしている部分について、いろいろ語り合いました。
一部、ちょっとわからないなあ、というところもありました。

結果、クンデラを一作で終わるのはもったいないということで、
次作、次々作もクンデラの代表作を読むことにしました。

これをどうやって映画にしたんだと気になって仕方ないので、DVDも注文しました。


クンデラ月間、まだまだ続く。
[PR]
by chekosan | 2016-11-30 16:21 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)

11月14日、流通科学大学の初年次科目「文章表現Ⅱ」作品コンテストの表彰式を執り行いました。

今年度は「文章表現Ⅱ」の学習活動に対して、大学から「教育実践推進費」の助成を受け、
学園祭での展示や横浜の図書館総合展への参加を支援していただいています。
特に大学図書館には、事務の所管として、さまざまな場面でバックアップしていただいています。

そこで、今年の作品コンテストでは「図書館賞」を設けさせていただきたいとお願いしましたところ、
館長から学長にも取り次いでいただき、「学長賞」も授与していただけることになりました。

表彰式は学長応接室で行われました。はじめは、みんなちょっと緊張気味でしたが、
学長、館長両先生が気さくに話しかけてくださったので、とてもなごやかで楽しい雰囲気になりました。




b0066960_13513525.jpg


入賞者のなかには、図書館総合展に参加した有志メンバーが2名いたので、
横浜での活動について報告してもらいました。
学長、館長先生からは、さらなる飛躍をと期待の言葉をいただきました。

受賞されたみなさん、おめでとう。今後の活躍を期待します。

  • POP部門 最優秀賞(学長賞) 大塚 未来さん(人間社会学部)  作品『王様ゲーム』
  • しおり・帯部門最優秀賞(図書館賞) 坂口 優美さん(商学部) 作品「読書推進しおり」
    POP部門2位 橋口 脩斗さん(人間社会学部) 作品『犬と私の10の約束』
  • POP部門3位 バラジーナ ルカさん(人間社会学部) 作品『The Secret』




  • b0066960_13544574.jpg


  • なお、作品コンテストは、学園祭の2日間開催し、在学生・教職員・一般来場者の区別なく、
    お一人一票を投じていただき、単純集計しました。
    展示は有志学生に参画してもらいましたが、開票集計は科目担当教員のみで行いました。

    開票の結果、ほぼすべての作品に票が入っていました。これは指導者としては大変嬉しいことでした。
    そのなかでも受賞された皆さんの作品はやはりとてもデザイン性に優れたものであったと思います。



    流通科学大学HPの記事はこちら


    http://www.umds.ac.jp/news/2016/nov/1116_01.html

  • [PR]
    by chekosan | 2016-11-30 14:13 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
    この秋から、同志社大学法学部で開講している「特殊講義」では、
    毎回、ロシア・東欧に関係する本を一作品読んで語り合っています。

    まずは、ジョージ・オーウェル『動物農場』『一九八四年』とその関連本を読み
    さて次はと相談し、4作目は村上春樹『1Q84』にしました。

    当然、オーウェルを意識したもののはず、
    しかもチェコの作曲家ヤナーチェクの曲がシンボルに出てくるというし、
    こういう機会でもないと読まなさそう、ということで。

    でも一応、科目のサブタイトルは「ロシア・東欧の政治と社会」なので、
    あくまでこれは関連本ということで、一週で全巻終えることにしました。

    学生時代『ノルウェイの森』を読んだときは性的なシーンが多すぎてうんざりし、
    『つくる』を3年前に読んだときは入院中だったので印象に残ってなかったですが(笑)
    簡潔な表現の単文が多くて、しかし語彙は豊富なことに今回気が付きました。
    翻訳しやすいだろうと思います。世界で受け入れられるのがわかりました。


    以下ネタバレありです。

    b0066960_1403926.jpg


    この作品、オーウェル『一九八四年』はもちろんですが、
    思いのほか、ロシア・東欧に関する記述がちりばめられていました。

    学生運動や左翼運動の活動家たちがつくったコミューンが重要な舞台になっていますし、
    スターリン主義的な共産主義への批判的な視点も垣間見えます。

    ヤナーチェクの曲は、その曲である必然性が今一つわかったようなわからないような…
    だったのですが、作品全体で非常に重要な意味を持ちます。

    チェーホフの作品『サハリン島』も重要な位置づけです。

    さらっとドストエフスキーの作品中の人物も出てきます。
    カフカの代表作の人物も単語だけですが、出てきます。

    この2点に関しては、本文中に説明がないので、
    知らない人にはなんのことかわからないと思います。

    僕の読者はそれくらいわかって当然という感じなのかな。
    もちろん、下手な説明は入らない方がいいと思います。


    作品全体に関しては、こんな感じのことをみんなで語り合いました。

    きちんと整理したり、緻密な確認はしていません。
    また思い出したことを足して、整理しなおすかも…

    ということで、引用するとか参考にするとかはご勘弁ください。(^^;)

    ・BOOK3は、BOOK1,2とは異質な作品になっている
    ・単なる恋愛ものっぽくなっていて残念な感じ
    ・それは狙ってなのか、間が空いたからなのか あるいは力尽きたのか

    ・他の作品同様、性的な行為の記述があからさまに頻出するのだが、
     単なる肉体的な習慣くらいの意味しか持たない行為のように描かれる
    ・かと思ったら、神話か!という域に達してしまう
    ・母性(的なもの)への思慕、執着、もはや信仰? 今作ではなんと処女懐胎まで!
    ・ハルキ氏の作品では青年がかなり年上の女性と結ばれる設定が多いのもそこか
    ・「父」たちの扱いのひどさと対照的?
    ・だけど、全体としては「父権」的な世界

    ・作品全体としては、神話的世界、運命を自らの意思で変える、
     アイデンティティを確立していく、 というテーマでありつつ、
     非常に神話的な進行、結末である

    ・強い女性たちが出てくるが、それも含めて、あくまで男性主人公目線ではないか
    ・でもハルキ氏の作品の男性主人公は、なんかボヤっとした印象
     → そうでないと話が展開しないから? 
     → この作品も、男性主人公の成長譚? 

    ・文庫版に使われている絵は、ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」
     これは当然、小説の世界をイメージしてのものだろう
     そして、各巻には登場人物の名前がデザイン化されている
     最終巻は、コレか! という名前
    ・これは授業では時間がなくて話せなかったのですが、
     「快楽の園」を研究された滋賀大の院生さんが面白い発見をされています。
     活字にされていない(?)ので詳しくは書けなくて残念。 

    以上、とりあえずの覚え書きでした。


    それにしてもハルキ氏の文学、音楽に関する造詣の深さに感嘆しました。
    細かくメモを取りながら読む時間がなかったのはもったいなかったかな。
    さすがにこのボリュームを2日ほどで読むのはきつかったです。(^^;)

    語ることはいっぱいあったけど、この授業でもう一週読む必要はないか、
    とみんなで結論づけ、次回からはロシア・東欧そのもの路線に戻ってミラン・クンデラです。

    いやでも、面白い作品ではありました。
    月を見上げるのが、ちょっとコワくなりました(笑)

    以前に買っておいたハルキ氏と小澤征爾氏の対談本を発掘したので、
    こちらも読もうと思います。^^
    [PR]
    by chekosan | 2016-11-21 15:34 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
    流通科学大学の「文章表現Ⅱ」受講生有志と、パシフィコ横浜で開催された、
    第18回図書館総合展に参加してきました。

    「文章表現Ⅱ」は6~7月だけの授業なので、まったくの任意の活動です。
    9月末の後期開始から毎週集まって学園祭の展示を企画し、
    そうした活動を学外に発表する目的で、11月8-10日、横浜に遠征しました。
    Facebookページもご覧ください★

    b0066960_14583374.jpg


    ポスターセッションでは、常に複数の学生がポスター前に立ち、
    来場者の方々に活動内容を説明しました。

    b0066960_1459328.jpg


    b0066960_1541310.jpg


    b0066960_1563464.jpg



    最終日に開催された「第1回学生協働サミット」では、代表2名が登壇し、
    「授業と図書館と地域のコラボレーション」について発表しました。

    b0066960_15112075.jpg


    会期の3日間、開場前の設営から閉幕まで、みんなでシフトを組み、
    ポスター前を無人にすることなく、ていねいに来場者に説明し、
    他大学の方や社会人の方と交流し、おおいに刺激を受けた学生たち、
    もっと本や図書館に関わる活動をしたいと熱く語ってくれました。

    嶋津貴子さん、大塚未来さん、柏木琴美さん、加藤和輝君、近藤由佳さん、
    バラジーナ・ルカ君、吉岡大輝君、ありがとう、素晴らしい活躍でした!
    これからも一緒にいろんなことに取り組みたいね!

    週明けには学長、図書館長に報告をする機会もいただきました。
    その様子はまた別途。


    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    私が図書館総合展の存在を知ったのは3、4年ほど前です。
    2年前に日帰りで、一人で偵察に行きました。

    フォーラムに参加し、展示会場を一通り回ってみると、思った以上に面白く、
    その規模の大きさと、出展されている大学のポスターのレベルの高さに圧倒されました。

    が、同時に、そこで紹介されている活動内容に関しては、
    当時の勤務校の大阪商業大学図書館も/ともやっていることが確認できました。

    ただ、活動を整理して、意味づけし、学外にアピールするかしないかはとても大事で、
    発信をすることが自信となり、さらなる展開につながるのではないかとも思いました。

    昨年度から勤務先が変わり、いちからのスタートになったのですが、
    現在の本務校は、図書館の規模は小さいものの、その分、小回りが利き、
    非常に協力的で、すぐに協働を開始することができました。

    一年目は同僚の先生や職員さんと図書館を活用した授業を行い、学園祭展示を企画しました。
    満を持して今年度、総合展遠征を狙って、勤務校の「教育実践推進費」を申請しました。

    実学系の大学で、単位に関係がないのに図書館関係の催しに行こうという学生が
    果たして何人いるだろうか、下手したら成立しないのではないかと不安だったのですが、
    授業で呼びかけたところ、10人ほどが手を挙げてくれ、
    最終的に7人が学園祭~横浜に向けて毎週準備を重ねてくれました。

    読み、書き、表現するという地味な授業、活動ですが、
    それはすべての根幹であり、すべてに繋がっているのであり、
    大きな広がりを持てることなのであり、
    人を成長させてくれることなのだと確信しました。

    この間、ゲスト講義をしてくださった井戸書店様はじめ、
    周囲のみなさんのご理解やご協力、ご支援をいただきました。
    また、活動を通じて、たくさんの方々とお出会いし、新たな交流も生まれました。
    皆様、ありがとうございます。

    今後は今年のメンバーが中心となって、
    学生主体で次なる展開をはかってくれるのではないかと思います。
    私たち担当教員も、最大限バックアップしたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    [PR]
    by chekosan | 2016-11-20 16:11 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
    10月22日、23日、流通科学大学の学園祭で、
    担当している初年次生科目「文章表現Ⅱ」の成果物を展示しました。

    授業で呼びかけて有志を募って、
    学園祭展示と、11月8-10日の図書館総合展での展示を進めてもらいました。

    彼らとの活動の様子はFacebookページで発信していますが、
    こちらではその抜粋をまとめておきます。

    「文章表現Ⅱ」は6,7月の8週間だけの授業なのですが、
    7月末の最終授業では10名ほどが関心を示してくれました。

    9月末、再度の呼びかけに、1年生6名と昨年の受講生である2年生1名が毎週集まり、
    クラス展示や他の授業の企画、サークルの模擬店の準備などと掛け持ちで
    「文章表現Ⅱ」の展示準備にも励んでくれました。

    手を動かして一緒に何かを作るというのは関係性を深めてくれますね。
    具体的な作業をするなかで、遠慮なく意見を出し合えるようになりました。

    こちらは授業概要を紹介する硬派なポスターに手書きの見出しで
    あたたかみを添えているところです。

    b0066960_1613197.jpg


    学園祭での「文章表現Ⅱ」展示は、写真右から、

    1)授業の全体像を説明するポスター(学生有志の制作)、
    2)ゲスト講義の紹介と講師の森忠延様へのメッセージ、
    3)作品コンテスト

    の3部構成でした。

    b0066960_1618587.jpg


    授業概要のポスター。
    授業の内容を紹介する説明文はメンバーが分担して書いて、LINEグループで直し合いました。
    これぞまさしくピアラーニングですね。

    b0066960_16203222.jpg


    ゲスト講義をしてくださった井戸書店の森忠延様へのメッセージカードです。
    ご講演の直後に受講生一人ひとりが書きました。興奮や感動が伝わってきます。
    来場者の方々もなんだろう?という感じで近づいてご覧になっていました。

    b0066960_16161431.jpg


    作品コンテストは、
    図書館の書評コンテストに応募した各自の「おすすめの一冊」を紹介するものか、
    あるいは読書推進、書籍販促に貢献するようなグッズです。

    POP68点と、しおり・帯17点でした。
    通読して1200字程度の書評を書いた上で制作しています。

    b0066960_16241178.jpg


    学園祭での作品コンテスト、投票していただいた皆様は
    それはそれはじっくりと選んでくださっていました。

    「これ、映画で見た」「○○好きやわ」と話されながら選んでおられる来場者も。

    「甲乙つけがたい」「選ぶのが難しかった!」とのお声を頂戴しています。
    ご覧いただきありがとうございました!

    b0066960_16352552.jpg


    学園祭2日目はオープンキャンパスも同時開催。
    入学を検討されている高校生や保護者の方が見学に来られました。
    展示有志スタッフの一人が説明をしてくれました。
    突然だったのに、がんばってくれましたよ。

    b0066960_1627736.jpg



    来場者のみなさんに一言カードを書いていただきました。
    有志メンバー、励まされたと喜んでいました。ありがとうございました。

    昨年の受講生からは、昨年よりもレベルアップしているという感想をいただきました。
    一年生の皆さん、良かったですね! 

    b0066960_16291276.jpg


    学園祭展示を無事終え、さらに横浜遠征も大成功で終え、
    11月14日は学園祭での作品コンテスト表彰式です。
    入賞者には、学長、図書館長から賞状と副賞が授与されます。

    その様子はまた別途!
    [PR]
    by chekosan | 2016-11-13 16:35 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
    月一回の書評連載@関西ウーマン、今月はハンガリー出身の女性作家、
    アゴタ・クリストフの自伝的エッセイ集です。

    あっという間に読めてしまう本です。そして読み終えるのが惜しく感じる珠玉の一冊です。

    本文はこちら→ 
    アゴタ・クリストフ『文盲』(白水社 2014)
    信子先生のおすすめの一冊@関西ウーマン 2016年11月



    b0066960_140109.png

    [PR]
    by chekosan | 2016-11-12 14:01 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
    本務校の流通科学大学では初年次のゼミで学んだ成果を学園祭で展示します。

    昨年は展示内容が学年全体で決まっていたので飾り付け合戦で終わりましたが、
    今年はそれぞれのクラスで何を展示するかというところから決めることになりました。

    私のクラスは、普段から真面目な雰囲気なので、正統派(?)で通しました。
    前期の共通プログラムであるフィールドワークとポスターセッションの経験を活かして、
    新たに各自でテーマを決めて、その中間発表をポスター展示することにしました。

    共通課題としたのは、
    ・各自のテーマに合った新聞記事をデーターベースで見つけること、
    ・その記事の要約と意見を付した短文を書くこと、
    ・テーマや記事に関連する写真などを添えること、です。

    新聞記事への意見文は、書きっぱなしではなく最終レポートへとつなげ、
    昨年も取り組んで奨励賞をいただいた日本新聞協会のコンテストに団体応募します。

    後期開始から週一回の授業が3回しかなく、
    初年次のゼミ(40人近い)には、占有できる教室や部室のような場所もありません。
    なかなか準備は困難です。

    授業後、自主的に残って作業を進めるグループや、

    b0066960_16184467.jpg


    b0066960_16185749.jpg


    学園祭本番はオープンキャンパススタッフの仕事があるからと、
    前日、自分たちのポスターを作ったあと、さらに残って
    クラス全体の展示の説明ポスターも作ってくれた女子、

    b0066960_16262368.jpg


    動画編集を申し出てくれ、日曜朝いちばんの展示説明も担当してくれた男子、

    b0066960_1629104.jpg


    そのほか、写真は撮れなかったのですが、

    他の展示や模擬店と掛け持ちしているのに、
    さらに穴が空いた時間帯を埋めてくれた男子たちや、
    みんなのシフトを組んでくれたリーダー、
    お客さんに一言カードを書いていただくよう積極的に声を掛けたグループなどなど、

    それぞれできることを見つけて動いてくれました。

    そして、一日目朝一番に学長が来られて、あるグループのポスターに目を留められ、
    そこに登場している方に見せたいと連絡を取ってくださり、
    二日目には、その方がポスターを見に来てくださるということもありました。

    b0066960_16325931.jpg


    このポスター、シンブルなのですが、基本に忠実なのが功を奏したのだと思います。
    内容を整え、内容に合ったタイトル、サブタイトルをつけ、
    見やすくわかりやすい構成で仕上げたことで、
    何を伝えようとしているかが一目でわかったのだと思います。

    学園祭後の授業では、そのグループを含め、
    何を伝えるのかが明確に伝わるグループ3組に簡単な発表をしてもらいました。
    そして、どこが特に優れているかを私から講評し、ノートをとるよう課しました。

    今回の展示は、あくまで中間地点。というかスタート地点と位置付けています。
    このあと大学生らしいきちんとした調査研究へと展開していくためには、
    仲間の良いところから学ぶのが一番です。


    とまあ、他のクラスに比してあまりにもマジメ、祭りのあとも容赦なし、
    遊びの要素がまったくなかったので、せめてものご褒美にお菓子をあげました(笑)
    いや~~、お疲れさまでした☆

    b0066960_16435542.jpg


    写真の公開は学生の了承済みです。
    [PR]
    by chekosan | 2016-11-03 16:55 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
    授業のコマ数は春より少ないものの、手と気と時間をつかう案件で忙殺された10月。
    新たに読んだ本は、冊数的にはさみしい結果ですが、ここ数年の関心を象徴するよう。
    新しい科目も始まって、そこでは濃くて深くて広がりを持てる「読み」を楽しめています。

    2016年10月の読書メーター
    読んだ本の数:4冊
    読んだページ数:958ページ
    ナイス数:223ナイス

    最後の子どもたち (写楽Books)最後の子どもたち (写楽Books)感想
    早朝の通勤電車で一気に読んでクラクラした。舞台は冷戦期の西ドイツ。国際情勢が緊迫している夏、主人公家族は、核爆弾投下の被害から直後は辛くも逃れるが、すぐに地獄の日々となる。パウゼヴァングの文章は子どもでも理解できる単文で淡々と伝えるスタイルなのだが、それによってかえって事態がどんどん深刻になっていく様が迫ってくる。同じ著者の原発事故をテーマにした『みえない雲』とも共通するのは、「普通」の人々が政治家任せで無視を決め込んでいることが最悪の事態を引き起こし、子どもたちが大きな犠牲を払うという訴えである。
    読了日:10月28日 著者:グードルン・パウゼヴァング


    “ひとり出版社”という働きかた“ひとり出版社”という働きかた感想
    「この作品を世に出したい」という具体的な思いがあって、たったひとりの出版社を立ち上げたというパターンが多い。売らんかなではなく、まず作家、まず作品ありき。さらにいえば、本という形、物体にこだわらず、いいと思うものを人に紹介したい、その人のよいところをアウトプットする手伝いをしたい、という思いが根底にある。ああそれ!そこ!と共感した。沖縄には「県産」の小さな出版社がたくさんあるというのも興味深い。沖縄は音楽もそうだし、独自の文化を豊かに生み出しているのだなあ。
    読了日:10月27日 著者:西山雅子


    解決!空き家問題 (ちくま新書)解決!空き家問題 (ちくま新書)感想
    空き家の増加とそれに伴う問題は画一的な対策や解決策では対処できない。立地や建物の状態、持ち主の状況などによって、収益が見込めるか、公益性を追究する方がよいのか、社会性を育む場として活用するのがよいのかが変わってくる。しかし、重要なのは、とにかく問題を先送りしないこと。機を逸するとどんどん処分は困難になる。簡単に解決する問題ではないが、空き家をうまく活用している例は多い。空き家予備軍を抱える人や自治体に参考になるだろう。
    読了日:10月20日 著者:中川寛子


    奇跡の村 地方は「人」で再生する (集英社新書)奇跡の村 地方は「人」で再生する (集英社新書)感想
    面白かったです。山間部の小さな村や町の挑戦。剛腕村長が民間企業経営で培った感覚を行政に導入してコスト削減に成功している下條村、不利と思われた土地の形状や気候を生かせる農業への転換を果たしつつある南牧村、「よそもの」を受け入れることで新しい住民やまちの「ウリ」を得た旧藤野町。持ち直してきたのでもう安泰、とはいかないでしょうし、よその自治体がこれらの自治体を真似てもうまくいくとは限らないでしょうが、いろんなヒントや刺激を与えてくれる事例です。
    読了日:10月4日 著者:相川俊英


    読書メーター

    [PR]
    by chekosan | 2016-11-01 13:27 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)