中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

『シェア空間の設計手法』刊行記念トークイベントに行ってきました


猪熊純・成瀬由梨責任編集『シェア空間の設計手法』(学芸出版社 2016)の
刊行記念イベントに行ってきました。

私は建築はまったくの素人ですが、建物やインテリア好き、まちづくりやシェア経済にも関心があり、
それを知った方から、京都で人が交流できる場をつくる計画に声をかけていただきました。

今回はその計画の参考になりそうかなと思い、参加してきました。
どちらかというと建築関係者向けの本なので、「予習」もしていきました。^^


b0066960_15485538.jpg

会場は、京都駅から徒歩5分ほど、学芸出版社の会議室です。4階建てのしゃれたビルです。


b0066960_15464425.jpg


『コミュニティデザインの時代』(中公新書)の山崎亮さんもゲストで来られるというので、
生でお話が聞けると楽しみにしていましたが、残念ながら体調不良でご欠席。

その分(?)、本書に実例が紹介されているドットアーキテクツの家成俊勝さんが
ゆる~い口調で笑いを交えてお話され、柔らかな和やかな雰囲気をつくってくださいました。

シェア空間をテーマにしているだけあって、
登壇された建築家のみなさん、寛容性、多様性、受容がベースにあるなと感じました。

人の出入りや建物の使い方は変化していくものだと思っておくこと、
それゆえ融通が利くことがポイントではないかと話されていたのが印象的でした。

来場者は、建築科の学生さんや、シェアハウスの経営者、
建築関係者、まちづくり関係者が多かったようです。

質疑応答では学生さんやまちづくり関係の方からの質問に対して、
登壇者のみなさんが、お悩み相談のように、ていねいに親身になって答えられていました。


◇◇◇

さて、この本ですが、49の建物の図面が掲載されています。

最近流行りの若い人向け共同住宅だけではなく(むしろそれは少ない)、
幅広い事例を取り上げて、都市、都心、郊外という分類で掲載してあります。

図面には人や家具なども描き込まれているので、
どんなふうにその空間が使われるのかを想像しやすくなっています。

写真は少なめ。巻頭にカラーが一枚ずつ、本文に白黒があったりなかったりなので、
複雑な構造の建物は、素人には若干どうなっているのかわかりづらいものもあります。

が、どちらかというと教科書的に使われることを想定して編まれたそうなので、
そこは仕方ないですね。


◇◇◇

では、素人には参考にならないかというとそんなことはなくて、
設計した人や施主(空間の運営者)のちょっとした表現や、実際の活用例から、
いくつか具体的なヒントや、大きな示唆が得られました。

私が関係している場所づくりに直接的に参考になりそうなのは、
日本人は無目的、多目的な場所は苦手」というもの。
(p.43 「まちの保育園」代表のお話)

私自身がそうです。
ただ集いましょうとか、はい仲良くしましょうというのは苦手です(笑)

トークイベントでも、具体的な行為が想定されているとか、
そこにある物や機能を目当てに行くことができるような空間であれば、
外に出ようとしない人たちでも来ようと思うのではないか、
多様な層が交われるのではないかというお話がありました。

それから、タイムシェア
空き時間の有効活用というだけでなく、
違う世代や違う層が、同じ空間を違う用途に使っていくなかで
ちょっと重なる部分ができていって関わりが出てくるという事例です。
(p.48-49「高島平の寄り合い所/居酒屋」)

ほのかなわれわれ性」という表現も面白いと思いました。
これは広い公共施設の外部空間の説明ではありますが、
使用者がべったりみっちり関わることばかり追求しなくてもよいのかなと。
同じ空間にいて、なんとなく見守る「ゆるやかな協働性」も心地よいですよね。
(p.52-53 武蔵野プレイス)


私が関わっているプロジェクトの場合は、建物は既にあり、
その作品性、作家性を大事にしながら活用するという趣旨なので、
それゆえの難しさがあります。

が、建物そのものの価値や雰囲気が人を呼ぶということも期待できます。
いろんな事例や活動を参考にしつつ、面白い空間、場づくりができたらと思います。









[PR]
トラックバックURL : http://chekosan.exblog.jp/tb/26693326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekosan | 2017-03-03 16:59 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)