中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

リトアニア旅行記(4)杉原千畝ゆかりのホテルメトロポリスに泊まる

今回の最大の目的は、杉原千畝ゆかりの場所に行くことでしたので、宿も杉原ゆかりのホテルメトロポリスにしました。

リトアニアに侵攻してきたソ連からの度重なる要請により、日本領事館を閉鎖し、出国することになった杉原一家が、数日間休養のために泊まったホテルです。ここでも杉原は、日本の通過ビザを求める人々に書類を発行したと言われています。

カウナスの中心地、新市街にあるホテルメトロポリス。今でも現役のホテルです。入り口側には、杉原を記念するプレートがかけられています。プレートは2015年、「命のビザ」発給75年を記念して、こちらとカウナス駅に掛けられたようです。

カウナスの観光地ではほとんど見かけなかった日本人も、ここでは何組かお見かけしました。


b0066960_15134715.jpg

b0066960_15313941.jpg

このように、ホテル外側のプレートには日本語の説明まであるのですが、館内には特に何も案内はありません。ホテルのパンフレットにも載っていません。当時の宿帳が現存していないため、杉原一家がどの部屋に泊まったかもわからないようです。


内部はクラシックな雰囲気が残っています。でも思いのほかロビーは小さかったです。


b0066960_15363049.jpg

階段のステンドグラスを毎朝毎夕、眺めながら上り下りしました。そう、このホテルにはエレベーターがないのです。全体に古びています。そのため一等地にしては破格のお値段だと思います。


b0066960_15384541.jpg


団体さんが利用することも多いようです。大型バスがよくホテル前に停まって荷物の出し入れをしていました。どこにそんなに収容できるの?と思いましたが、実はこのホテル、奥が深~いのでした。行けども行けども部屋があるのです。

一枚目の濃いピンクの壁の建物だけかと思いきや、下の写真の薄いピンクの建物にもつながっているのです(下の写真の右奥がピンクの建物になります)。

通りに面したレストランは超人気で、いつでもお客さんでいっぱいでした。カウナスの夏の夜は長いので、深夜日付が変わるころまで、実ににぎやかでした(^^;


b0066960_15434671.jpg

ちなみに、カウナスの中心部は3階建てくらいまでで高さが統一されており、たいへん美しい街並みです。

さて、到着から4泊したお部屋は、ステンドグラスの階段を3階まで上がった真ん前。4人まで泊まれる2ベッドルームでした。そこしか空いてなかったからのようですが、もちろんチビッコと2人では使いきれません! 一部屋はバスルームに行くために通り過ぎるだけとなりました。それでも1泊1部屋8千円(朝食別)くらい。贅沢~。

もっぱらメインベッドルームを使いました。ここにデスクや冷蔵庫があったので。奥の扉は第2ベッドルームに続きます。以前は左にも部屋が続いていたようです。今はそのドアは閉じられていました。

b0066960_15560504.jpg
第2ベッドルームはまるっきり使いませんでした。

b0066960_15592243.jpg
さらに小部屋に続く扉があります。小部屋にはタンスと鏡だけ。贅沢な空間の取り方。

b0066960_16003108.jpg

小部屋の奥にようやくトイレ、そしてバスルーム。バスルームエリアで大きな声を出しても、ベッドルームに声が届かない。。。


b0066960_16010758.jpg

バスルームには温水パイプによる暖房が入っていました! リトアニア、夏はわりと暑くなるので、お部屋には冷房が欲しいくらいだったのですが、バスルームは確かに天井が高くて体が冷えそうになるので暖房があるくらいで良かったかも。

b0066960_16050612.jpg


タオルが少々お見苦しゅうございますが、、、このレトロなバスルームも、もしかするとモダ~ンに改装されてしまうかもしれないのでアップ。右手の温水パイプはタオルや洗濯物がカラッと乾くのでありがたかったです。


b0066960_16054473.jpg

このホテルはすべてこういうレトロな部屋かというとそうではなくて、ヴィリニュスに移って、また最後に戻ってきたときに1泊した部屋は、改装してモダーンになっていました。

こちらは、はじめのお部屋の向かい側です。床は板張りでやはりギシギシってましたが、設備は最新のものが入っていました。

はじめの部屋に比べると小さく感じますが十分広いです。日本のホテルの部屋が小さすぎるのかもしれないですね。
あとからバスルームエリアを付け足したのか?、丸い柱状のバスルームエリアをぐるっと回れる造りになっていました。



b0066960_16134805.jpg

壁に昔のカウナスの街並みがプリントされている。。。白い壁でもいいように思うのですが、部屋が広いのでうるさくはないです。


b0066960_16143150.jpg

シャワーブースでバスタブはなかったけど、チビッコにはシャワーが使いやすいと好評でした。まあ、やはり設備は新しい方が何かと使いやすいですね。


b0066960_16162508.jpg


b0066960_16165406.jpg

というように、不思議なくらい部屋によって改装の度合いが違ったのですが、レトロなVIPルーム(?)と、最新の設備の部屋と、どちらも泊まれて面白かったです。そのうちレトロ部屋も改装するのかな? そうするとお値段上がっちゃうかも? 

朝食は一人3ユーロです。私たちは朝食抜きのプランで予約しましたが、その場、その場で払えばOKでした。

b0066960_16394297.jpg



b0066960_16392270.jpg

とにかく場所がいいし、お値段もお安いので、なかなかお得なホテルだと思います。ただし、繁華街にあるので、夏は深夜までにぎやかです。とりわけ金曜の夜は…!! 静かでないと寝られない人は静かな部屋を指定されることをおススメします!


つづく






[PR]
トラックバックURL : http://chekosan.exblog.jp/tb/27118894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-09-16 16:47 | リトアニア | Trackback | Comments(0)