中・東欧、ロシアのこと&大学教育のことを発信します


by chekosan

みんながみつけたロシア・東欧関係文献の発表会では、授業のアシスタント(SA)をしている院生O君にも一冊おすすめ本を紹介してもらうようお願いしておきました。昨年と同じものでいいと言っていたのですが、まったく別のものを用意してきてくれました。


写真もO君提供です。さすがドイツ語が読めるO君! さりげなく多和田さんのドイツ語の小説も自前です!


b0066960_11235224.jpg
◇◇◇


今回、私が紹介する本は、作家の多和田葉子さんの『雪の練習生』です。[新潮社、2011年(文庫版、2013年)]


著者の多和田さんは、日本語とドイツ語の二ヶ国語で作品を発表しているベルリン在住の小説家です。芥川賞を受賞した怒涛の展開を見せる『犬婿入り』や、ドイツ語による不思議な描写が魅力の Wo Europa anfängt (『ヨーロッパが始まるところ』)も楽しいお話です。最近では、集英社文庫ヘリテージシリーズの『カフカ ポケットマスターピース』の編集および翻訳をしたことでも話題となりました。



今回紹介する『雪の練習生』は、「わたし」、「トスカ」、「クヌート」のホッキョクグマの親子三代にわたる物語です。物語は、作家を志す「わたし」、東ドイツのサーカス団で活躍する「トスカ」、動物園の人気者「クヌート」のアスペクトから展開されていきます。



クマを題材にした作品といえば、クマのプーさんやテッドが有名ですね(笑)。古典ですと、ハインリッヒ・ハイネ(1797-1856)の『アッタ・トロル』(1847)が挙げられます。この作品は、『雪の練習生』のなかにも顔を出します。ただし、ホッキョクグマの「わたし」は『アッタ・トロル』で登場するヒグマを軽蔑しています。クマはクマでも、種類が違えば違うのだというところの描写が見事です。



ところで、なぜこの本が「ロシア・東欧地域研究」に関連するのでしょうか。それはこの本自体の内容が、東西冷戦末期からベルリンの壁崩壊、そしてソヴィエトの終焉を時代は背景としているからです。


「わたし」はその自伝的小説の中に「政治的内容」を嗅ぎとられ、ソヴィエトから「検閲」をうけます、さらには「モスクワ送り」を避けるために、西ドイツに亡命します。ここからは時代に翻弄される亡命作家の動向を知ることができるでしょう。もっとも、「わたし」は極寒が大好きなので、むしろ「モスクワ送り」をされたいと願うのですが(笑)。



このように、この小説のなかには、政治的雰囲気がときおり顔を覗かせます。現実であれば戦慄する恐怖となるものが、ユーモラスかつリズミカルに描かれるところが本書の面白さの一つです。



それになんと! 多和田さんは大学生時代に、ロシア語を専攻していたそうなのです。ロシアに造詣の深い著者の小説なのですね。


息抜きとしてはもちろん、彼女が造りだす雰囲気を味わうために読む価値のあるです。機会があれば、図書館や近くの書店などで手に取ってみてください。



◇◇


複数の受講生が「Oさんの紹介された本、面白そうですね、読んでみます」という感想が寄せられました。(^▽^)
私もさっそく発注しました! 楽しみです! O君ありがとう。





[PR]
# by chekosan | 2017-05-28 11:41 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
流通科学大学「文章表現Ⅱ」、今日は同じ科目を担当されている
桑原桃音先生が授業参観に来てくださいました。

そこで、後方に座られている先生にデジカメで授業の様子を撮影していただきました。
シャッター音が出ないので、学生も私も撮られている感がなく、
ほほう、教室の後ろから見るとこんな感じなのか、
私、こんな顔して授業してるんだ、もうちょい常から口角上げよう、、などと興味深く見ました。

今日は「問いを立てる」という回。まずは一人で考える時間。
どうかな~、なにか浮かんだ~? あ、これいいね、後で発表してね、と回っていきます。

b0066960_21293173.jpg

一人ではなかなかたくさんの問いを出すのが難しいので、
グループでアイディアを出す時間も設けました。

b0066960_21302667.jpg

b0066960_21294237.jpg


マンネリ防止のため、また、いろいろな人とコミュニケーションをとる機会をつくるため、
今年は、2回ずつくらいで席替え(グループ替え)をしています。
いい緊張感をもってグループワークができているので、なかなかいいかも。

アシスタントをしてくれている先輩学生もとてもよく気がついてくれて大助かり。

授業外活動したい人がいたら声をかけてねと言ったら、
すでに何人か名乗りを挙げてくれました。

今年も充実した授業&活動ができそうです。


テキストはこちら☆『アカデミック・ライティングの基礎』晃洋書房から発売中☆






[PR]
# by chekosan | 2017-05-26 21:49 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
今年も同志社大学法学部の「ロシア・東欧地域研究」では、
この科目に関連がありそうで、関心がもてそうな本を探す課題に取り組んでもらいました。

先日の授業では、何人かの人に口頭でクラス全体に紹介してもらいました。
授業後のカードには、紹介してもらった本を読んでみたい、というコメントがたくさん出ました。
それがまた分散するのが面白いところです。
やはりみんながみんなに情報を提供し、共有する機会を設けるのはいいですね。

ということで、そのうちからいくつかを紹介していきます。

今年の第一弾は、少し視点をずらしてみつけてくれた本です。
「先生がオーストリアも授業で取り上げておられたのでいいかなと思って」と学生君。
もちろんです。オーストリアやドイツは「東欧」には分類しませんが、切っても切れない仲です。

◇◇◇

野口祐子ほか『「サウンド・オブ・ミュージック」で学ぶ欧米文化』(世界思想社 2010)

b0066960_15334913.jpg

◇どんな本ですか?

 1920~30年代のオーストリアについて書かれた本。
 アメリカから見たヨーロッパと、実際のヨーロッパとの差がわかる。

◇なぜこの本を選びましたか?

 「サウンド・オブ・ミュージック」は好きな映画の一つなので、
 舞台裏ともいえる諸事情を解説した本というのはたいへん興味深い。
 映画はアメリカの制作ということで、当時の世相を反映した面もあるようだ。

◇特に紹介したいところ、興味をもったことがらは?

 オーストリアについてあまり知らなかったのだが、その歴史や、ナチスとの関係について知ることで、
 この映画が単なるハッピーエンドの家庭ドラマ的なものではないとわかった。
 祖国愛や歴史的事実も盛り込みつつ、アメリカ的思想を植え付けようという意図も含んだ
 多面的な作品だということがわかる。(以上、抜粋)

◇◇◇

「サウンド・オブ・ミュージック」、私も好きな映画です。
といっても、一度目は小さいころだったので背景がよくわからず、
まさに「家庭ドラマ」として見たような気がします。
二回目は多少歴史がわかってきていた頃だったので、そちらに関わるシーンの方が印象に残りました。

最近は、映画や文学作品から時代を知る、あるいは歴史を知って作品をよりよく理解する
という授業の比重を増やしているので、私もぜひ読んで参考にしたいと思います。





[PR]
# by chekosan | 2017-05-24 16:09 | ロシア・東欧地域研究@同志社 | Trackback | Comments(0)
この春、はまってしまったシュテファン・ツヴァイク。
20世紀はじめから半ばにかけて活躍した作家です。
当時、世界でもっとも読まれた作家の一人と言われています。

『昨日の世界』は、ツヴァイクの見たヨーロッパ同時代史です。
文化、世相、社会を生き生きと伝え、自由、平和、民族、国家について考えさせる作品です。
字びっしりの2巻本ですが、夢中で読んでしまいました。

https://www.kansai-woman.net/Review.php?id=201094


b0066960_20454810.png

[PR]
# by chekosan | 2017-05-13 20:54 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)
アカデミック・スキル科目の始めの方で可能な限り入れる
お気に入り&こだわりの授業が「おすすめの参考図書プレゼン」です。

参考図書というのは、辞書事典、白書、統計、年鑑など、
必要な事実や説明やデータを、必要なときに、
必要な部分だけ活用することを想定して編まれている本です。

多くの人が関わって、しっかりと編集してあり、
かつ通読を想定していないので、部分読み、つまみぐいにはもってこいなのです。

何冊かピックアップしたあと、2冊についてワークシートを作成し、
そのうち、これはという一冊についてプレゼンをしてもらいます。

プレゼンのコツや注意点を全体で確認してから、まずは小さなグループで。

b0066960_23324705.png


一巡したら、グループの代表を一人選出してもらって、全体の前で。

b0066960_23554469.jpg

フロアの学生に良いところを言ってもらったり、私が講評したり。
そして、最後に、昨年の受講生でもあるアシスタント学生さんに全体講評をしてもらいました。

b0066960_23462787.png

今年は、「学生協働」が、この科目を担当する先生と私のテーマ。

OBOG学生にどんどん授業や授業外活動に関わって、後輩を育ててもらいます。
この先輩学生たち、よく観察し、よく動いてくれて、たいへん助かっています。

しっかりした優秀なアシスタントたち(2教員4クラスで3人)なので、
現役受講生も感心したり、慕ったりしてくれています。

で、そのアシスタント学生さんや、
同じ授業をしていただいている先生もおっしゃっていたのですが、
今年の受講生のプレゼンが!! ものすごくよかったのです!

わたくし、この参考図書プレゼンの授業は何度もやってきましたが、
今年のクラスはちょっとびっくりするくらい上出来でした。

ぜひこの回を授業見学してもらいたかった!
あるいは、この学生たちを、よそへ連れていきたい…。
これは、このあとの授業や、授業外活動への期待が高まります。


受講生の意欲やもともとの能力が高いのではないかとか、
スケジュール的な条件が変わったことが良かったのではないかとか、
うまくいった要因はいくつか考えられるのですが、
一つ確実に言えるのは、発表準備の指示を少し変えたことだと考えています。

常々、学生に言っているのは「発表は準備が8割」。
準備に必要なのは、ネタ集め、ネタの仕込み、そして練習です。

ネタについては、参考図書を紹介するというお題を設定し、
ワークシート(実はそのまま発表すれば良い構成にしてある)を
事前にチェックすることでクリア。

練習は教員の手の届かないところですので、
その必要性を感じる機会を授業で提供すれば、その次からは意識すると考えています。

問題は、ネタの仕込みの部分です。
ワークシートまではなかなか良いのに、本番の発表がイマイチなことがあるのです。

そこで、今年は3分=約800~900字の発表原稿を作ることを必須としました。
この「字数で指示」したことが決定的だったように思います。

「〇分のプレゼン」と言っても、なかなかその通りにはいきませんが、
「〇字」と指示すれば準備しやすく、発表の長さもだいたい揃います。

誰かは長すぎ、誰かは短すぎると、退屈したり白けたりしますが、
みながほぼ同じ長さになると、発表する方も聞く方も集中が保てます。
そして、800字くらいあれば、かなり濃い紹介ができます。

グループの代表者の発表をアシスタントさんに計ってもらいましたが、
2分40秒~3分くらいでした。集中が続く、聞きやすい長さかと思います。

学習記録カードにも、「みんなのプレゼンがとても良かった」
「もっと発表したい」「もっと聴きたい」「紹介してもらった本を手に取ってみたい」
という感想が多数出ました。今年はプレゼンの頻度を増やそうかなと思います。


この授業で使っているテキストはこちら。(^▽^)/



[PR]
# by chekosan | 2017-05-13 00:25 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)

この度、流通科学大学の「文章表現」担当教員による共著、
アカデミック・ライティングの基礎 資料を活用して論理的な文章を書く
晃洋書房から上梓いたしました。

主に大学の初年次生を対象とした授業のテキストとして使えるよう作ってありますが、
内容的には、高校から一般まで幅広くお使いいただけます。

私が主として担当したPartⅡは、
図書館に所蔵している資料になじむことを目的としたパートです。
記入例なども載せてありますので、中学生くらいから大人まで、
授業やワークショップ、独学にと、さまざまな場面でご活用いただけます。

実際に使っているところを見たいという方、
どうやって進めればいいかわからないという方がおられましたら、
授業見学、出張授業などご相談ください。


なお、PartⅠ(西川真理子先生との共著)とPartⅡに関しましては、
前任校の大阪商業大学と現本務校の流通科学大学の先生方や
図書館関係者の皆様との協働で作ってきた授業内容をベースにしています。

一緒に授業を作ってくださった先生方、図書館の皆様方、ありがとうございました。

そしてなによりも、流通科学大学と大阪商業大学の受講生のみなさんに感謝します。
両校の初年次教育の特性の関係で、受講生にはハードなスケジュールを課してきましたが、
本当によくがんばって、すばらしい成果を出してくれました。

今回はそのなかから、流通科学大学生の提出課題や成果物や、
授業風景の写真を数点、載せさせていただきました。

本書を手に取っていただく際には、ぜひとも学生たちの作品にご注目ください!


写真は晃洋書房公式ツイッターより。

アマゾンのページはこちらからどうぞ。
b0066960_11571962.jpg




























[PR]
# by chekosan | 2017-05-11 12:59 | 書いたもの | Trackback | Comments(0)


晴天のゴールデンウイーク最終日、滋賀県東近江市にある滋賀県平和祈念館の企画展示、
『シベリア抑留 -ユネスコ世界記憶遺産 舞鶴引揚記念館所蔵品より-』を見てきました。



b0066960_17080352.jpg


こちら開館5年になるのですが、訪れるのは初めてです。
面白そうな講座や企画展示、映画上映をしているので、
ずっと気になっていたのですが、車でないと行きづらい場所なのです。
今回、訪問予定があった夫の車に便乗して、ようやく行くことができました。



まずは、滋賀にちなんだ展示。
戦時中、ありとあらゆる金属、それこそ鍋釜、釣鐘、戸車まで供出したころ、
手りゅう弾や地雷、フォークやナイフまで陶器で作ったそうです。

b0066960_17245838.jpg

地雷と言えば、つい先日、捕虜となったドイツ少年兵が、
北欧の海岸の地雷撤去にあたったという史実を基にした映画「ヒトラーの忘れもの」を観ました。
感想はこちら→ http://chekosan.exblog.jp/26806817/
地雷にもいくつか種類があるようですが、そのとき一番出てきた地雷が同じ形でした。


b0066960_17181050.jpg


シベリア抑留に関する企画展示をしていることは知らずに行ったのですが、
これもまたとても興味深いものでした。



b0066960_17175453.jpg



捕虜なので紙や書くものは持つことができないのですが、
セメント袋や落ちている紙、たばこの巻紙などをそっと集め、
短歌や料理の記録、日記などを綴ったものが展示されていました。
小さな小さな紙に、ていねいな字でぎっしり綴られています。

b0066960_17202683.jpg

抑留生活の様子を絵に描かれた方もおられました。
なかには、ソ連から描くようにと画材を渡された方もいらしたそうです。


b0066960_17182726.jpg


当時、実際に着用していた防寒着や、
唯一持って帰ることのできた飯盒や食器なども展示してありました。

証言の聞き書きも語られた言葉そのままでパネル展示してありました。
この証言が実に生々しくて、一つ一つじっくり読んでしまいました。

アウシュヴィッツ強制収容所関連の本を何冊か読みましたが、
食料や物資がまったく足りない状況で、なんとか工夫して物を作り出したり、
没収、懲罰の危険があっても記録をとろうとしたりしたことは共通していると思いました。


今回の展示物は、舞鶴の引揚記念館の所蔵品から、
滋賀県出身者のものを集めて展示したようでした。
図録のようなものはなかったのですが、舞鶴には詳しい資料があるのでしょうか。
一度、舞鶴にも行ってみたいと思いました。






[PR]
# by chekosan | 2017-05-07 17:52 | 博物館、資料館 | Trackback | Comments(0)
リニューアルした流通科学大学図書館内のラーニングコモンズエリアに、
「日本史跡観光研究会」のみなさんの展示コー
ナーができました。
メンバーが訪れた史跡を紹介するポスター
とともに、関連書籍を展示してあります。

この研究会、メンバーの多くは「文章表現Ⅱ」のOGです
2年前、流通科学大学に着任した初年度に担当した「文章表現Ⅱ」の受講生たちが
新しく歴史サークルを作って、その活動成果をどこで発表しようと考えて、
活動内容や展示内容と親和性の高い図書館とコラボして展示するに至ったのです。

私たち教員がけしかけたわけではありません。
けしかけずとも自分たちで発表する場や機会を考えて実行に移したところがまた嬉しいです。
しっかり学びとってくれたなぁと感動、感心しています。*^^*

b0066960_16194435.jpg



































「文章表現Ⅱ」は独自のFacebookページを作っています。
これまでの活動記録もずいぶん蓄積されてきました。
ご覧ください☆









[PR]
# by chekosan | 2017-05-05 16:26 | 大学教育 | Trackback | Comments(0)
今月はツヴァイク月間でした☆ 先月の「関西ウーマン 信子先生のおすすめの一冊」に取り上げた、町山智浩さんの『映画と本の意外な関係!』で紹介されていた映画「グランド・ブダペスト・ホテル」の関連本と、映画にヒントをもたらしたというシュテファン・ツヴァイク『昨日の世界』にどっぷりはまりました。ツヴァイクについては、稿をあらためてたっぷり書きたいと思います。(^▽^)/


4月の読書メーター読んだ本の数:8  読んだページ数:2476 ナイス数:150


無意味の祝祭無意味の祝祭感想 良く言えば削ぎ落とされ洗練された、しかし、チェコ時代の作品に惹かれる読者としては物足りない作品。クンデラといえば、歴史や国家や社会と個人の人生の関わり方を考え抜いた哲学的考察、登場人物の内面をこれでもかというくらい分析するところ、実験的な入り組んだ構成へのこだわりが面白かったが、この作品では、そういう深さや悩み、実験的な性格は薄れている。この作品は、壮年期の迷いや悩み、苦しみから脱した老年期のクンデラが投影されていると思う。もはや生々しい葛藤の渦中ではない人の書く小粋さを楽しむ小品と感じた。読了日:04月01日 著者:ミラン クンデラ

ユリイカ 2014年6月号 特集=ウェス・アンダーソン―『グランド・ブダぺスト・ホテル』へようこそユリイカ 2014年6月号 特集=ウェス・アンダーソン―『グランド・ブダぺスト・ホテル』へようこそ  読了日:04月09日 著者:ウェス・アンダーソン,レイフ・ファインズ,野村訓市,蓮實重彦,三浦哲哉



ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)感想 第二次大戦のドイツ軍侵攻時に2,3歳から14,5歳くらいだった101人の証言集。白ロシアの村々はドイツ軍に蹂躙され、想像を絶する目に遭う。村に残ったお年寄り、女性、子どもたちが、見境なく焼かれ、銃殺され、吊るされ、自ら掘らされた穴に落とされて埋められる。予想以上に恐ろしい、残忍な話ばかりが続くが、孤児や小さな子どもたちを周りの大人やソ連軍やパルチザンが救って育て、なんとか教育を授けようとする姿には救いや希望を感じた。数字だけでは伝わらない、一人ひとりの体験の重さが迫ってくる。読了日:04月09日 著者:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

文化立国論: 日本のソフトパワーの底力 (ちくま新書)文化立国論: 日本のソフトパワーの底力 (ちくま新書)感想 大学の授業で、政治と文化、文化によるまちおこし、ソフトパワーとしての文化、サブカル外交といった話題をちょいちょい取り上げている。学生の関心が高く、食いつきが良い。かつて芸術系大学・学部で教えていたときは、実際に自治体の主催する催しに関わっている学生も多く、私の方が教えてもらうことが多いくらいだった。いまの本務校は留学生がとても多いのですが、日本のサブカルを通じて日本が好きになったという学生が多い。本全体としてはやや散漫な気もするが、授業ネタになる細かい事例や事実多数。備忘のためメモをブログにアップ。読了日:04月11日 著者:青柳 正規

未来食堂ができるまで未来食堂ができるまで感想 大学図書館の新刊コーナーでみつけて帰りの電車で一気に読了。ブログでの脱サラ食堂開業日記をまとめた本。企業を退職してから開業後一年ほどの生の感覚が伝わる。30代半ば大手企業のSE出身。だからこそのシステマティックさ。事業計画書からスタッフ用マニュアルまで公開するオープンソースな食堂運営。その手法や数々のアイディアが興味深い。ただし、どうやって実際にお店を一人で回しているのかという一番知りたいところはこの本だけではわからない。同店のまかないさんをして、実地で学ぶ人も増えている模様。読了日:04月12日 著者:小林 せかい

ウェス・アンダーソンの世界 グランド・ブダペスト・ホテルウェス・アンダーソンの世界 グランド・ブダペスト・ホテル感想 オーストリアの作家ツヴァイクの作品にインスパイアされた映画のメイキング本。もう新品は売っていないので中古で定価以上で買ったが、それだけの値打ちはあった。監督や主演俳優やスタッフへのインタビューその他たっぷり解説が読める。イラストや写真も豊富。オールカラー。ロケ地となったドイツの町ゲルリッツや、ホテルのモデルの1つであるカルロヴィ・ヴァリのグランドホテル・プップに近いうちに行きたい。ブログに詳しくメモした。読了日:04月16日 著者:マット・ゾラー・サイツ


昨日の世界〈1〉 (みすずライブラリー)昨日の世界〈1〉 (みすずライブラリー) 読了日:04月23日 著者:シュテファン ツヴァイク
昨日の世界〈2〉 (みすずライブラリー)昨日の世界〈2〉 (みすずライブラリー) 読了日:04月27日 著者:シュテファン ツヴァイク




『昨日の世界』は別途。


読書メーター

[PR]
# by chekosan | 2017-05-01 17:18 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)
もうずいぶん経ってしまいましたが、お友達とイギリスの絵本関連の展覧会をハシゴしました。

ひとつめはグランフロント大阪のナレッジキャピタルで開催されていた「ピーターラビット」展。
かなり出展数が多くて見応えがありました。

作者ビアトリクス・ポターの絵はイラスト的に慣れ親しんできましたが、
そういえば物語としてはきちんと読んでいなかったなあと、展覧会を見ながら思いました。

 ↓ 最近は写真撮影スポットを設けている展覧会が多いですね。私は必ず撮ってしまいます。

b0066960_14143715.jpg



















2本目は滋賀県立近代美術館「絵本はここから始まった ウォルター・クレインの仕事」展。

よく似た企画を続けて観ると、時代背景などがよく理解できていいですね。
美術館業界で相乗効果を狙っているのでしょうか。そうならばありがたいタイアップです。

面白かったのは、両展ともで、「暦手帳」(?)みたいなのが展示してあったことです。
かわいらしい小ぶりな手帳で、カレンダーになっているのだと思います。

その「暦手帳」(?)で当時人気だったのがケイト・グリーナウェイという紹介がしてあった…かな。
だいぶ昔ですが、グリーナウェイ展も行ったことがあり、女性が好きそうだなあと思ったので納得。

が、鑑賞から少し日が経ってしまい、かつ今回は図録なども買わなかったため、ちょっと記憶が怪しい。
やはり手元にいろいろ残すとか、すぐに記録に残さないとダメですね。(-_-;)


b0066960_14201626.jpg


















このあたりの時代の絵本のイラストを見ていると、とても懐かしい感じを覚えます。
もちろん私がこの時代にイギリスで少女期を過ごしたわけではないのですが。

母の今は亡き親友が、その方はご自身には子どもがおられなかったこともあり、
私たち姉妹にいつも素敵なプレゼントをくださいました。

その贈り物でおそらくピーターラビットも知ったように思いますし、
グリーナウェイそのものではなくとも、それ風な絵の可愛い小物をいただいていました。
そのおかげかなと思います。

そうした知らず知らずのうちに触れていることやものの影響や蓄積は、
じわじわとなじんで、のちに吸収・許容できる範囲を広げたり、柔軟にしたりするような気がします。

たとえ、そのときははまらなくても好きにならなくても、
先達が生み出した良いものにいろいろ触れておくことはやはり大事かなとつらつら思いました。

というわけで、ブリューゲルやヒエロニムス・ボスや
ルネ・マグリットやアンリ・ルソーやなんかのグッズを普段使いにして、
子らに見せつけて気味悪がらせています。逆効果? ( ̄▽ ̄)


◇◇◇

ところで、滋賀県立近代美術館の企画展示ですが、
少し前に別の友人と「ピアズリー」展に行ったときもさんざん言ったのですが、実に濃密です。

わたくし地元なので、小さいころからちょこちょこ行ってますが、
駅から遠くて不便ゆえ、常にガラガラなのですが、展示の内容自体はたいへん充実しています。

「アンリ・ルソーの夜会展」とか「マン・レイ展」とか、最近では「ピアズリー展」とか、
観ても観ても終わらない、、、足腰やられる、、、というくらい出展数が多いです。

改装で長期休館するそうですが、ぜひこのレベルを維持してほしいです。切に願います。







[PR]
# by chekosan | 2017-04-29 14:49 | 美術 | Trackback | Comments(0)