中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「課題に使う本を探していてみつけたんですが。先生がお好きなんじゃないかと」
と、受講生がわざわざ図書館で借りて持ってきてくれた本。

その名も『共産主婦 東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日
(イスクラ著 社会評論社 2014年)。
『共産趣味インターナショナル』というシリーズの第4冊目です。

なんちゅうタイトル?!と思いながらパラパラ見せてもらったら、これがかわいらしいんです。
旧東側諸国のお人形が、社会主義時代の女性たちの生活の様子を再現している体で、
オールカラー、写真たっぷり、ちょっとコミカルで。

でも日用品やそれを生産していた会社のこと、当時の様子がきっちり説明してあって、
へええ~~~という事実もたくさん。楽しい一冊です。

b0066960_23212911.jpg



◇◇◇

1990年代にチェコのプラハに何度か行ったときには、
いつも一人暮らしの初老の女性のアパートにホームステイさせてもらっていました。

本書にも紹介されている「パネラーク」と呼ばれる、社会主義期に建てられた集合住宅です。

部屋数は少ないのですが、一室はゆったりしていて天井が高く、
ホストマザーが海外から持ち帰った思い出の品や家族の写真が飾られていて、
こじんまりとあたたかみあるお家でした。

キッチン奥のパントリーには、自家製ピクルスやジャムが並んでいて、
お昼ごはんに出してもらうスープもとにかくおいしかったです。
手作りのケーキもよく出してもらいました。

飲み物はお茶。体調に合わせて、いろんなハーブティーを出してもらいました。
お客さんが来られたらコーヒー。そして少しだけ煙草を吸われていました。

夜はソファでテレビを見ながら刺繍や編み物をされていることが多かったです。
手作りのものをたくさんプレゼントしてもらいました。
チェコの日常生活を体験させてもらったことを懐かしく思い出しました。

ホストマザーは亡くなられたので、その部屋にはもう滞在できませんが、
貴重な経験をさせてもらったなあと思います。

◇◇◇

最近、東欧諸国の雑貨や絵本や民芸品は日本の女性に大人気で、
それらを紹介する本も次々出ています。

この本も、そうしたものが好きな人にはたまらないのでは、と思うのですが、
このタイトルでは手に取るのを躊躇する人も多そう? (^^;) 
でもでも、楽しい本なので、レトロなものが好きな人にはおすすめです。

著者も女性で、旧東側の雑貨などをネット販売されています。
この本の撮影に使ったレトロ雑貨も展示している店舗も開かれています。
本には尼崎と書いていますが、移転されたようです。
→ 東ドイツ民生品展示室 DDR Komet
[PR]
by chekosan | 2016-06-29 23:33 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)
2016年3月刊行の『流通科学大学高等教育推進センター紀要』第1号に掲載された論文、
授業観察と合同授業による授業リフレクションの実践 ―日常的、継続的、効果的なFDの取り組み ―」(桑原桃音先生との共著)が、機関リポジトリで公開されました。

「文章表現Ⅱ」という科目を一緒に担当した桑原先生と、授業観察や合同授業を繰り返し行うことで得た知見から、効果的な授業改善のありかたについて論じています。

桑原先生による授業観察の記述と分析の部分は臨場感があって面白いです。

今年度は、さらにレベルアップ、バージョンアップした取り組みを展開します。
その様子もまた論文にまとめたいと思います。

b0066960_22422081.jpg

[PR]
by chekosan | 2016-06-27 22:45 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
1958年、戦後20年経ち、復興の進んだドイツ、フランクフルトが舞台です。

若い駆け出しの地方検察庁の検事が、検事総長の後押しを得て、
アウシュビッツに関わったナチス親衛隊を突き止め、裁判にかけるまでの話です。
史実をもとにしています。

この頃までドイツではアウシュビッツの存在はほとんど知られていませんでした。
収容所から生還した人たちがつらい体験を語ることもできず苦しんでいる一方で、
元ナチス親衛隊員(SS)の多くは罪を問われることなく平穏に暮らしているのです。

とはいえ、元党員であったというだけで一律に人を裁くことはできません。
ナチスが残した膨大な資料を一つ一つ丹念に調査し、
強制収容所からの生還者から凄惨な体験を聞き取り、証拠を積み重ねていきます。

しかし、元SSたちは政府の要職にもいると見え、捜査は難航します。
大物に至っては南米に逃亡していて、ドイツで裁判を受けさせることは簡単ではありません。

さらに、捜査を指揮する検事総長や、検事の協力者であるジャーナリスト、警察官は
脅迫を受けたり立場を危うくしたりしますが、真相追究を続け、63年に裁判を開くのです。
b0066960_22334530.jpg


ほぼ同じ時期を扱った映画「アイヒマン・ショー」にも同様の状況が描かれています。
大量虐殺に関わったアドルフ・アイヒマンはイスラエルで裁判にかけられます。
そして報道関係者たちもやはり身の危険を感じながら情報を発信します。
これらの裁判によって、世界は戦時中、収容所で一体何が行われていたのかを知ったのです。

本作の論点はいくつもあるのですが、
私としては、アメリカ軍が接収したナチスの公文書の膨大さと、
それをもとに過去を明らかにしていく過程が非常に興味深かったです。
記録をきちんと保管、管理すること、それを適切に公開することの重要性を感じました。
逆に言えば、記録の改ざんや破棄はなんとしても防がなくてはいけないですね。

と書いていて、オーウェルの『1984年』を連想しました。
この小説の世界では、現政府に都合がいいように歴史を改ざんしつづけます。
そして、改ざんを続けていくことで、ほんの少し前に起こったことすら
何が本当だったかわからなくなり、改ざんされた「歴史」が真実になってしまうのです。


本筋と関係のないところでは、当時の女性のファッションと、
ヒロインが自分の腕一本で道を切り拓いていくところなども魅力的でした。

主人公がまっすぐな正義の人で、恐ろしく男前なのも画面を美しくしていました。

でも、なによりバウアー検事総長にしびれました。知性と信念を感じる深みのある演技。
が、残念ながら、検事総長役の俳優さんは、この映画の出演のあと亡くなられたようです。
[PR]
by chekosan | 2016-06-26 00:41 | 本、書評、映画 | Trackback | Comments(0)
流通科学大学の一年生対象基礎技能科目「文章表現Ⅱ」(担当:橋本、桑原桃音先生)では、
6月21日の2限目、3限目にゲストをお招きし、特別講義「読書のすすめ」を行いました。

ゲストは森忠延(もり ただのぶ)さん。
森さんとは、昨年の学園祭の「文章表現」の展示をご覧いただいたことでご縁ができました。
このときに展示していた学生のPOPのうち一点を、お店の文庫本の帯に採用してくださっています。

森さんが営まれている井戸書店(板宿商店街)は、地域の方の関心やニーズを考慮した
特色ある本棚づくりで評判です。

本棚の一部は可動式になっていて、移動すると書店のまんなかに30人ほどが座って
講演会や読書会ができるスペースが現れます。
この空間で、子どものための論語塾や大人向けの読書会「人間塾」などを開催されています。

こうした取り組みは、中小企業庁の『地域課題を解決する中小企業・NPO法人 100の取り組み』(2015年)、ご著書『コミュニティとマイクロ・ライブラリー』(礒井純充、奥野武俊、森忠延、吉成信夫他著、一般社団法人まちライブラリー 2016)でも紹介されています。

森さんは、落語家 笑喜転一頁(しょうきてんいちぺーじ)さんとしてもご活躍されています。

今回は、桂三枝(現・文枝)の創作落語「読書の時間」をご披露いただいたあと、
読書の必要性、読書の効用、デジタルと本の違いなどについて、お話を聞かせていただきました。

まずは落語をご披露いただきました。
b0066960_1532896.jpg

今回の演目は、作家や文学作品名を知らないと笑えないところもあるお話。
みんな、いくつわかるかな~と心配しましたが、笑うところで笑いが出ていました!(;´∀`)
b0066960_153224100.jpg

b0066960_15323863.jpg


続いて、対談コーナーへ。
森さんが落語を始められたきっかけから始まり、井戸書店の取り組み、
読書はなぜ必要なのか、などを伺いました。
b0066960_15325483.jpg

特に打ち合わせはなしで、お互いアドリブでお話しました。
息ピッタリだった…と思うのですが、どうかな?
b0066960_1533528.jpg

井戸書店さんでは、特におすすめの本には、感想カードを挟んでおられます。
購入した人が、感想を書いて店頭に持参されたら、また挟んで、、、
書店で購入した本を介して、読書の感想をやりとりしていく試み。

私も『月光の夏』に感想を書かせていただきました。
その本は売れて、私の感想カードはどなたかのお手元に渡ったようです。
次の方も感想を書いて、お店に持ってきてくださったらいいなあ。
b0066960_15331646.jpg

森さんには、学生におすすめの本も何冊か選定して持ってきていただきました。
「文章表現Ⅱ」では、このあと、おすすめの一冊の書評を書いて、
図書館主催の書評コンテストに全員応募します。
その候補にしてもらえばと思います。
b0066960_15333966.jpg

「文章表現Ⅱ」は、火曜日に、全部で4クラス開講されています。
みんなに聞いてほしいので、2クラス合同で、午前午後2セット行いました。
1回約60人、2セットで120~130人でした。

講演後、感想をカードに書いてもらいましたが、とても新鮮だったようです。
また落語を聞きたい、もっと本を読みます、井戸書店さんに行きます、
おすすめの本を読んでみます、などなど、熱く記してくれました。
b0066960_15332770.jpg

お手伝いをしてくれたスチューデントアシスタント(SA)の先輩学生さんが4名いたのですが、
時間割の関係で、実際にゲスト講義を聴けたのは一人だけ。
このSAさんは2限、3限の担当だったので、2回聞いてくれたのですが、
次の時間のSAさんたちに、「2回とも面白かったよ~~」と自慢していました(笑)

すると、お片づけを手伝ってくれた4限担当のSAさんたちが、
「提案があります! この科目の受講生だけだともったいないです。
 みんな聴けるようにされたらどうでしょう!」と言ってくれました。
ホントですね、考えてみたいと思います。

今回の様子を含めた「文章表現Ⅱ」の読書推進教育の取り組みは、
10月22、23日に開催される流通科学大学の学園祭や、
11月8~10日に開催される図書館総合展(パシフィコ横浜)でのポスター発表で
ご報告する予定です。

学園祭では、森さんがお仲間の噺家さんたちと寄席を開いてくださるそうです。
流科大の学園祭は、どなたさまも入場いただけます。ぜひお越しください。
[PR]
by chekosan | 2016-06-22 16:50 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
先日、流通科学大学図書館主催の学生選書ツアーに参加してきました
会場はジュンク堂三宮センター街店です。私は昨年6月に続き二回目でした。

選ぶ人によってラインナップに個性が出て面白いです。
私もたくさん本を選ばせていただきました。

写真は図書館HPより拝借しました。
b0066960_2305278.png

昨年の記念写真も拝借しま~す。このときは私の声も載せていただいています。
b0066960_2372238.png

1年生の授業で図書館を探検する演習をすると、この学生選書のコーナーの本は学生に好評です。
いろんな学生さんに参加してもらって、バラエティ豊かな本を図書館に入れてもらえればと思います。
[PR]
by chekosan | 2016-06-14 23:15 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
「関西ウーマン」に掲載していただいている月一回の書評、
6月は、大阪ガス行動観察研究所長、松波晴人さんの本です。

タイトルには「ビジネスマン」とありますが、そうでなくてもヒントがいっぱい。
読み物としても面白いので、ぜひどうぞ!

本文はこちらから → 信子先生のおすすめの一冊『ビジネスマンのための「行動観察」入門』

b0066960_16141495.png

[PR]
by chekosan | 2016-06-12 16:14 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
中3息子が、学校で『新研究』って参考書、勧められてんけど買っていい?と言ってきました。
『新研究』って、私の頃からありました。懐かしい。

ちゃんと使わんと意味ないで、と釘を刺して購入させましたところ、社会の表紙が!
b0066960_1136147.jpg

チェコの町、チェスキー・クルムロフなのです!
ここもブルタバ川(モルダウ)が円に近い形で流れていて、
古い町並みがよく残っている、ユネスコの世界遺産なんです。

大昔、20年以上前に冬と夏に行きました。とってもかわいらしい町です。

夏は語学研修のエクスカーションだったので、観光客もいましたが、
それより先に行った雪深い冬には、ほかに観光客は見かけませんでした。

それが日本の中学生の参考書の表紙になるとは、、、、

        1993年のアルバム。もちろんデジタルではない ↓
b0066960_11572617.jpg

予約なしで行って、広場に面したホテルがとれるくらいでした。
b0066960_1157417.jpg

当時はお城も町もボロボロでした。↓ が、そのあとキレイに修復されました。
b0066960_11575226.jpg


いまはきっとたくさんの人が押し寄せているんでしょうね。
[PR]
by chekosan | 2016-06-09 12:03 | チェコ | Trackback | Comments(0)
アメリカで活躍するマンガ家、スピーゲルマン氏が、
実の父親から聞き取った戦前~戦後の体験をマンガにした作品です。
1992年ピュリッツァー賞特別賞。

作家の父ヴラデックはポーランドのユダヤ人で、捕虜、隠れ家生活、収容所を生きのびました。
共に耐え抜いた妻アンジャ(作者の母)は、しかし、1968年に自殺します。
そのことが父と子には長く心の傷となります。

『マウス』は、父の記憶の部分と、聞き取りを進めている現在の父子関係が交差します。
そこがこの作品のオリジナリティで、優れたところだと思います。

b0066960_102185.jpg

     
作者の父母がアウシュビッツに送られるまでを描いた部分は、
発表するや世界的な反響を呼び、何か国もで翻訳版が刊行されます。

作者はマンガ家として大成功をおさめたわけですが、
押し寄せるインタビューや商品化、映像化などの申し込みに戸惑います。

アウシュビッツを生きのびた父への敬意と後ろめたさ、
父の経験を作品にしたことに対する良心の呵責を感じ、描けなくなります。
そうした悩みをかかりつけの精神科医に聞いてもらい、続編を描き上げます。

実は、この精神科医もテレジン、アウシュビッツ収容所の生存者です。
精神科医との対話の部分はたいへん興味深いです。(Ⅱ巻 p.43-46)


日本のマンガを読みなれた目には、コマ割の単調さ、線の荒さが気になるかもしれません。

また、ユダヤ人をネズミに、ドイツ人をネコに描くといった隠喩がされており、
さらに顔のアップが多用されているので、登場人物の見分けがつきにくくなっています。
それらは、しかし、まさに個人を個人として識別しない、尊重しない状況を表しています。

というように、この作品は絵を追うだけでは話がわかりません。
セリフや説明書きをしっかり読む必要があります。

作者は、翻訳版もマンガ専門でない出版社から出すこと、
ノンフィクションに分類することを主張したそうですが(Ⅱ巻附録解説)、
確かにそのように位置づけて読んだ方が良いと思います。

このように詳細な地図なども描かれています。
b0066960_10572021.jpg

作者の希望により、翻訳版には解説や訳注はつけられていないそうです。
そのためか晶文社版には訳者解説リーフレットが付いています。
これが作品の背景や反響を知る参考になります。
b0066960_10573472.jpg

なお、私はこの作品を次の論文で知りました。
大河内朋子「ドイツのコミックに描かれた「第三帝国」」『人文論叢』 (24), 2007
[PR]
by chekosan | 2016-06-06 11:08 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
現代美術に関心がある学生さんが、中欧の美術の専門書から興味深い解説を探してくれました。

加須屋明子、宮崎淳史、ゾラ・ルスィノヴァー、井口壽乃
『中欧の現代美術: ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー』(彩流社 2014)

b0066960_16114286.jpg


◇◇◇
どんな本ですか? なぜこの本を選びましたか?
 中欧の政治・社会的な状況(冷戦とそれの終結に起因する状況)を背景に、
 この地域の現代美術を解説している。
 紹介された作品には、そこに込められた意味がわかるものもあれば、
 分からないものもあったが、どれも興味深く、
 「これはどういう意味だろう」と考えるのが楽しい。
 中欧諸国の現代美術とそれらが背負うものを合わせて知ることができる概説書

特に興味をもったところは?
  イェジ・ベレシ《預言者Ⅱ》(1968) p.31.
  1990年代のピンカヴァの作品pp.89-91.
  ヨゼフ・ボルフの子どもたちを扱った作品pp.103-108.

◇◇◇

チェコの画家ヨゼフ・ボルフ(Josef Bolf, 1971- )の作品には、
彼が幼少の頃すごした無機質で陰鬱なプレハブ団地や病院や学校が多いそうです。
子供が多く登場し、ときに血を流し、頭部が動物であることもあるそうです。

本書には図版も載っているのですが、なんとなく懐かしさを感じる不気味さ。

と思ったら、ボルフは、チェコでは過小評価されてきたコミックスや
B級ホラー映画や疑似SF小説の影響を受けているというのです。

そして、執筆者によれば、日本の漫画家・楳図かずおの代表作
『漂流教室』(1972-74の作品)の影響が大きいというのです!
懐かしさを感じる不気味さはそこから来るのか、と納得。

本書には、ボルフ以外の作品も多数紹介されています。
なんとなく陰がある作品が多いように思えます。
中欧の現代美術、とても惹かれます。

ほかにも、中欧の美術を扱ったものとして、
加須屋明子『ポーランドの前衛美術』(創元社 2014)
井口壽乃、加須屋明子『中欧のモダンアート』(彩流社 2013)

といった本が出版されています。

6月11日には上智大学で、シンポジウム「中欧美術の現在」が開かれます
[PR]
by chekosan | 2016-06-05 16:24 | ロシア・東欧に関する授業@同志社 | Trackback | Comments(0)

同志社での授業のあと、ハリス理化学館のギャラリーで開催中のポスター展を見てきました。
b0066960_1817486.jpg
b0066960_1818246.jpg


ゴアレーベンというドイツ北部の小さな集落に、
1977年、核廃棄物最終処分場を設置する計画が発表されました。

ゴアレーベンでは、「ドイツ反原発運動の母」と呼ばれるようになる
マリアンネ・フリッツェン氏を先頭に、住民による反対運動が始まりました。
40年近く続く彼らの反対運動は、ポスターという形で残りました。

今回の展覧会では、スタイリッシュなもの、ほのぼのとした絵柄、漫画風などなど、
さまざまなスタイルをとったポスターやグッズを展示しています。

ポスターの横には、日本語バージョンも掲示してあるのがとても良かったです
ドイツ語が分からなくても細部まで理解できます。

また、関連する映像も観ることができます。
「TBS報道特集 メルケル首相“脱原発”の裏側 」2012年3月24日放送
このうち、フリッツェンさんの登場する部分を抜粋した動画がこちらにアップされています。

この番組のなかで紹介されていた映画「みえない雲」も観たいです。
南ドイツで原発が爆発したという設定の小説が原作だそうですね。
b0066960_18493190.jpg


小さな展覧会ですが、興味深かったです。
これで、パンフレットのような資料集があればなぁ。
資料として手元に残したいなあと思う展示だったのでそこは残念。

付随して、いろいろなイベントが開かれるようです。
詳しくは実行委員会のHPへ。展示作品の一部も公開されています。


開催日:2016年5月31日(火)~6月25日(土)
閉館日:月曜日、日曜日
開館時間:10:00 ~ 17:00(最終入館16:30まで)
場所:同志社大学 今出川キャンパス内 
    ハリス理化学館同志社ギャラリー常設展示室『同志社の今』
主催:ゴアレーベン・ポスター展京都巡回実行委員会
共催:主婦連合会、一般財団法人主婦会館、TEGAMI-Perspektiven japanischer Künstler
協力:Gorleben Archiv e.V.
【入場無料、事前申込不要】
[PR]
by chekosan | 2016-06-04 18:53 | ドイツ | Trackback | Comments(0)