中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

大人数でアクティブラーニング@同志社大学「政治学」

同志社で一般教養(と、今は言わないのでしょうか)の「政治学」の授業を始めました。

同志社で法学部以外の学生がほとんどを占める科目を担当するのは初めてです。

一つのクラスは130人弱。実際に教室に来るのは100人くらい。

写真は開始前の教室の様子。300人くらい入るのかな。大きな教室です。


b0066960_14023618.jpg

なのですが、しゃべりっぱなしの授業は性に合わないので、やはりグループワークや発表を取り入れることにしました。

多人数講義での発表は「ロシア・東欧地域研究」でもやっていますが、100人規模でグループワークというのは初めてかな。

その昔、初めて同志社で授業をさせてもらった政治学科の「アカデミック・ライティング」(内容のみならずアクティブラーニングやチームティーチングといった教授法も学ばせていただいた名プログラムだった…)では、7名の教員で120人だったかの規模でグループワークをした記憶があります。

ですので、可能は可能だろうとは思っていましたが、問題は、私がひとりでそれだけの規模を取り仕切る力量を備えたかどうか。

1回目はオリエンテーションでそのような聞きっぱなしではない形をとるという授業方針を説明し、私自身の研究関心も話しました。

これが予想外にどちらも食いつきがよかったので、2回目にいきなり4~5人のグループワークをしてみました。

24~5組が発表する時間はとれなかったのですが、数組に100人の前で発表してもらうところまでいけました。

学習記録カードの感想を読むと、ずいぶん好評だったので、今後もこの路線でいくぞと心を固めたのでありました。

◇◇◇

また嬉しいことに、私の最近の研究関心や、毎週の私の活動報告(本や映画、展覧会の紹介など)に対してコメントを書いてくれる学生も多く、なかには授業で私が紹介した本を翌週には読んだと報告してくれる学生も。

驚くくらい意欲的で優秀な学生たちが多いので、これはタイヘン、毎週いっぱい知的なネタを仕入れなくちゃと嬉しい悲鳴です。




[PR]
トラックバックURL : http://chekosan.exblog.jp/tb/27325172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-10-13 14:14 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)