中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

カテゴリ:図書館、図書室、本のあるところ( 3 )

南草津駅前に新しくできたアーバンデザインセンターびわこ・くさつで開催された、「みんなでつくる「まちライブラリー」」講演会&ワークショップに行ってきました。

滋賀県でも有数の乗客乗降数を誇る駅の真ん前、ロータリーからも見える、わりと流行っていた(と思われる)イタリアンレストランがなくなって、いったいこのあと何になるのかなあと思っていたら、なにやらがらんどうな空間が出現しました。

どうやらオープンはしているらしいのに、何のお店なのか事務所なのかわからない。宣伝を見かけることもない。前面は一面のガラス張りなのに中の動きがわからない。最近増えだした丸見えのクッキングスタジオかと思いましたが、そのわりにはキッチンがないような。。。

駅前一等地に、誰が何に使うのかわからないがらんどう空間がなぜ出現したのだろうとはっきりいっていぶかしんでおりました。

そうしたら、まちライブラリーのFacebook経由で、まちライブラリー提唱者の礒井純充さんと、京都の個人宅でのコミュニティ空間開設の関係でご一緒させていただいたことのある立命館の武田史朗先生によるワークショップがあるとのこと。

あの空間に気軽に集えるライブラリーができるかもしれない! それは行かねば!と本日いそいそ行ってまいりました。



b0066960_22201060.jpg

礒井さんのご講演のあと、数名ずつでワークショップ。

まずは、まちライブラリーの催しでは恒例、本を紹介しながらの自己紹介タイム。こういうときって、実にバラエティに富んだ本が登場するので面白いです。

私は、先日の関西ウーマンの書評でも取り上げた『弱いつながり』を。コミュニケーション空間をつくっていくためのキックオフのプレイベント?に来られるような皆さんには関心を持っていただけそうかなと思って選びました。



b0066960_22415869.jpg



b0066960_19294872.jpg

そして、ここにまちライブラリーをつくるならというお題でお話。時間がかなりタイトだったのですが、こうしたワークショップに手慣れた方ばかりのテーブルだったので、あっという間にブレインストーミングのふせんがこんなに。


b0066960_22393290.jpg

全体への発表。立命館の院生さんが実に上手にまとめてくださいました。



b0066960_22395045.jpg

最後に礒井さんの全体講評。


b0066960_22412444.jpg

こうした初対面の人が多く集う機会では、知らない人が小さな単位をつくって話し合う形はとても有効だと思いますが、逆に別のテーブルの方は顔も見ないで終るというデメリットもあります。

時間があれば、何度か組み合わせを変えて話を発展させていくというやり方がありますが、今日は時間が押せ押せだったのでそうもいかず、せっかく関心を持った人たちが集まったのに、ちょっともったいなかったかなと思いました。

まだまだこれから、この場所の使い方を考えていく機会を設けられるようですので、今後も注目したいと思います。

b0066960_19302985.jpg


自分では自分の写真が撮れないので、UDCBKさんのFacebookから写真をシェアさせていただきました。



[PR]
by chekosan | 2017-10-18 22:56 | 図書館、図書室、本のあるところ | Trackback | Comments(0)

学校図書館で思ったこと

小学校の図書室ボランティアに行っています。

図書室には司書さんと、自治体からの派遣でサポーターさんが来られています。
が、常駐ではないので、その方たちがいらっしゃらない時間は、
保護者のボランティアが貸出返却などのお手伝いをすることになりました。


司書さんが月替わりで作られている特集コーナーが楽しみです。
季節に合わせた特集がメインですが、切り口に意外性、話題性があったり、
小学校のさほど多くない蔵書にもこんなのがあるのかという本を見つけておられたり。
プロの仕事だなあと拝見しています。
b0066960_1318784.jpg

b0066960_13181753.jpg

潤沢でない予算のなかで、何にお金を振り分けるかは難しい問題です。

本はたくさん購入してほしいし、ボロボロになったものは買い替えてあげたいですが、
本や空間を活用してくださる専門家の人に充てることはもっと大事かもしれないと、
このコーナーを見ながらしみじみ思うのでした。

学校図書館にはなじまないですが、
東北で活動されているNPOの図書館は、各館で本を定期的に回しているそうです。
限りある資源(本や空間)をうまく活用されているなあと思います。
しかし、そういう運営をうまく回すにもやはり人が必要なわけですよね。


そんなわけで、私たちも、あるものは最大限生かすべく、
私たちにできる範囲で、せっせと修理をしています。
b0066960_13422317.jpg

[PR]
by chekosan | 2015-12-08 13:47 | 図書館、図書室、本のあるところ | Trackback | Comments(0)

図書館めぐり 伊丹編

伊丹市立図書館を見学してきました。

公立の図書館はたいがい入館や閲覧が自由なので、
居住地以外の出先でもウロウロ見て記録しています。

今回は伊丹市立図書館を見てきました。
伊丹はお酒づくりの町なので、酒蔵にマッチした町並みをつくろうとされています。
図書館もこのとおりの和風な外観です。
b0066960_21524026.jpg

1階は広々としたオープンな空間になっていました。
その一角に、「かえぼん」コーナーがあります。
b0066960_21525996.jpg

市民が本を交換する棚です。帯を書いて置くと言うところが面白いですね。
b0066960_2153875.jpg

おすすめ本の書評コンテストや、しおりのコンテストも開催されていました。
b0066960_2153209.jpg

b0066960_21535288.jpg

雑誌を手作りするワークショップも開催されているようで、
その成果はこうして展示されています。
b0066960_21542793.jpg

おすすめ本の書評展示やポップづくりは前任校で図書館とタイアップして行いましたが、
手作り雑誌の展示というのも面白そうですね。

今度の大学でも図書館と正課授業のコラボレーションを進めたいと思っています。
そのヒントをいただきました。
[PR]
by chekosan | 2015-04-18 22:03 | 図書館、図書室、本のあるところ | Trackback | Comments(0)